「最新の株価予想! (株)力の源ホールディングス(3561)」の検索結果一覧

最新の株価予想! (株)力の源ホールディングス(3561)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
(株)力の源ホールディングスの株価チャート

【スクリーニング】本日のデイトレ銘柄

本日のデイトレ銘柄です。

無料会員さま限定ですので、興味がある方は是非ご登録くださいませ。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

ここから先は「無料会員」限定の記事です。
無料会員登録すると、続きを見ることが出来ます。
無料会員登録の方法はこちら 》

残り:86文字 / 本文:155文字

【スクリーニング】週間用 寄り引け銘柄 注目★

週間用の寄り引け銘柄です。

現在の注目として紹介したいと思います。

こちらは有料会員様限定・・・といたします。

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【スクリーニング】デイトレ用 寄り引けスクリーニング銘柄

デイトレ用 寄り引けスクリーニング銘柄です。

現在面白いとみている銘柄なので、ぜひ参考にしてみてくださいませ。

少しリスクの高い銘柄も色々入っています(特に売り方)

 

無料会員様への限定お届けですので、ぜひご登録くださいませ。

 

ここから先は「無料会員」限定の記事です。
無料会員登録すると、続きを見ることが出来ます。
無料会員登録の方法はこちら 》

残り:84文字 / 本文:217文字

【スクリーニング】【気になる銘柄】本日のデイトレ、寄り引け銘柄 無料会員様特典☆

今週の注目の銘柄です。

この銘柄だけでも良好なパフォーマンスを得ることができると自負しております。

興味がある方は是非無料会員にご登録くださいませ。

ここから先は「無料会員」限定の記事です。
無料会員登録すると、続きを見ることが出来ます。
無料会員登録の方法はこちら 》

残り:137文字 / 本文:215文字

【スクリーニング】【気になる銘柄】今週の週間銘柄 無料会員様特典☆

今週の注目の銘柄です。

この銘柄だけでも良好なパフォーマンスを得ることができると自負しております。

 

ここから先は「無料会員」限定の記事です。
無料会員登録すると、続きを見ることが出来ます。
無料会員登録の方法はこちら 》

残り:304文字 / 本文:364文字

【相場観】予想通りの日経平均の下落が来ております。

お疲れ様です。

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【気になる銘柄】力の源ホールディングス (3561)元祖とんこつラーメン「一風堂」人気で公募価格の6倍達成・・・しかし、ここからは株価バブルを懸念して月間売り推奨!

銘柄情報

力の源ホールディングス (3561) 3561 株価と銘柄情報

判断は売りです。

見解

3月22日に上場した、博多名物のとんこつラーメン「一風堂」の上場という事でIPO市場はフィーバーしました。

同社のファンダメンタルは、売上は約200億円、2割増収ペース。

一株利益は23.6円予想。
株価3200円でPERは138倍。
来期予想でもPER112倍であり、現在の株価はバブル状態であるのは明白!

PBRについても、株価3200円の時点でPBR15倍オーバーとなっています。
たしかに、株はときに行き過ぎるものではありますが、「行き過ぎもまた相場」という印象を受けます。

個人に人気がある銘柄ですから、人気に拍車をかけるパターンになっているともいえますが、さすがに理論株価1000円以下の銘柄がIPOという事でプレミアム価格3000円オーバーは行き過ぎのように考えています。

いずれ、「そんな株価のときもあったな~」という形で、
思い出される日が来ると高確率で考えています。

現状、利確方向で見ています。
現在保有してる方は利益確定を推奨します!

小型株で飲食店以外のように業績の予想がつきにくい銘柄であれば、材料によっては、暴騰株価もあり得ます。
しかし、飲食関連に関しては同業種の飲食と比較されてしまう為、元祖のラーメン屋さん一本の同社が、今後も上昇を重ねて、さらなるバブルのような株価になる可能性はかなり低いと考えます。

ファンダメンタル

時価総額355 億円
予想PER138.53 [112.68]
実績PBR—
予想配当利回0.16% [0.16%]

チャート

 

PER、PBRの高騰を考えると、ここから更に上昇するには相当な材料が必要と思います。

上値の重さ、出来高の低迷から、ここから再度上げていくパターンにはなりにくく、売り目線であると予想です。

【IPO】3/21上場 力の源ホールディングス(3561)初値予想と銘柄評価。初値株価に投資妙味はあるか?

3/21上場のIPO銘柄を紹介します。

銘柄情報

◆会社名: 力の源ホールディングス(3561) 3561 株価と銘柄情報
◆事業内容:ラーメン専門店「一風堂」を中心に複数ブランドの飲食店を
展開する子会社の経営管理等
◆関連セクター: 小売業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・幸楽苑ホールディングス(7554:東証1部)予想-
・ハイデイ日高(7611:東証1部)予想24.50

◆公開価格 想定発行価格540円 時価総額はOA含め、6.2億円程度 
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 無し。
◆大株主 企業体の他は、会社関係者など。
◆ロックアップ 上位株主すべてに90日間
◆上場市場:東証マザーズ
◆PER:47.9倍

所見

ここは、博多ラーメン専門店「一風堂」、「RAMEN EXPRESS」、「SHIROMARU-BASE」、「五行」、「名島亭」などの複数ブランドを展開する国内店舗運営事業、海外にて「IPPUDO」ブランドを中心に展開する海外店舗運営事業、そば・ラーメンの製麺及び卸販売を中心とする国内商品販売事業を展開している会社です。

「国内店舗運営事業」においては、博多ラーメン専門店ブランド「一風堂」を中核に、複数ブランドの店舗運営を国内に展開しています。
昨今では、これまでに培ったノウハウと知名度を活用し、「RAMEN EXPRESS」「SHIROMARU-BASE」、「五行」、「名島亭」などの「一風堂」のサブブランドを立ち上げています。
その他、ちょい飲みとラーメンの立飲みスタイルをコンセプトとする「一風堂スタンド」や、サイズも糖質も2分の1をコンセプトとする1/2PPUDO(ニブンノイップウドウ)などの「一風堂」の新コンセプトショップの開発にも着手しています。

「一風堂」ブランドの更なる進化と価値向上に努める一方、アメリカンチャイニーズレストランチェーン「PANDA EXPRESS」の国内展開を始めとする多業種・多店舗展開にも着手しています。

力の源HDにおける国内店舗の運営形態には、直営形態と、社内独立支援制度(社内暖簾分け)による形態があります。
社内独立支援制度(社内暖簾分け)とは、店舗運営技術と企業理念への理解度、事業計画などを審査項目とする社内審査を通過した従業員が、退社したのちに会社を設立し代表取締役(店主)となったうえで、力の源HDの展開するブランドの店舗の運営に関する業務を受託する制度です。
主に暖簾分けの手法として用いている店舗運営委託契約は、店舗のオペレーション業務をアウトソーシングする形態をとることから、売上高は直営店と同様となります。
平成28年12月31日現在、国内の「一風堂」ブランドを中心に銀座店ほか24店舗(15店主)が暖簾分けでの運営となっています。

「海外店舗運営事業」では、北米(アメリカ)、欧州(イギリス、フランス)、アジア・オセアニア(オーストラリア、シンガポール・香港・中国・台湾・マレーシア・タイ・フィリピン・インドネシア)の世界12カ国・地域に拡大し、今後も世界各国への事業展開を積極的に進めていく方針です。
また現地における麺、スープなどの製造・販売にも事業を拡大しており、食材の生産、教育、商品開発、製造、流通、販売までを一貫して手掛ける事業モデルのグローバル展開を進めています。
その一方で昨今では、「IPPUDO EXPRESS」、「KURO-OBI」、「GOGYO」などの「IPPUUDO」に次ぐサブブランド・新ブランドの開発と展開にも着手しています。

「国内商品販売事業」では、業務用「信州蕎麦」を中心とした製造及び販売を行っています。中華麺やカップ麺、その他麺類、スープの製造などにも事業範囲を拡大し、法人から一般消費者に至るまで幅広い顧客層に対し商品を提供しています。

その他に、これまでに培ったノウハウを生かし、業態開発、商品開発、教育を中心とした飲食店のコンサルティング事業、フランチャイズ事業、海外における「中華麺」等の製造・販売及びコンサルティング事業、農業生産販売・体験農園の運営事業などを行っています。

業績・財務

ここからは、業績・財務面を見てみます。
売上高は順調に伸ばして来ているように見えます。経常・純利益では、年度ごとのバラツキがあります。
自己資本比率は20.6%で、営業キャッシュフローと現金同等物はプラスとなっています。

まとめ

非常に知名度の高いラーメン屋が上場になりますが、国内市場においては飽和気味です。ただ、世界に目を向けると、まだまだ成長段階ですので更なる成長性を感じます。一風堂は海外に現在60店舗展開しており、今回の資金調達で海外出店を加速させるとのことで、魅力があるIPOではないかと思います。
株主優待の導入もあるようなので、そのような連想買いも予想されます。ここは、積極的に申し込んで良いかと思います。

その他、現在要注目の銘柄

テンバーガー候補の注目銘柄です。すでに発進中。興味がある方はぜひご覧ください。

【リスク有り】【新規銘柄】テンバーガー候補 2●●● 無料会員様へ公開いたします☆

このページの先頭へ