「最新の株価予想! インターライフホールディングス(株)(1418)」の検索結果一覧

最新の株価予想! インターライフホールディングス(株)(1418)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
インターライフホールディングス(株)の株価チャート

【推奨銘柄】3●●● 後場、寄りから強い。

後場お疲れ様です。

本日朝、再度紹介した銘柄ですが、

いきなり材料がでております。

それほど大きな上昇幅ではないとはいえ、売り方にとっては、材料の多いこの銘柄の売りは、怖い部分でもあります。

注目です。

インフォテリア(3853) 3853 株価と銘柄情報

現在1418円

 

 

https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201708220282

 

 

総務省の「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業に同社製品が採用されたと発表

【無料情報】【相場観】グレートローテーション

【相場観】トランプノミクスによるグレートローテーション現象と今後の世界相場予想(NYダウ編)

【相場観】トランプノミクスによるグレートローテーション現象と今後の世界相場予想(日経編)

ダウのチャートを見れば、5日連続陽線、20000ドルを突破してからあっさり20500ドルを突破、強気を堅持。

日本側からすると、このアメリカの動きについていっていいのか迷いが出ているようにも見えますが、

日経平均株価も、前回高値である19615円、これを抜いてくると、20000円への相場もあっという間に動くかもしれません。

 

こちらで紹介している銘柄としては本日は

セキュリティ関連銘柄が強い。

 

トランプ氏=セキュリティが強くなる、というのはここ最近のセキュリティ関連銘柄を見れば一目瞭然ですが、

・<北朝鮮>金正男氏マレーシアで毒殺事件

こちらの事件で、さらにセキュリティ関連に注目が集まっており、紹介していたセキュリティ銘柄3銘柄も軒並み上昇となっています。

 

セキュリティ関連は、上を上をとっていこうという環境でありますので、

この世界の情勢を考えるとどこまでいくか見ものであるといえましょう。

 

継続して推奨しているUNITED(2497) 2497 株価と銘柄情報

こちら持っている人もいるかもしれませんが、

そろそろ一旦頭つけるかもしれません(チャートのローソク足の見立てで)

 

あげたものはうまく利確しながら進めていくとよいでしょう。

 

何か面白い情報等ありましたら今後も紹介してまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

【相場観】グレートローテーションによる相場観 ポートフォリオ

グレートローテーション前提のポートフォリオです。

銘柄だけでなく、指数などでも資金運用は可能ですから、そういった内容もレポートしてまいります。

日経先物買いと、株の商品では、米株上昇はVIXベア(2049) 2049 株価と銘柄情報 が一番効率的に利益になる可能性が高いと見ています。

グレートローテーション時には債権価格下洛から、現物資産の価格が高騰するので、長期的には金価格の上昇が加速すると見ています

指数、銘柄、ETF、ETN

日経レバ(1570) 1570 株価と銘柄情報

日経平均の上昇率の2倍の動きをするETF。日経平均の押し目は買い狙いより買い注目
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=1570.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130,s&a=v

 

NYダウブル(2040) 2040 株価と銘柄情報

NYダウの上昇率の2倍の値動きをするETN。トランプノミクスによるグレートローテーション現象の初動は買い注目
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2040.T&ct=z&t=3m&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130,s&a=v

 

VIXベア(2049) 2049 株価と銘柄情報

米S&P指数のVIX(恐怖指数)の反対(インバース)の動きをするETN。
S&Pのオプションコール価格と同じような動きになり急上昇する場合などは指数関数的な上昇を示す事から、
新高値更新後の青天井モード突入のS&Pの上昇を利益に変える商品は買い注目
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2049.T&ct=z&t=2y&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130,s&a=v

 

SPDR(1326) 1326 株価と銘柄情報

トランプバブルは、債権バブルを更に大きくする事で通貨の価値を下げる事で、現物資産の金などの価格は高騰する事から長期買い
<参考チャート>
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=1326.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130,s&a=v

 

※用語説明:ETFとETNの違い
ETFとは上場投資信託。ネットで投資信託を取引できるようになった投資商品。
ETNは、各指標と連動する上場投資証券なのですが、ETFと異なり裏付け資産がなく、発行体の信用力をもとに、価格が指標に連動する債券となり権利を売買してる事になります。

こちらは、グレートローテーションが視野に入った形のねらい目銘柄等になります。

グレートローテーションに関しては、時間のあるときなどに以下の記事をご覧ください。

【相場観】トランプノミクスによるグレートローテーション現象と今後の世界相場予想(日経編)

【無料情報】【推奨銘柄】マツダ(7261)週足底値十字線形成よりリバウンド開始買い注目!

トランプリスクにより売られ続けた35営業日のリベンジ開始か!?

マツダ(7261) 7261 株価と銘柄情報

(2/10終値)1,589.5円

<参考チャート>

マツダ(株)【7261】の株価チャート

<ファンダメンタル>

時価総額 9,535 億円
予想PER10.60 [8.29]
実績PBR1.00
予想配当利回2.20% [2.20%]

<マツダの週足、一目均衡表雲下限値~上限値までの上昇を予想>

マツダ(株)【7261】の株価チャート

<見解>

トランプの公言により、自動車の関税を上げるとして、劣勢の自動車業界の株価ですが、ここまで下がれば、もう十分という水準まで下がったマツダの株価。
現在2000円強から約35営業日下がり続けて1514.5円に。

幾ら、トランプリスクで米国に販売拠点を持たずに、社内利益の半分が米国向けだという悪材料が入ってきたとしても、PBR1倍のラインではシッカリと買いは入ってくるものであり、相場は悪材料を折り込んだ後は、反転上昇するのが常である。

チャートとしても、週足の一目均衡表の下値サポートラインで反発して、週足では、下落トレンドライン一杯で週足底値十字線形成。(リンクにて、画像解説有り)
トランプリスクで売られるも、本決算では一株利益(EPS)150円予想。

PBRは現在丁度1倍(会社の解散価値と同じ)。配当も2.2%と長期の機関投資家が買いを入れてくる水準より、短期的に、一目均衡表の雲上限の1920円程度までの上昇しやすいチャートより1週間のリバウンド狙いの買いは推奨だと思います。

<マツダの週足、一目均衡表雲下限値~上限値までの上昇を予想@週足、一目均衡表をチェックすると分かると思います!>

マツダ(株)【7261】の株価チャート

以下のグレートローテーションの記事もご参考に下さいませ☆

【相場観】トランプノミクスによるグレートローテーション現象と今後の世界相場予想(日経編)

【相場観】トランプノミクスによるグレートローテーション現象と今後の世界相場予想(NYダウ編)

【無料情報】【推奨銘柄】ソフトバンクG(9984)1万円超え予想から買い注目!

 トランプノミスクによるグレートローテーション現象の恩恵を受ける筆頭銘柄

ソフトバンクG(9984) 9984 株価と銘柄情報

(2/10終値:8792円)

 

<参考チャート>

ソフトバンクグループ(株)【9984】の株価チャート

<ファンダメンタル>

時価総額 96,770 億円
予想PER8.06 [14.02]
実績PBR3.86
予想配当利回0.50% [0.50%]

<見解>

トランプノミスクによるグレートローテーション現の恩恵を受ける筆頭銘柄のソフトバンク。

創業時から、社員数人を目の前にダンボールの上に立って、将来は売上10兆円を超え、利益を1兆、2兆と豆腐のように数える企業にすると言ってた創業者孫正義の命を賭けた会社。

今期の四季報では、純利益は、初の1兆円超え予想から一株利益(EPS)は1100円超え予想。

問題視する人も多い、借り入れ金も10兆余りあるものの、先週の四半期発表での保有株式の時価総額が約12兆円あるので、トランプ政策で、グレートローテーションによる債権から株式への投資が膨らみ保有株式の時価総額が大きくなると企業価値は更に拡大する見込み。

また、トランプバブルを瞬時に嗅ぎ取って、オイルマネーと組んだ10兆円ファンドの内、
5兆円をアメリカに投資して5万人の雇用を生み出すという常に先手の投資戦略は天才的と言えます。

アラブなどのオイルマネーファンドを背負い、トランプと仲良くなれば米国策から投資先のスプリントや、
その他、数百社以上の投資会社から利益を出すのは容易となると予想できる。

大きい投資のアリババに関しては、元安を考慮してキャッシュ化してるものの、
米スプリント、英国アーム、日本のソフトバンクモバイル/ヤフーなどのIT通信は好調で、

今後は、インフラからIoT/ユビキタス/ロボティクス/AIなどあらゆる業界の先駆者となる事が予想されます。

チャート的にも、上値抵抗ラインとなる7000円、8000円ラインを簡単に突破してきており、
目先天井の1/27の9066円は時価総額10兆円ラインで、一旦反落も、週足ベースでは先高感が強いチャート。

また、グレートローテーションで日経平均が買われるとすれば、日経平均代表銘柄として指数への寄与度が約6%と大きい同社が買われる可能性が高いと予想します。

月足ベースでも2013年の9320円を抜ければ上値抵抗がなくなる青天井モードより1万円の大台突破から上昇に拍車が掛かりやすく、日経平均の平均PER16倍~18倍程度まで買われたとしても、12000円~17000円までの上昇が可能より強気で買いたい銘柄と言えます。

以下のグレートローテーションの記事もご参考に下さいませ☆

【相場観】トランプノミクスによるグレートローテーション現象と今後の世界相場予想(日経編)

【相場観】トランプノミクスによるグレートローテーション現象と今後の世界相場予想(NYダウ編)

【会報】【本日の紹介銘柄値動き総括】2015年8月19日引け 仕手系銘柄が売りを巻き込んで8%上昇 全体は下落

 【相場観】

本日の相場もお疲れ様でした。

 

本日は中国情勢が問題で日経平均に重さ。

しかしながら、中国上海市場は、朝こそ5%以上の下落になっていたのですが、引けにかけて力強さを増し、結局プラテンで終了。

中国以外の欧州もまた本日弱さを見せているものの、結局のところ中国要因と言われつつ、

結果的に上海総合指数は反発して終了こともあり、売りたい向きが多いという考え方か。

 

先物主導で振らされる動きはここのところ良くあることで、むしろ大きく下げるようなところがあればそこは仕込場か。

少し先物買いが早まった感がありますが、下値は先物なども、買いにいきたいところ、とみております。

 

新興市場も同様に弱いが、日経平均が300円下げれば上げるのは困難でしょうし、チャート上は確率的には新興市場は買いの場面ですから、ここは思い切って持越で考えております。

 

個別銘柄としては冴えないものが多いが、

アドバネクス(5998) 5998 株価と銘柄情報

材料のでた アエリア(3758) 3758 株価と銘柄情報

等に資金が向いており、プラスで終えた。

 

特にアドバネクス(5998) 5998 株価と銘柄情報 に関しては、ザラ場中に紹介しておりますが、ずいぶん前ですが、カーバイド(4064) 4064 株価と銘柄情報 等のように、ファンドや仕手などが介入しているような動きとなっており、250円どころで購入した場合はついていきたい銘柄の1つと言えるでしょう。

ここから買ってついていくという場合は、リスク有というよりも投機、ギャンブルに近い状態になることを考えておくべきでしょう。

 

アエリア(3758) 3758 株価と銘柄情報 も、1500円前後で買えている場合は継続といえるでしょう。

 

マーケットエンターやレントラックスも同様。

 

DIT、アイリッジはきついが、新興市場の戻りのタイミング、を考えると継続です。

 

我慢が続きますが、少しずつ明るい兆しは出てくると考えております。がんばってまいりましょう。

また、本日先物の買いのタイミングなどを紹介していますが、こちらも本日の夜間取引などで注目です。こちらは1つ簡単にコーナーを下に設けましたのでご覧くださいませ。

 

紹介銘柄が増えておりますが、基本的には継続ですので、いいなと思うもの、チャートが壊れていない、安くなったものなどをチョイスしていきましょう。

 

それでは本日の相場もお疲れ様でした。

 

【紹介銘柄】

【新規銘柄】

 

 銘柄   :スマートバリュー(3135) 3135 株価と銘柄情報
紹介日  :8/17
株価   :4775円
紹介時株価:4855円
買い目標 :時価
ロスカット:4400円割れ
参考URL:http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/stocks-info/8145/
売り目標 :5500円以上 
見解    :分割と決算良好で、決算後上昇したものの、イッテコイとなった。上値は重たいが、マイナンバー関連でもあり、下値は仕込場とみて継続。

チャートが壊れてしまう4400円割れはロスカットとします。

 

スイングトレード

数日~1ヶ月 程度で取引する銘柄です。 状況次第で中長期に移行する場合もあります。

 

 

銘柄   :マーケットエンター(3135) 3135 株価と銘柄情報
紹介日  :8/17
株価   :3500円
紹介時株価:3310円
買い目標 :3310円~3000円
ロスカット:2800円
参考URL:http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/stocks-info/7849/
売り目標 :4000円以上 
見解    :先月~のIPOの上昇にのって、安値買い~上手く高値を利確した銘柄となります。

今回、業績がいいが売られている銘柄として、安値買いから反発に期待。チャートも立て直してきている印象です。

8/19 プラスではあるものの、大陰線となった。反発に期待。指数が戻ればここも自然と戻ると見ています。

 

 

 

銘柄   :GUnosy (3697) 3697 株価と銘柄情報
紹介日  :8/12
株価   :1418円
紹介時株価:1452円
買い目標 :時価 
ロスカット:1340円
参考URL:http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/stocks-info/7849/
売り目標 :1585円以上 
見解    :1585円への反発からの、押し目に狙いどころ。好決算出していますし、そういったところ、アプリ関連、などからの反発に期待。

8/19 本日の下落でマイナスとなった。業績は絶好調であるが、指数がある程度しっかりしていなければ動きようがないといったところ。継続です。

8/17 先週末引け間際にいい反発がありました。業績がいい銘柄だけにここから期待。

 

 

銘柄   :日本動物高度医療 (6039) 6039 株価と銘柄情報
紹介日  :8/10
株価   :1785円
紹介時株価:1891円
買い目標 :時価 
ロスカット:1700円割れ
参考URL:http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/stocks-info/7817/
売り目標 :2200円~
見解    :8月6日に決算が出ており、8月7日に上昇しております。獣医師向けセミナーが著効し、強い展開。

ニッチ産業だけに、ライバルが株式投資にも少ないため、好業績はシンプルに好感されるのではないかとみております。

8/19 参考URLの通り、1825円で2回目の買いとします。チャートから自然と反発の期待。

 

銘柄 :アイリッジ(3917) 3917 株価と銘柄情報
紹介日  :8/6
現在株価 :4305円
紹介時株価:5550円、4805円、4040円
買い目標 :時価
ロスカット:状況次第
参考URL:http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/stocks-info/7729/
売り目標 :5500円~
見解    :リスク有銘柄として紹介。詳しくは参考URLを参照。

下げても買いにいくイメージで考えています。そのためリスクは高い銘柄となります。

人気度は良い銘柄。その人気度から、最終的に反発、6500円以上を狙いに行くイメージですが、資金が入らなければ話にはならないということで、やはり状況次第、リスクは高いです。

8/19 こちらは継続です。

8/17 4040円ナンピン実行し、戻りつつある。マザーズ、IPOの反発に期待。

8/13 ナンピンしての待ち段階。新興に戻りが入るならば戻りはしっかりと一気に戻るとみます。あとは戻るかどうか。

 

銘柄 :DIT(3916) 3916 株価と銘柄情報
紹介日  :8/6
現在株価 :3325円
紹介時株価:4810円、3390円
買い目標 :時価
ロスカット:状況次第
参考URL:http://fidelia.unifas.co.jp/shikake/7736/
売り目標 :まずは10%方向
見解    :詳しくは参考URLをご参照ください。

銘柄性はいい銘柄です。あとはどこを底に反発するか。チャートを作りつつあります。

8/19 ここは我慢して、できれば増やしたいところ。が、下を買いに行く予定としているのでここは継続のみとします。

8/17 決算は悪くはないのですが、普通程度の決算であり最近の傾向では売られるといったところ。しかしこの下もさらに買いに行きたい銘柄。

8/13 この銘柄、8月14日に決算です。3Q時点90%以上の進捗であり、いい決算は出してくるものとみています。

チャートから、中期路線でいえばトリプルボトム期待であり、ネガティブ決算が出なければいい方向に進む可能性は十分あるとみますが、決算持ち越しはギャンブルなので、悪い決算が出た場合のリスク管理はきちんとするように考えてまいりましょう。

配信上は継続とします。

 

 

【リスク有銘柄】

アエリア(3758) 3758 株価と銘柄情報

1500円付近買い、1400円割れロスカットの予定。

1700円方向目標。

新アプリを近日発売する材料が8月18日に出ており、決算が好感されて上昇している、等、いい動きの兆しも出てきています。

 

 

アドバネクス(5998) 5998 株価と銘柄情報

仕手・ファンドなどが入っているような、売りを巻き込んだ上昇の形となっている。

250円紹介。238円割れロスカット。上は300円目標

 

 

【中長期銘柄】

1か月~数か月程度は見ていくつもりで持ち越す銘柄です。 

基本的に、ファンダメンタル、材料性、等から総合的に判断している銘柄です(決算等、が良い銘柄が多めです)

 

【中期路線】

中期路線(1ヵ月~数か月)で期待の銘柄です。

 

・PMO(3251) 3251 株価と銘柄情報

駐車場関連、不動産関連会社。この銘柄はヨコ展開になることが多いですが、時折、材料を伴うことも多いといえますが、何らかの形で急上昇することがあります。そういったところを注目し、川本産業と同じようなイメージですがどこかで吹くことを期待。

 

・シライ電子工業(6658) 6658 株価と銘柄情報

中長期路線。夏~秋に株価が動くことが多い銘柄。

少し売られているが下値は限られている印象があり、トレンドライン上では買い場。うまく仕込んで中期で待ちたいと思います。

 

・川本産業(3604) 3604 株価と銘柄情報

6月11日から継続注目。339円。

夏~秋にどこかで一発期待。決算を機に板の雰囲気は変わっており、注目されます。

 

・さいか屋(8254) 8254 株価と銘柄情報

8月7日紹介。何度も紹介している銘柄。会社が変わろうとしている銘柄の1つ。決算などは非常に良好。それにより大きく上昇するところもあった。

押し目はねらい目。110円以下上手く仕込んで、10%以上の上昇を期待。状況次第では株価が変わる力も秘めているといえるでしょう。

 

・ストライダーズ(9816) 9816 株価と銘柄情報

8月7日紹介。こちらも何度も紹介している銘柄。こちらは決算は非常によく、8月6日に出した決算では、経常利益が1Qで60%越えと素晴らしい。

しかしそれでもトップを付けた後にそのまま下落、イッテコイ。このイッテコイは買い場ではということで84円から仕込み。

100円方向期待。

 

【長期路線】

 

長期(数か月~数年)で期待の銘柄です。

・トレイダーズ(8704) 8704 株価と銘柄情報

長期路線。下げてもナンピンして、長期で継続したい。7月31日に出した決算で、営業外収益が出ているが、こうしたものを中心に業態が変化、株価も動いていくのではないかと考えています。

 

・エイシアンスター(8946) 8946 株価と銘柄情報

長期路線。東急不動産上海との提携という大材料が出ての、イッテコイ。上値が重たいということ。そして、7月31日に上で取り残された個人の売りがある状態。逆に安値はどこまでも買いにいきたい銘柄です。

 

 

【監視銘柄】

監視銘柄の中から、新規推奨銘柄として、紹介していく場合もあります。

長期的銘柄では、推奨からは外しましたがさいか屋(8254) 8254 株価と銘柄情報 が決算好調にて大幅高となりました。

アテクト(4241) 4241 株価と銘柄情報

→いい動きだと思います。長期では、まだまだ上昇、また材料次第では爆発もある銘柄です。

 

トリケミカル(4369) 4369 株価と銘柄情報

→決算に向けて動きが出る可能性あります。

 

 

プラップJ(2449) 2449 株価と銘柄情報  

→決算通貨。堅調です。

 

ブロードバンドタワー(3776) 3776 株価と銘柄情報  

→IoT関連として注目の銘柄の1つ。国策の1つです。

など、注目材料を抱えている、決算好調の可能性が高い銘柄などを監視しています。200円前半は買い場か。

 

【日経平均先物】

http://fidelia.unifas.co.jp/market-view/8153/

買いで介入中。こちらで掲載。

 

【本日の総括、来週の戦略】

中国での売りが要因と言われていますが、海外市場も弱く、また中国が戻っても日本は戻らなかった。

よって、中国だけが懸念というよりは全体的な懸念と、あとは先物に対する売りしかけ、それにつられた新興の売り、個人投資家の株式投資に対する懸念などが影響だと思います。

 

新興市場、マザーズのチャートからすれば、中期的には押し目どころですから、ここは継続、買い増し、で進めたいと思います。

 

【リスク有銘柄】2014年10月29日紹介 ストライダーズ(9816)  本日急上昇

http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/riskon/2615/

 

ストライダーズ(9816) 9816 株価と銘柄情報

10月29日に、紹介しておりましたストライダーズ(9816) 9816 株価と銘柄情報

こちらも低位株であったためリスクありとして紹介しておりました。

 

本日、カジノ推進派の議員連盟が国内でのカジノ解禁法案について、

今国会で前進させるとの考えを示したとのことで上昇。

 

コモンウェルス・エンターテインメント(7612) 7612 株価と銘柄情報

インターライフホールディングス(1418) 1418 株価と銘柄情報

テックファーム(3625) 3625 株価と銘柄情報

アドアーズ(4712) 4712 株価と銘柄情報

 

等とともに急上昇となりました。

 

ストライダーズ(9816) 9816 株価と銘柄情報 もカジノ系の銘柄と変化しましたから、ここからもまた面白い展開になるでしょう。

本日完全に陽線引いており、追加緩和後の材料、動きに期待しておりましたがいい流れとなっております。

 

75円~80円仕込みから、90円突破、明日100円つけるかに期待。

 

基本は明日利確でも問題ないと思います。

カジノ解禁となればさらに上昇するかもしれませんが・・・そのあたりの戦略はまた有料会員様にお伝えしていきます。

 

おめでとうございました。

【セクター情報】東京オリンピック関連銘柄 カジノ、賭け事の関連銘柄

東京オリンピック関連銘柄の紹介

長く、長期的視野に立ってみると、この東京オリンピックという材料は非常に今後の日本の数年間において、株価を支える一つの材料となります。
オリンピックがあるということは、その時に向けてインフラを整え、人の流入に備え、道路を構築、建造物の建築、旅行客の運搬、電車、地価の上昇、と、東京という都市の価値が単純に上がっていくということになります。

一番最初に目立つのは、

・建築関連

・インフラ関連

 

日本全体の付加価値として

・トンネル関連

・リニアモーターカー関連

・トンネルの材料となるコンクリ等

 

東京という価値が上がることによって

・不動産

・競馬、競輪など賭け事

 

更に、日本に人が集まることによって、政府が法律改正や許可に動くとみての

・カジノ関係

 

等、幅広いところからの資金の流入があります。

 

このセクターに関しては幅が広いですので、少しずつ紹介して行こうと思います。

まずは今回はカジノ関連銘柄を紹介します。

 

カジノ関連銘柄

東京オリンピックが開催されることで、法律の改正、カジノ法案が通る等、資金がカジノ関連に向きやすい。
動きがある銘柄として、いろいろあります。

 

建設関連

インターライフ(1418) 1418 株価と銘柄情報
建築関連銘柄。
パチンコ関連の株主が筆頭株主として台頭しており、アミューズメント施設の工事を手掛けている。
音響、照明設備に関しても連携が強く、カジノの建設関連銘柄ではまず第一に選択される。

 

遊技台関連銘柄

セガサミー(6460) 6460 株価と銘柄情報
SANKYO(6417) 6417 株価と銘柄情報
フィールズ(2767) 2767 株価と銘柄情報
ユニバーサル(6425) 6425 株価と銘柄情報
平和(6412) 6412 株価と銘柄情報

どの会社も、パチンコ、パチスロ等の遊技台を製造している会社。
また、ユニバーサル(6425) 6425 株価と銘柄情報 は海外でカジノリゾートの展開もしている為、不動産も巻き込んだ展開力がある。

 

交換機(メダルや紙幣の交換機)

日金銭(6418) 6418 株価と銘柄情報  紙幣識別機。カジノの交換機の第一選択。
グローリー(6457) 6457 株価と銘柄情報  こちらも同じく交換機関連銘柄。

 

アミューズメント施設

コナミ(9766) 9766 株価と銘柄情報
バンダイ(7832) 7832 株価と銘柄情報

ゲーム、レジャー、アミューズメント、ゲームセンター等を手掛ける。

 

隠れカジノ銘柄

コモンウェルス・エンターテインメント(7612) 7612 株価と銘柄情報

低位株のカジノ銘柄として注目されることが多い。
動き出すと一気。コンサル業。
売り上げなどは小さく、期待感から買われると一気の動きとなることが多い。低位株だけに注意。

 

また、カジノ関連では、最近新規で参入してきた銘柄もあります。

ストライダーズ(9816) 9816 株価と銘柄情報

はその一つですね。

 

以上等が、カジノ関連銘柄となります。
政府からカジノについての声明が出たりすると上昇するなど、動きが出やすいセクターです。
ポートフォリオにカジノ関連銘柄として入れておくと、資金の流れが見えたりするのでお勧めです。

ご参考にどうぞ。

このページの先頭へ