「最新の株価予想! 日本マクドナルドホールディングス(株)(2702)」の検索結果一覧

最新の株価予想! 日本マクドナルドホールディングス(株)(2702)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
日本マクドナルドホールディングス(株)の株価チャート

【相場観】材料出尽くし? 円高傾向から一段安

景気刺激策が本日発表。

織り込み済の内容の中、あえて売りに出てきている。

外国人も休みが多い中、実際に売っているのはどこなのか、はっきりせず。

 

しかしながら、景気刺激策に対して、出尽くし感、あるいは期待外れ感、であると相場は見たということになります。

 

実際の景気刺激策を考えます。

 

今回の目玉は、ETFの買い介入の増額。

株価への刺激策はそれにつきます。

 

これは、要は平均、1日500億を日銀が買うということ。

ETFですから、当方が得意とするような個別銘柄を買うというわけではありませんが、地味に毎日の日経平均等の底上げにはなります。

 

ではなぜ売られているのか・・・というとここは読みづらいが、

原油安から来る外国の株価の軟調さ・・・と言われています。

が、アメリカ側は原油安は痛手であるが、景気は順調に回復しており、もう一段の利上げを年内にも、という話が再度出ていますし、利上げとなれば円安方向では?というところ。

しかしながら円高方向に進んでいるということで、想定外の動きとなっています。

 

それであっても、基本的な考え方はETFでの底上げからの堅調さが出てくると見ておりますし、妙な出来事等なければ下押しの可能性は低いと考えておりますので、現状は継続路線、で考えております。

 

夏場、セクターで攻める可能性もあります。

個別、低位株などもチョイスしています。

どうもさくらインターネット(3778) 3778 株価と銘柄情報 、セレス(3696) 3696 株価と銘柄情報 などフィンテックは相場になりにくいようで、状況次第では切るつもりでもおりますが、

相場を見ながら判断していくのでよろしくお願いいたします。

 

なお、気になるリスク銘柄リファインバースはまだ継続します。

全体相場に流されて下げた結果になりましたが、もう少し我慢してみます。

 

フリークアウト(6094) 6094 株価と銘柄情報 も継続。

 

任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 、その関連から携帯バッテリーのHameeも継続。

任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 と直接関係ないがCRI・ミドルウェア(3698) 3698 株価と銘柄情報 も継続。

 

切る可能性が高くなっているのは、セレス(3696) 3696 株価と銘柄情報 と、さくらインターネット(3778) 3778 株価と銘柄情報 、エボラブルアジア(6191) 6191 株価と銘柄情報 といったところです。

 

正直な話厳しく、むずかしい相場です。

 

今年の1~4月は難相場の中フィンテックと不動産でしっかり上昇を掴めましたが、

この夏場まだそういったセクターがありません(ポケモンはありましたが、乗り切れず)

 

次のセクターを考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします(現在ではポケモンGOの第2弾がそろそろでは?と思っており、

任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 とHamee、さらにはマクドナルド(2702) 2702 株価と銘柄情報 やアプリックス(3727) 3727 株価と銘柄情報 が面白いのでは・・・とみてはおります)

【相場観】新興市場に資金が入る雰囲気無し。任天堂(7974)下げ渋り。

新興市場に資金が入る雰囲気がありません。

また、任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 下げ渋っています。

ここのところの相場をけん引したのが任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 ですが、そういったところから脇の銘柄であるとか、新興などに資金が向かってもいいところにも関わらず、動きがないどころか下げ一辺倒。

理由というのは特に見えないですが、やはり今日の日銀の発表がネックか。

 

まず、日銀の発表は、すでにコンセンサスでは追加緩和自体は折込済。

これが万が一なかったとすると、日経平均で1000円級の下げがあるかもしれません。

さすがにここで梯子を外す(追加緩和なし)ことはしないと思いますが、こればかりは発表と反応を見るしかありません。

基本路線は継続。

 

任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 は下げ渋りつつある。

任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 の上げが終わるとともに、他の銘柄にも資金が戻ってくる予想をしていましたが、任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 が下げても新興に資金が戻る気配はない。

つまりは、任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 と他銘柄は、密接にかかわりあったバッテリーやマクドナルドなど以外はさほど変わりはなく、そのマクドナルド(2702) 2702 株価と銘柄情報 でさえも株価がさほど上がっていませんし、ポケモンGOは思ってた以上にただの過熱であったと言えます(あくまで現段階では)

 

しかし、いずれは再度見直されて再度上昇してもおかしくない材料ですし、押し目は拾っていく方向性です。

 

Hameeなど、利確を推奨しつつ続けている銘柄もありますし、

エボラブルアジアやセレスなど資金に見放されてつつあるものもあります。状況次第では切りますが、現状では継続します。

【推奨銘柄】7●●● 今後の展開予想と、追加と、連動する買いやすい銘柄

現在推奨中の7●●●の動きと、その展開予想、

また、連動する買いやすい銘柄等を紹介していきたいと思います。

 

最初に、悪材料の発表から下落していますが、下落局面は買い場だと判断しています。

任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報

 

まず1単元あたりが200万以上と高いので、購入されている会員様も少ないと思います。

株価は3万を超え、その後、悪材料(任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 が、ポケモンGOの営業に対する寄与は限定的であるとのIR)が出ての下落局面。

偶然にしろ紹介タイミングが悪くなってしまったことは否めません。

 

しかし、この銘柄としてはナンピンで対処していきたいところ。

 

7月27日の決算としては、ポケモンGOの寄与はないでしょう。

また今回の決算でポケモンGOに対する話題もさほど良いものはないのではというのがコンセンサス。

サプライズ的に期待を持てるような話が出れば株価が上昇しやすくなる要因を秘めそうです。

 

実際のところ寄与率が低いとはいってもポケモンGOの売り上げの可能性、またそこから発生する任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 へのフィーを考えると、全く寄与がないかというとそんなことはないと見ています。

考え方としては、押し目は狙いたいと言ったところ。

 

というわけで、昨日も申し上げていた通り22000円、ナンピンで考えています。

しかしながら下でも買いたい、という手段となりますので、金額的に厳しければロスカットして別のものをやるべきでしょう。

推奨としては22000円ナンピンで、18000円で再度ナンピンして、材料性を見て反発を待ちます。

 

ポケモンGOが一過性のもので終わらないと見ての判断ですので、むずかしい判断でもあります。

単元も大きく、拘束されやすいので、分散できるならばよいですが、分散できないならばアッサリ見限って別のものに注力したほうがいいとは思います。

 

さて、ポケモンGO関連として、任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 に繋がる動きをするセカンダリ銘柄があります。

任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 をやるのはきついがポケモンGOの動きに乗りたい、

そう考えるのであればファーストチョイスの銘柄が

 

マクドナルド(2702) 2702 株価と銘柄情報

 

こちらが面白いと思います。

推奨とはしませんが、任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 の動きをトレースするような動きになっていることもあります。

日経平均先物が任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 ならば、ミニ日経平均先物がマクドナルド(2702) 2702 株価と銘柄情報 といったような感じです。

 

単元的にも任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 は厳しいが、マクドナルド(2702) 2702 株価と銘柄情報 なら30万ほどで買えますし、こちらのほうがオススメかもしれないと考えております。

 

 

 

【銘柄レビュー】各銘柄レビュー

相場としては、任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 の業績寄与限定IRによって、ポケモンGO関連が下落。

一端ポケモン関連の終焉という形で、他の銘柄に徐々に資金が移って行っている状態。

 

ポケモンGOを直接に狙いにいく場合、

任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報

マクドナルド(2702) 2702 株価と銘柄情報

あたりは外せない銘柄となりますが、そのあたりの銘柄が下落。

 

逆に位置情報関連銘柄があげたりしています。

 

この任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 関連からの資金回帰を考えて銘柄も選ぶ必要がありますね。

また、今後の中期的視点での任天堂(7974)の動きも考えて行く必要があるでしょう。

 

それでは、現在推奨中の銘柄レビューです。

 

Hamee(3134) 3134 株価と銘柄情報

 

右肩上がり。

さすがに調整局面ではありますが、本日もチャートは上から始まり、右上への動き。

Hamee(株)【3134】の株価チャート

どこまで上がるかわかりませんが、こういった上昇トレンドですべて利確してしまうのは勿体ないことになることも多い。

会員様へは1000円台で紹介した銘柄。

利確しつつ、継続注目でいいと思います。

 

ロゼッタ(6182) 6182 株価と銘柄情報

状況は悪くないと思います。

 

(株)ロゼッタ【6182】の株価チャート
 
本日上げているわけではありませんが、窓埋めからの反転に期待。
鍋底型を引いてくると面白い。
とりあえず陽線からの反転が期待されます。
 
任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報
 
任天堂(株)【7974】の株価チャート
 
非常に残念な動きとなってしまいました・・・
が、押し目は狙いに行きます。
22000円、17000円、等の安値はナンピン、いずれ3万方向への戻りもと考えています。
業績修正も、なんだかんだでいずれは出ると見ています。
ポケモンGOの収益体質はともかくとして、数千億の売り上げ、そのうちの7%がフィーになると予想されていますから、業績として織り込んでいるかというとそういうものでもないと思います。
短期スイングで考えていましたが、悪材料に寄り下げた。しかし、長期的視野で見ます。
 
 
CRI・ミドルウェア(3698) 3698 株価と銘柄情報
ゲーム関連、VR関連。
言うことなしの動き。
 
(株)CRI・ミドルウェア【3698】の株価チャート
 
あとは4450円を抜けるかどうかです。
 
フリークアウト(6094) 6094 株価と銘柄情報 も状態は悪くないと思います。継続。
 
ジェイリース(7187) 7187 株価と銘柄情報
切るかどうか微妙なところですが陽線であれば継続してみたい。
おかしな下落なければ、引けまで眺めます。
 
 
他気になっているのは
フューチャーベンチャーキャピタル(8462) 8462 株価と銘柄情報
セレス(3696) 3696 株価と銘柄情報
フュトレック(2468) 2468 株価と銘柄情報
ストライク(6196) 6196 株価と銘柄情報
日本ラッド(4736) 4736 株価と銘柄情報

 

このあたりを見ております。

必要があれば別途紹介してまいります。

【相場観】マクドナルドストップ高など ポケモンGOの影響力

 

お疲れ様です。

 

ポケモンGOの影響力が計り知れない状況となっています。

 

本日も任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 は上昇。

位置関係銘柄

アイリッジ(3917) 3917 株価と銘柄情報

ビーマップ(4316) 4316 株価と銘柄情報

アプリックス(3727) 3727 株価と銘柄情報

等が上昇

 

ビーマップ(4316) 4316 株価と銘柄情報 、アプリックス(3727) 3727 株価と銘柄情報 はストップ高です。

またマクドナルド(2702) 2702 株価と銘柄情報 もストップ高。

ポケモンとコラボだったり、ゲームをする場所として注目されています。

 

さらに横展開で他の銘柄に波及する可能性もあるので、

CRI・ミドルウェア(3698) 3698 株価と銘柄情報 などゲーム関連銘柄は注目。

 

ただし、実際にゲーム、特にスマホ関連ゲームを出している会社

そういった会社には厳しい状況が待っているかもしれません。

 

銘柄自体はある程度、悪いものは整理しましたので、今日はこのまま継続予定です。

Hamee、CRIミドルウェアなどにも資金が集まっていますし、いいものはいい。

フリークアウト(6094) 6094 株価と銘柄情報 はダメですがLINE関連、そろそろさすがに調整もこのあたりまでではと見ています。

 

今日は特別なことがなければ継続でいきます。

このページの先頭へ