「最新の株価予想! (株)メンバーズ(2130)」の検索結果一覧

最新の株価予想! (株)メンバーズ(2130)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
(株)メンバーズの株価チャート

【銘柄レビュー】現在の銘柄レビュー

現在の銘柄レビューです。

相場は安定的になってきました。

金曜日ですが、強い展開で21300円回復。

 

来週21500円方向とも見てとれますが、要人発言次第なので、懐疑的。

 

21700円ぐらいまで戻った場合は基本的に売り方向、上値重たし、で考えております。

 

ただ、押し目狙ってみたい銘柄はいっぱいあるのですが、

チャート的にもう一つ下げてほしかったというものが多く、紹介にはいたっていません。いいものがあれば紹介していきます。

 

現在紹介しているのはペッパーフードサービス(3053) 3053 株価と銘柄情報 空売り これはもうしっかり利益でていますが、1960円ぐらいまでの戻りはあってもそのあとはまた下だと予想。

 

ヘリオス(4593) 4593 株価と銘柄情報 は若干反発しました。これは中長期路線で、バイオなのでリスク高めです。

ただスイングとしても、上下幅はあり、またBOX相場なので今の水準で仕入れるのは面白いと思っています。

 

アール・エス・シー(4664) 4664 株価と銘柄情報 は微妙ですがほぼプラマイゼロですし、まだ継続。

ただ出来高がなくなってきたので、悩みどころ。来週の動きで決めます。

【推奨銘柄】【新規銘柄】全体相場の観点から

外部環境悪化から下落続いているが、

ソフトバンクなど徐々に大企業も決算出揃いつつある。

 

今週は、外部環境の悪化やマイナーSQ仕掛けによる日米下落を予想して、あまり推奨は出さなかったが、SQ終了の金曜日からは、3月29日~4月1日に空けた、日経先物の21300円の窓埋め完了から短期反発を予想。

 

よって、日経平均先物の買い狙いとしてみたい。

弱ければアッサリカット予定ではありますが、現在の21330円で狙ってみたい。

銘柄でいえばソフトバンクやファーストリテイリングの買い、国際のETFVIX短期先物指数(1552) 1552 株価と銘柄情報 売り、等をしかけてみたい。

 

配信上は日経平均のみでご案内いたします。

まずは、21800円付近までの戻りに期待だが、ある程度上がれば利益確定予定で、短期的な反発期待であり、1ヶ月~2ヶ月の中期判断では売りのほうが強そうな予想ではあります。

 

 

【気になる銘柄】3●●● 押し目狙い KDDI関連

気になる銘柄の一角ですが、

材料で急騰からの、本日は大陰線、調整まちのイメージです。

調整どころは狙ってみたいとも思わせる。

 

トレードワークス(3997) 3997 株価と銘柄情報

こちらもKDDI関連の一角ですが、KDDI関連で株価上昇している銘柄が複数あります。

 

とはいえ、こちらは本命ではないので、

まずは窓埋め方向に期待。

 

窓埋めは2130円ですが、

しかし窓埋めで買うイメージではなく、来週あたりに、短期で2000円~2050円あたりまでの押し目が欲しく、それがなければスルーのイメージです。

 

 

気になる銘柄で推奨するか迷った銘柄

すららネット

推奨しないものに限ってしっかりあげてしまうということがよくあり、今回もやってしまいましたが、

いい形になってきました。

決算前に、10000円方向か? 注目しましょう。

【相場観】現在の相場観

現在の相場観です。

日経平均は9時40分

20892円から伸び悩みとなっている。

 

 

10時過ぎに、円高や米中貿易摩擦解決の期待が後退し、伸び悩んだ様子。

だが、さほど大きな下落にもつながらず。あくまで調整。

 

現在は20760円前後の動き。

 

また、伸び悩んだ日経平均と違いマザーズは2.7%高

25.8ポイントの上昇で、高値近辺での前引けとなった。

 

リスクありのエコモット

他、バイオ系

ベルトラなどのIPOなどが牽引

 

今の戻り値をBOX相場、下降トレンドで考えるならば、日経平均はもう少し上で売りにいきたい、というレベルの勢いがある。

マザーズも同様で、下降トレンドの中で上値トレンドはそろそろ戻り一杯であり、売り目線で見ていきたい場面になりつつある。

 

週足で見るとわかりやすい。

マザーズ、NYダウあたりは、シンプルに見ても週足でそろそろ売りにいっても良い範疇になりつつある。

 

日経平均は微妙。日足で言えば下降トレンドで考えると、21300円~500円ぐらいが売り時かというイメージです。

 

非常に強い足になっているのと、全体的に株価に対して否定的な材料が今年は少ないので、

無理に売りにいくと焼かれる可能性があるため、まだ売りにはいかず。

慎重にいきたいと考えております。

【相場観】強弱材料入り混じり コーン氏辞任 北朝鮮問題軟化

相場観です。

強弱材料入り混じっております。

 

「コーン氏が辞任する見通し」

の報道。

 

コーン氏は自由貿易を掲げる。

トランプ大統領が掲げている、鉄鋼とアルミニウムへの追加関税に反対していたことが理由の様子。

 

コーン氏辞任の報道により円高方向に動きがあり、日経平均を圧迫中。

 

また、北朝鮮問題が軟化。

北朝鮮が非核化について米国と対話する姿勢を示したことが要因。

それにより、日経平均先物は一時22000円回復となりそうだったのですが、コーン氏の辞任問題で、大幅に調整、現在21300円付近。

 

北朝鮮問題で、反発にもう一つ力が加わろうとしていたところに、コーン氏辞任とタイミング悪い状態。

 

しかし、個別は動きがありますし、基本的に銘柄は継続。

弱いものは弾いていく方向性にします。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

【IPO】明日上場のIPO ツナグ・ソリューションズ(6551)に投資妙味はあるか?

明日のIPO銘柄

ツナグ・ソリューションズ(6551) 6551 株価と銘柄情報

を紹介いたします。

 

事業内容

アルバイト・パートを中心とした採用コンサルティング、採用活動支援サービス、求人情報メディアの企画・運営等

IPOの状況

公開株数
公募:270,000株 
売出し:180,000株

公開価格 2130円
時価総額  49億8000万
吸上資金  11億
EPS   56.42
PER   37.7 

見解

IPOとしては人気業種ではありません。

しかし、このところのIPOの初値形成を見ると、こういった銘柄でも大きい上昇の数値は得られそう。

人材派遣の業界としては、慢性的人手不足であり、業績もいい。

当日は3者同時上場であり、あとの2銘柄の方に資金が入りそう。よって、あまり高い初値形成とはならず、むしろ安寄りする可能性もある。

 

VC不在、吸い上げ11億程度。

主幹事が野村證券で問題無いなど、評価できる点は多い。

ロックアップは90日間、従業員持株会は180日間。

 

VC不在であること、ロックアップがかかっていることなどから、安寄りするのであれば是非狙ってみたい銘柄。

初値形成後のほうがおもしろいかもしれません。

初値に注目したいと思います。

 

会員様には、初値が狙えるかどうか等についても、ザラ場中にご紹介させていただきたいと思います。

類似銘柄

フルキャストホールディングス(4848) 4848 株価と銘柄情報  PER23.3
リブセンス(6054) 6054 株価と銘柄情報   180倍
ヒト・コミュニケーションズ(3654) 3654 株価と銘柄情報  18.2倍

 

【新規推奨】【推奨銘柄】【無料会員様向け】フィンテック&仮想通貨関連の注目株を2銘柄紹介

無料会員さま限定で、今をときめくフィンテック&仮想通貨関連の銘柄を、2銘柄紹介いたします。

 

銘柄の詳細を穴埋めにしていますので、興味がございましたら会員登録を頂きましたら確認できるようになっております。

会員登録は無料です。

 

①証券コード3●●●

現在1600円台

ポイントサイトが主な収益源の同社。
ただこの銘柄は、ビットコイン関連の側面も持っており、
ビットコイン海外送金サービスを開始予定とのこと。
よって、ビットコイン・仮想通貨関連とも読みとれます。

続々とこうした材料が発表されており、
また現在大きなセクターの流れがありませんから、国策でもある仮想通貨関連は大きく伸びる可能性を秘める。

また、現在仮想通貨は6兆円程度の規模でありますが、場合によっては1000倍となるとも噂されるだけに、規模の凄さでは一品。
インフラなども整いつつあることから、こうしたビットコインを商売にしてきている銘柄は、どれも注目されやすいでしょう。

仮想通貨という流れにのれば、1900円~2200円の方向性はありえる。

 

②証券コード3●●●

現在、2100円台。

まだまだ、仮想通貨の動きは初動だと思っています。

リミックスポイント(3825) 3825 株価と銘柄情報 、キューブシステム(2335) 2335 株価と銘柄情報 などが動く中、その他の仮想通貨関連銘柄も堅調ですが、こちらも期待。

特に、アフィリエイトなどの報酬をビットコインに変換できる、そのシステム業務提携をしており、換金手数料が生まれる、そのことだけでも、現在の時価総額が評価不足であることが分かると思います。

板が薄いため、あまり数入れれませんので、上がらないように上手く仕込みましょう。
仕込みは2130円~高くても、2200円ぐらいまでという印象です。

 

ここから無料会員さまや会員さまのみご確認いただけます。

①はセレス(3696) 3696 株価と銘柄情報

②はリアルワールド(3691) 3691 株価と銘柄情報

 

です。

【推奨銘柄】【新規銘柄】こちらも仮想通貨関連 3●●●に注目。

先程、1つ仮想通貨関連で動かないものを切りました。

その分、他の仮想通貨もありですが、まだ動ききっていないこちらに注目。

板が小さいので、少なめで。

銘柄情報

リアルワールド(3691) 3691 株価と銘柄情報

2103円

見解

まだまだ、仮想通貨の動きは初動だと思っています。

リミックスポイント(3825) 3825 株価と銘柄情報 、キューブシステム(2335) 2335 株価と銘柄情報 などが動く中、その他の仮想通貨関連銘柄も堅調ですが、こちらも期待。

特に、アフィリエイトなどの報酬をビットコインに変換できる、そのシステム業務提携をしており、

換金手数料が生まれる、そのことだけでも、時価総額55億円が評価不足であることが分かると思います。

 

一度ロスカットしたのですが、再度買いたい銘柄として推奨。

あまり数入れれませんので、上がらないように上手く仕込みましょう。

2130円~2150円ぐらいまでという印象です。

チャート

(株)リアルワールド【3691】の株価チャート

狙い方

時価狙い。

あまり買い込み過ぎないようにしましょう。

買いは、2150円ぐらいまでですが基本的に買い上がる、は少なめが望ましい(売りが出る)。

また、こういう銘柄を持ちすぎると、動いているときはいいが動いていないときに売るのが難しくなる。

 

上手く仕込むのが難しい場合は、フィスコ(3807) 3807 株価と銘柄情報 あたりも狙い目であると思います。

値動きが大きくないが、セレス(3696) 3696 株価と銘柄情報 あたりも面白いでしょう。

【スクリーニング】<3月8日前場終了時>デイトレ~スイングトレード厳選スクリーニング銘柄

本日前場終了時のスクリーニングです。
後場~今週末ぐらいにかけてのスイングで面白いでしょう。
強いのは来週も面白くなると思います。

この中には現在推奨中の銘柄も含まれていますので、

ぜひご参考にどうぞ☆

普段は無料会員向けでありますが本日は一般公開いたします。

 

—買い—

(2130) 2130 株価と銘柄情報 メンバーズ
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=2130.T

(6532) 6532 株価と銘柄情報 ベイカレント・コンサルティング
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=6532.T

(7172) 7172 株価と銘柄情報 ジャパンインベストメントアドバイザー
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=7172.T

(2362) 2362 株価と銘柄情報 夢真ホールディングス
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=2362.T

(3624) 3624 株価と銘柄情報 アクセルマーク
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=3624.T

(3760) 3760 株価と銘柄情報 ケイブ
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=3760.T

(3843) 3843 株価と銘柄情報 フリービット
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=3843.T

(5184) 5184 株価と銘柄情報 ニチリン
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=5184.T

(8925) 8925 株価と銘柄情報 アルデプロ
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=8925.T

—売り—

(3664) 3664 株価と銘柄情報 モブキャスト
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=3664.T

【IPO】3/16上場のIPO銘柄 ほぼ日(3560)初値予想と銘柄評価。初値株価に投資妙味はあるか?

3/16上場のIPO銘柄 ほぼ日(3560) 3560 株価と銘柄情報 を紹介します。

銘柄情報

◆会社名: ほぼ日(3560) 3560 株価と銘柄情報
◆事業内容:インターネットを利用したコンテンツ提供および商品の企画・販売
◆関連セクター: 小売業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・メンバーズ(2130:東証2部)予想23.54
・ネットイヤーグループ(3622:マザーズ)予想-

◆公開価格 想定発行価格2300円 時価総額はOA含め、10.5億円程度 
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 無し。
◆大株主 ほぼ会社関係者など。
◆ロックアップ 株主によって90日間、1.5倍
◆上場市場:JASDAQスタンダード
◆PER:16.9倍

IPOスケジュール

抽選申込期間 2月28日(火)~3月6日(月)
当選発表日 3月7日(火)
購入申込期間 3月8日(水)~3月13日(月)
上場日 3月16日(木)

所見

ここは、オリジナルコンテンツ中心の無料ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を企画運営して集客し、オリジナル企画の文具及び日用雑貨等を、「ほぼ日刊イトイ新聞」内のインターネット通販で直接個人に販売することを主要事業としています。
主力商品の「ほぼ日手帳」並びにその他一部の商品及び書籍は、卸販売も行っています。
店舗・ギャラリー・イベントスペースとしては、東京都港区南青山に「TOBICHI」、東京都港区南青山に「TOBICHI2」があります。

ほぼ日の収益源となる商品販売は、売上高の約7割を占める「ほぼ日手帳」や、書籍、アパレル、食品、家庭用品等の生活関連の商品が中心です。
これらは自分たちの普段の生活からの考察と、ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」上で接する読者・ユーザーに関する考察、さらに「ほぼ日刊イトイ新聞」読者以外の生活者の動向についての考察をすり合せることで企画されています。
商品ジャンルは様々ですが、全て日常生活を対象とした商品です。これらの商品を、企画段階から開発プロセスを含めて自社のウェブサイト上で紹介し、販売まで行っています。

商品の例として、アパレルでは、家事をするときの便利さとおしゃれを兼ね備えた、シャツやエプロン等の衣類「LDKWARE」、イラストレーターでデザイナーの大橋歩さんと作った50歳以上の女性向けの「ふつう」のおしゃれ服「hobonichi + a.(エードット)」等があります。

ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」では、商品紹介の他、エッセイ、対談、インタビュー記事等、オリジナルの読みものを、平成10年6月の開設以来、毎日更新し掲載しています。
読みものは、日常生活に根差している点で、販売している商品とコンセプトが近く、時流を追わずいつでも楽しめる息の長い内容や、人と社会への肯定感に根差した姿勢のコンテンツが中心です。ほぼ日は、このことが多様な生活者に支持されていると考えています。

自社のウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」上で集客を行い、自社が企画・開発した商品を紹介し、直接顧客に販売することで、ほぼ日は顧客からの反応を得られやすい環境にあると考えています。
商品を購入した顧客が示す反応に考察を加え、さらに商品を改良して販売する、という循環を重ねることが出来、これがほぼ日の商品の独自性につながると考えています。
これまで蓄積してきた考察を活かして、顧客が「読みたい」「欲しい」「周りに勧めたい」と感じ自ら行動をおこすような、オリジナルコンテンツ、オリジナル商品の企画制作に経営資源を集中しています。これらがほぼ日の事業の独自性、エッジ・優位性です。
改良と販売の循環を積み重ねた結果、商品のうち「ほぼ日手帳」や書籍等、自社のウェブサイト以外でも販売の可能性があると判断したものは、自社以外の販路へ卸しています。

また、ほぼ日グループは、株式会社ほぼ日、子会社1社(株式会社気仙沼ニッティング)、及び関連会社1社(株式会社エイプ)により構成されています。
株式会社気仙沼ニッティングは、ほぼ日子会社で、ニット製品の企画、製造、販売を主な業務としています。

業績・財務

ここからは、業績・財務面を見てみます。
売上高は直近では減収で、経常・純利益は大局的には右肩上がりで推移しています。
自己資本比率は62.9%、営業キャッシュフロー、現金同等物はプラスとなっており、財務での安定感はあります。

まとめ

この会社は、売上の7割を「ほぼ日手帳」から上げており、全体としての成長性という面においては、少し厳しいかもしれませんが、著名人の糸井重里氏の会社ということもあって知名度・注目度はかなり高いのではないかと思います。
大株主も、ほぼ会社関係者ということもありロックアップもしっかり掛かっています。
意外と人気化しそうな案件なので、積極的に申し込んでも良いでしょう。

初値で想定株価以下になる可能性は低そうであるため、大いにねらい目。ブックビルディング妙味はAでよいでしょう。

初値後の投資は株価次第。ただしある程度の株価で寄り付くならば、話題性からいっても買いで面白い銘柄の1つだと思います。

 

このページの先頭へ