「最新の株価予想! (株)総医研ホールディングス(2385)」の検索結果一覧

最新の株価予想! (株)総医研ホールディングス(2385)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
(株)総医研ホールディングスの株価チャート

【2020.1.22本日の注目株/推奨株(各種指数下落リスクヘッジ/利益に変える銘柄特集)】

【2020.1.22本日の相場戦略注目株/推奨株】

日経平均の昨日の約200円の下落といい、トリプルトップの24100円を4度目で奪回できない点からみて、

予想通り、24100円が日経平均の限界値と見るのが正解と予想します。

日経先物は夜間で週足サポートラインの23850円を割って売りサイン。

日経下落のリスクヘッジ銘柄で利益を取りたい局面です。

<注目銘柄(押し目狙い、買いサイン待ちなど)>

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

ダボス会議と地学リスク不安から原因不明のフラッシュクラッシュ発生!リスクオフの動きの中から銘柄ピックアップ!!

本日の一瞬にして約200円の下落は、理由を探しても見当たらない下落。

理由のない下落は、一番怖い下落と言われています。

裏で何かが動いたり、決まったりした先取りの動きの可能性も否定できないので。

リーマンショック前日も違和感から買いのポジション解消をして、ヘッジ売りを入れて大きな利益となった事もあり、小さな違和感/異変に機敏になる必要があります。

現在、ダボス会議を行っており、イラン大統領の不参加や、中東の地学リスクも台頭してきており、

地合い悪化のリスクオフ商品のフルコースの動き(商品:金/銀の買い、工業製品の銅売り)となっており、

日経平均は予想通り上値追いは難しい可能性が高くなってきてる状況。

相場は、ボックス圏は4度目のトライで超えられない場合は、超えられない理由があると言われており、

日経平均の24100円ラインは4度目でも超えられない大きな壁となってる現状から、目先は下落目線が正解と予想。

地合いや、関係なく行って来いで上がる銘柄を紹介しておきます!

あと、日経平均の下落を利益に変えるリスクヘッジ系銘柄もピックアップしておきます。

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

このページの先頭へ