「(株)博報堂DYホールディングス(2433) 株価と銘柄情報」の検索結果一覧

(株)博報堂DYホールディングス(2433) 株価と銘柄情報」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
(株)博報堂DYホールディングスの株価チャート

【セクター情報】NISA(ニーサ 少額投資非課税制度)関連銘柄

セクター情報です。

去年、世間を騒がせたNISA。

しかし、今年はもうだいぶん落ち着いたと思います。

 

次にNISAがまた流行語となるとしたら、NISA拡充の話が実現するときなのかな、と考えています。

 

NISA(少額投資非課税制度)のおさらいですが・・・・

要は、株や投資信託(投信)などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度。
現在株式投資を行っている方に向けての制度というよりは、これから個人投資家を増やしていこうという制度です。

  

アメリカなど海外では、貯金より投資に対する意識があり、日本では国民性から、貯金を重視している。
この貯金の部分を、投資に向かわせていこうということ。

NISA自体は成功を収めたのですが、1月~4月の今年のマイナス相場は、そのNISA資金を食い物にしたかのような下げ相場となりました。

 

また、NISAがいずれ拡充等で人気が出るかもしれません。

先行的に、紹介したいと思います。 

 

【システム関連】

野村総合研究所(4307) 4307 株価と銘柄情報  NISAのシステムを手掛ける中心銘柄 金融機関向けのシステム開発

 

 

【広告】
電通(4324) 4324 株価と銘柄情報  NISA関連の広告が好調
博報堂(2433) 2433 株価と銘柄情報  NISA関連広告

 

 

【人材派遣】
パソナ(2168) 2168 株価と銘柄情報
テンプ(2181) 2181 株価と銘柄情報

 

 

【証券関連】

全般的に証券関連は面白いものの、各証券会社、銀行とも食い合いですのでそれほど波及無し。

 

 

【手続き代行】
だいこう証券(8692) 8692 株価と銘柄情報  証券事務代行 証券のバックオフィス代行

アグレックス(4799) 4799 株価と銘柄情報  証明書などの発行代行
等が中心銘柄です。
あまり多くはありませんが、実はNISA関連は東京オリンピックと連動する可能性があります(そういう売り方の宣伝になっています)

 

実はNISA関連はあまり表だってNISAで動く!というものは多くありません。

恩恵を受けるのが、証券会社等大手となるため、どちらかというと大きな資金が動く、あるいは投資初心者が投資を始める、

という意味で大企業や証券会社、銀行などの株が流行るといったケースが多いでしょう。

【セクター情報】リクルート関連銘柄 上場により利益を受ける銘柄が中心

今年最大級IPO。

リクルートが上場します。

上場による関連銘柄、各企業の利益は相当のものがあるでしょう。
そんなリクルート関連銘柄を紹介してみます。

リクルート株を保有している銘柄

・大日本印刷(7912) 7912 株価と銘柄情報
・凸版印刷(7911) 7911 株価と銘柄情報
・三井物産(8031) 8031 株価と銘柄情報
・電通(4324) 4324 株価と銘柄情報
・日本テレビ(9404) 9404 株価と銘柄情報
・博報堂DYHD(2433) 2433 株価と銘柄情報
・フジ(4676) 4676 株価と銘柄情報
・テレビ朝日(9409) 9409 株価と銘柄情報
・王子製紙(3863) 3863 株価と銘柄情報
・図書印刷(7913) 7913 株価と銘柄情報
・CAC(4725) 4725 株価と銘柄情報
・共同印刷(7914) 7914 株価と銘柄情報

名だたる会社が勢ぞろいですが、印刷関連、メディア関連が中心となっています。
こうした銘柄で、特に時価総額の低い、CACや共同印刷、図書印刷などが堅調な株価を形成しやすいでしょう。

狙い方としては、PER、PBRが低い等、ファンダメンタルの基本中の基本を見てみると面白いでしょう。中長期的視野での銘柄選択となりそうです。

また、リクルート出身者は、事業主になっている方が多いため、
そういったベンチャー企業も気になるところ。

リクルート出身者が経営しているベンチャー企業

・じげん(3679) 3679 株価と銘柄情報
・セプテーニ(4293) 4293 株価と銘柄情報
・クイック(4318) 4318 株価と銘柄情報
・アウンコンサルティング(2459) 2459 株価と銘柄情報

探せば、他にもたくさんあります。

いわゆる「セクター」的な銘柄というよりも、
各銘柄がリクルートから受ける恩恵というのは、いわゆる時価総額、持ち株による資産の増強等、セクター情報としては一風変わったものとなりそうですね。

実際に上場してから、これらの銘柄の動きを追っていくことにしましょう。

このページの先頭へ