「最新の株価予想! 夢展望(株)(3185)」の検索結果一覧

最新の株価予想! 夢展望(株)(3185)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
夢展望(株)の株価チャート

【注目銘柄】本日注目のデイトレ銘柄のご紹介。これだけでも勝負できると思います、本日の寄り引け銘柄!

おはようございます。

本日もどうぞよろしくおねがいいたします。

 

注目のデイトレ銘柄、寄り引け銘柄のご紹介です。

この銘柄だけでもやっていけると思われる銘柄をチョイスしておりますので、ぜひご参考に。

銘柄情報まとめ

【買い】

オービス(7827) 7827 株価と銘柄情報

ユニバーサルエンターテインメント(6425) 6425 株価と銘柄情報

 

【売り】

アイビー化粧品(4918) 4918 株価と銘柄情報

夢展望(3185) 3185 株価と銘柄情報

東洋電機製造(6505)

 

に本日、注目です。

寄り引けでの期待銘柄です★

 

特にオービス(7827) 7827 株価と銘柄情報 が安く寄った場合は面白そうです。

 

【買い】オービス(7827) 7827 株価と銘柄情報

会社の時価総額の約半分の助成金9億円以上を国からプレゼント!調整局面は買い場と判断します。

見解

オービス(7827) 7827 株価と銘柄情報 に注目したいと思います。

3月31日に、2018年10月期第2四半期に9億4300万円の補助金収入を特別利益に計上すると発表。
広島県福山市で建設中の木材福山工場の生産設備に対し、広島県から「次世代林業基盤づくり事業(合板・製材生産性強化対策事業)」にかかる補助金の交付決定通知を受けた。

これにより、3日前には時価総額15億円くらいだった同社に、国から9億円以上の補助金(=助成金)が降りた。

助成金は、売上の中から出す利益ではないので、純キャッシュとして交付される。
会社としては数年分の利益を一括で貰える事になる。
これにより、今期のEPSは約400円(PER3倍)、来期もEPS260円(PER4倍台)予想と、大きく上がった株価で見ても割安感が強い。

また、助成金などのお金は配当で分配する事も多いので、配当まで上がれば非常に魅力的な投資と言える。
あと、近日の個別株の地合いが悪く一極集中相場になりやすい為、同社が買われる可能性も高いと予想して買い推奨!

【買い】ユニバーサルエンターテインメント(6425) 6425 株価と銘柄情報

カジノ法案で海外カジノ好調。しかし公募増資で窓空け下落。下落局面となったユニバを押し目買い推奨!

見解

ユニバーサルエンターテインメント(6425) 6425 株価と銘柄情報 に注目したいと思います。

パチスロ台はレトロ台ブームで好調、更にレトロキャラグッズ販売も順調。最近のメイン事業のカジノも、ラスベガス・マカオでウィンと共同経営し、フィリピンに新カジノオープンと良い調子でした。

しかし、カジノの資金を公募増資で調達と発表、4700円→3200円割れまでの3割下落。

現在の株価は、業績的にも再来期PER10倍、PBR1倍予想で、そろそろアク抜けできるチャート。
押し目買いのポイントとみて買い推奨です!

【売り】アイビー化粧品(4918) 4918 株価と銘柄情報

高値圏で三羽烏(黒三兵)出現!美容液の大ヒット相場も終焉の可能性が高いと見て売り推奨

見解

アイビー化粧品(4918) 4918 株価と銘柄情報 に注意したいと思います。

営業利益3.5倍、一株利益約4倍の大ヒットとなった同社の美容液。
上場記念配400円の高配当も手伝い、2014年時は1000円台だった株価が、9900円まで上昇するも、高値圏で天井サインである三羽烏(黒三兵)が出現して、昨日は反発するもここからは上値が重くなるので、売り推奨とする。

PERも30倍前後、PBR11倍と十分買われた感が強い為、しばらく調整が必要と予想します。

【売り】夢展望(3185) 3185 株価と銘柄情報

RIZAP効果で上場廃止免れて株価2倍に。しかし、短期的には押し目を作りやすいポイント。よって売り!

見解

3月31日にRIZAP(2928)と物流管理業務に関するコンサルティング、Eコマース(電子商取引)の支援業務にかかわる覚書を締結すると発表。

債務超過4億円に陥っていた同社は、このままだと上場廃止でしたが、RIZAPグループが救った格好になる。

しかし、同社の大株主は元々RIZAP。
保有比率は73.54%から78.54%に増えただけであり、上場廃止対策であったと言えます。

また、赤字額が大きいのと今回の物流管理業務やEコマースでどれだけ利益を出せるかは未知数であり、盛り上がっている今が売り時かもしれません。

チャート的には、1000円~1400円までは戻り売りが多いので、1400を超えた場合に買いサインが点灯となります。

【売り】東洋電機製造(6505)

東洋電機製造(6505)に注意したいと思います。

見解

研究発表で暴騰した澤藤電機の再来を期待するもチャートが悪いので売られやすいポイント。売り目線とします。

5日に、東京大学大学院新領域創成科学研究科の藤本博志准教授らの研究グループと、日本精工(6471)との共同研究で、道路に敷設したコイルから、インホイールモータへの走行中給電による実車走行に成功したと発表しました。

研究グループは、道路に敷設したコイルからインホイールモータに直接、走行中給電できる「ワイヤレスインホイールモータ2号機」を開発し世界で初めて実車での走行に成功した。

今回の技術は、道路のコイルから走行中の車のインホイールモータへ磁界共振結合方式でワイヤレス給電するもの。
従来から検討されている走行中給電技術の多くは、道路のコイルから車載バッテリへワイヤレス給電する方法で、今回の技術のほうが、効率が良くなるとのこと。

しかしながら、研究発表で暴騰した澤藤電機(6901) も、一時落ち着くと結局売られてしまっています。

研究・開発発表での株価の動きより、出来高の多い2500円までに目先天井を付けると予想して売り目線とします。

 

 

【無料情報】【IPO】3/7上場ロコンド(3558)初値予想と銘柄評価。初値株価に投資妙味はあるか?

3/7上場のIPO銘柄。ロコンド(3558) 3558 株価と銘柄情報 を紹介します。

銘柄情報

◆会社名: ロコンド(3558) 3558 株価と銘柄情報
◆事業内容:通販サイト「LOCONDO.jp」の運営、プラットフォームサービスの提供
◆関連セクター: 小売業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・スタートトゥデイ(3092:東証1部)予想52.36
・夢展望(3185:マザーズ)予想-

◆公開価格 想定発行価格1660円 時価総額はOA含め、30.0億円程度 
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 有り。
◆大株主 VCと(株)アルペンなどの企業他は、会社関係者。
◆ロックアップ 株主によって90日間、1.5倍
◆上場市場:東証マザーズ
◆PER:-倍

IPOスケジュール

抽選申込期間 2月17日(金)~2月23日(木)
当選発表日 2月24日(金)
購入申込期間 2月27日(月)~3月2日(木)
上場日 3月7日(火)

所見

この会社は、「業界に革新を、お客さまに自由を」という経営理念の下、「自宅で試着、気軽に返品」できる、靴とファッションの通販サイト、「LOCONDO.jp」を軸とするECサービと、ECサービスで構築したIT・物流インフラ等を共有・活用したプラットフォームサービスの2つを運営しています。

「ECサービス」では、自社運営のショッピングモールサイト「LOCONDO.jp」、楽天市場・Yahoo!ショッピング等の他社モールにて展開する「LOCOMALL」を通じて各ブランドの商品を販売しています。
「LOCONDO.jp」においては、ユーザーに対して、「即日出荷」、「送料無料」、「サイズ交換無料」、「返品送料無料」のサービスを提供していますが、一部の例外があります。
ECサービスは、その仕入形態に応じて、受託型と買取型に分類されます。

受託型は、各ブランドがテナント方式で出店を行い、出店後の運営管理をロコンドが行うサービスです。各ブランドの店舗に掲載する商品をロコンドの物流拠点に受託在庫として預かり、販売を行っています。
買取型との主な違いは、各店舗の基本的なマーチャンダイジングをテナント側が実施すること。また、受託販売形式であるためロコンドが在庫リスクを負担しないことが挙げられます。

買取型は、各ブランドからファッション商材等の商品を仕入れ、自社在庫を持つことでロコンドが在庫リスクを負担し、販売を行うセレクトショップ型事業です。
当サービスに係る売上高については、商品の販売価格により計上しています。
なお、販売形態による分類はありますが、取扱高管理や販売促進施策等は販売形態による区別をしていないため、ECサービスとしてまとめています。

プラットフォームサービスは、大きく分けて以下の3つに分けられます。
第一に、ブランドの自社公式EC支援「BOEM(Brand’s Official E-commerce Management)」は、「LOCONDO.jp」等の運営のために構築しているECシステムや物流インフラ等のプラットフォームを共有・活用するサービスです。
各ブランドが独自に運営するECサイトのシステム開発やデザイン制作等のウェブサイト構築だけでなく、物流請負、顧客応対請負、マーケティング請負等、必要に応じて各種物流関連業務を支援するものです。
当サービスに係る売上高については、ECサービスの受託型と同様に販売された商品の手数料を受託販売手数料として計上しています。

第二に、物流倉庫業務を一括受託する、「e-3PL(3rd Party Logistics)」サービスを営んでいます。
ロコンドのプラットフォームを共有・活用し、各ブランドの在庫を「各ブランドの自社公式EC + リアル店舗の在庫」としてロコンドが保管し、各ブランドの自社公式ECサイトの出荷だけでなく、各ブランドのリアル店舗や他社が運営するECサイトへの出荷業務を担っています。
本サービスを導入することにより、各ブランドは物流倉庫を持たずに事業運営が可能となり、大幅なコスト削減ができます。

第三に、ロコンドのプラットフォームを利用した「LOCOCHOC」、その機能を拡張した「LOCOCHOC-D」サービスを提供しています。
「LOCOCHOC」では、「LOCONDO.jp」に出店しているブランドや小売店を対象に、各ブランド等のリアル店舗において欠品が生じた場合、店舗に並んでいない商品をユーザーが要望する場合に、店舗で注文を受け付けることが可能になります。
店舗で支払いを済ませたら、ロコンドの物流倉庫からユーザーの自宅又はリアル店舗に「LOCONDO.jp」と同水準のサービス「即日出荷(一部例外あり)」で直送することが可能なサービスです。

業績・財務面

ここからは、業績・財務面を見てみます。

売上は、年度ごとにバラツキが見られます。経常・純利益においては、赤字続きでしたが平成28年11月期で黒字転換しています。
自己資本比率は58.2%、営業キャッシュフローはマイナス、現金同等物はプラスとなっております。2期連続で、営業CFがマイナスなのは気になります。

まとめ

この会社は、業績面でずっと赤字続きでした。直近は黒字になりましたが、売上も微妙な推移で、今後、黒字が続いていくことは難しいように感じます。

規模も大きめの案件で、大株主にVCがいて、ロックアップが掛かっていないVCもあるので、ネットを介した小売業とはいえ、初値がどのように形成するのかも見えにくいため、資金に余力が無ければ、様子見姿勢でも良いかもしれません。

マザーズでは中型 80億超えの時価総額の銘柄となり、大幅上昇も望みにくい。

予想初値としては、想定価格1660円に対し、1600円~1800円。余裕があれば、想定割れも考慮した上でならありですが、ほかにいったほうがいいのではないか?と思います。

また、最近のIPOで、銘柄によっては決算がいきなり悪いということもよくあるので、安定している会社以外は決算持ち越しなどの戦略も控えたほうがいいかもしれないため、保留のほうが安心ではないでしょうか。

 

このページの先頭へ