「最新の株価予想! ファーストブラザーズ(株)(3454)」の検索結果一覧

最新の株価予想! ファーストブラザーズ(株)(3454)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
ファーストブラザーズ(株)の株価チャート

【IPO】【リスク有り銘柄】新規IPOから

最新のIPOから注目される銘柄を1つ紹介

Fブラザーズ(3454) 3454 株価と銘柄情報

 

完全割り切りです。

ALBERT(3906) 3906 株価と銘柄情報 がSTOP高したことから、他のIPOにも資金がむきやすくなる格好。

昨日の2176円を抜けるかどうかが焦点か。

 

1980円割れロスカットで、完全に割り切りタイプの銘柄です。

リスク高いですし動きが早い場合、都度のタイミングでのご案内等は難しいので、

そういったリスクを許容出来る場合は有りでしょう。

 

ただしALBERT(3906) 3906 株価と銘柄情報 が弱くなると、資金が逃げる可能性があるのでそこは注意。

 

現在2080円です。時価OK狙いです。

【リスク有銘柄】IPO銘柄 紹介中のIPOについて

http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/riskon/3454/

 

IPO銘柄 リスク有銘柄となりましたが、明暗わかれる形となりました。

 

本日、寄り付かない可能性が高いと思っていましたが、寄り付いたのが

MDV(3902) 3902 株価と銘柄情報

 

もう少し、しっかり説明すればよかったと反省しています。今日は寄らないと考えておりました。

「こちらは会社的にはアトラ以上に要注目・・・なのですが、本日は寄らないでしょう。

もし寄るなら買い」

 と、していましたがあっさりとSTOP高となりました。

この銘柄、プラチナチケットとなるかもしれない。持っているならば継続としていきたいところ。

 

 

逆に、

アトラ(6029) 6029 株価と銘柄情報

リスクをこれでもかというほどお伝えしていたので、

腕に覚えがある方がやっているかどうかというところだと思いますが、こちらはかなり悪い状態で引けてしまいました。

こういう動きもありえますので、IPOはハイリスクハイリターンであると申し上げている通り。

プラチナチケットとならず申し訳ありません。

 

明暗分かれる形となりましたが、今日寄り付けば買いであると申し上げていたMDV(3902) 3902 株価と銘柄情報 のほうで相殺できればと思っております。

 

 

また、JIA(7172) 7172 株価と銘柄情報 は堅調、文句なしだと思います。

そして、FFRI(3392) 3392 株価と銘柄情報 も堅調。こちらはチャート、値動き的にそろそろ反発もとにらんでいます。鍋底型形成に期待。また、3000円どころはなかなかに底堅いので、今後の展開に期待しています。

 

 

本日は一応ダウは強い展開。

原油高問題から発端している外部市場、そろそろ落ち着くとみております。

今日、ここからどうなるかはわかりませんが、見解についてはまた朝に紹介させていただこうと思います。

 

それでは、また朝の、会報でお会いしましょう。本日もお疲れ様でした。

【リスク有銘柄】本日のIPO銘柄の一角 光と闇が同時に見える状況-前場引け

http://fidelia.unifas.co.jp/meigara/riskon/3454/

こちらで紹介しております、本日のIPOの一角

アトラ(6029) 6029 株価と銘柄情報 前場終了間際に寄り付き。

アトラは、超リスク高を許容の元であれば買いであるとお伝えした通りです。

ただし、1単位で数万簡単にマイナスになる可能性のあるリスクを許容する必要があります。

それを許容したうえであれば、本日の寄りはプラチナチケットになるかもしれない、ということです。

逆に最悪のチケットになる可能性も許容する必要があります。

 

そして、寄りで買ったならば、今のところいい展開です。後場強くなるといいと思います。

 

 

・・・が、ここで別のIPOを見ておいてください。

マークラインズ(3901) 3901 株価と銘柄情報

前場引けの、とんでもない売りの板を確認できます。

こんな状態になってしまう、というリスクも許容した上でなければ、やれるものではありません。

こういう状態になってしまう可能性があることを、理解したうえで、ギャンブル的に、

「いい銘柄が安く寄り付いたから勝負をする」

のであれば、あり、の戦略です。

闇雲に、IPO銘柄を狙っても上手くいきません。

割安であるとか、人気度と比較すると少し高いが狙う価値がある、等といったものを狙う必要があります。

 

そのあたりご承知の上で、アトラを売買するか考えるようにしましょう。

品薄銘柄だけにプラチナチケットにもなる可能性がありますし、逆にドツボにはまる可能性もあるということです。

(ただし、VCがなく、さらにロックアップ売りがないことから、上場直後の利益確定売りは、大量には発生しにくい・・・という利点は、この銘柄は事実として、存在します)

 

いずれ、IPOとして、ねらえる銘柄かどうかを調べる方法なども公開したいと思います(人気が出る銘柄、割安感、狙えるものと狙えないもの等の考え方等)

このページの先頭へ