「最新の株価予想! (株)エニグモ(3665)」の検索結果一覧

最新の株価予想! (株)エニグモ(3665)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
(株)エニグモの株価チャート

【相場観】【推奨終了】週末、GW前。場面としては無理するところではありません。

後場お疲れ様です。

場面としては無理するところではありません。

 

チャート的に良くないものは切っておく方向性とします。

良いもの、普通のものは残しておきます。

 

エニグモ(3665) 3665 株価と銘柄情報

こちらは微妙な場面ですが、反転もしてこず面白くないので、リスク管理も考えてカットしておきます。

1329円

 

ジェイテックコーポ

きっかけ次第だと思っていますが動かず。

逆に弱々しい展開で、IPOとしてもほかのものに資金をとられていく形かもしれません。

5月の新規IPO不在時に活躍するかもしれまんせが、

HEROZなどに資金が行くような感じもしますし、一旦見切り。

 

8370円。

 

逆にHEROZなど、反応次第では、反転局面を買いにいくことも考えております。

この株価であれば、おそらく分割もあるでしょうし、高すぎるが、業態的にも将来性が抜群のため、状況次第では狙いにいきます。

とくに5月のIPO不在時は活躍するかもしれません。

 

ほかの銘柄や相場については、GW前ということでまちまち。

特に面白みもないため、省略します。

【推奨終了】【銘柄レビュー】現在の銘柄レビューと推奨終了

後場お疲れ様です。

レビューと、チャートが良好でないものを切っておきます。

 

先程紹介しましたパルマ(3461) 3461 株価と銘柄情報 はストップ高もあっていい感じですが、どうせならストップ高で終わってほしいですね。

 

さて、残すのは

JTECコーポ(3446) 3446 株価と銘柄情報

エニグモ(3665) 3665 株価と銘柄情報

ジェイテック(2479) 2479 株価と銘柄情報

メディシノバ・インク(4875) 4875 株価と銘柄情報

パルマ(3461) 3461 株価と銘柄情報

テリロジー(3356) 3356 株価と銘柄情報

一家ダイニング(9266) 9266 株価と銘柄情報

弱いが農業総研(3541) 3541 株価と銘柄情報

 

です。

3446と9266は復帰しつつありますし、他も弱くはないので継続したいところ。

パルマ(3461) 3461 株価と銘柄情報 は大幅上昇に期待。リスクも高いですが。

 

 

LTS(6560) 6560 株価と銘柄情報 は2204円

ピーバン(3559) 3559 株価と銘柄情報 は2560円

どちらもチャートが悪いのでこちらで終了、としたいと思います。

 

農業総研(3541) 3541 株価と銘柄情報 は心配ではありますが、下ヒゲつけてくるとまた面白い展開となるかもしれませんし、継続。

パルマ(3461) 3461 株価と銘柄情報 が強ければ戻りも発生しそうだと思っております。

【注目銘柄】監視銘柄2選

どちらもリスク高い銘柄となりますが、注目できる銘柄を2つ紹介します。

動くなら大きく動く可能性高い。

 

①1つ目は、前評判の高いIPOのHEROZ(4382) 4382 株価と銘柄情報

明日上場。

公開価格上限4500円

予想では12000円~15000円あたりで寄り付くと予想。

つまり超ハイリスク。

 

事業内容は人工知能(AI)を活用したインターネットサービスの企画・開発・運営

将棋向けのAIを応用し、建設やゲーム、金融業界など向けにAIの技術を提供

将棋アプリもあり、そちらは会員数400万人超え。

将棋ブームも時流に乗った感じ。

 

初値1万突破はまずほぼ間違いないと言われています。

なにかとんでもないことがない限り、初値は来週でしょう。

 

無配、割高、VC銘柄というネガティブポイントもあるが、それ以上に事業に注目され、人気化するでしょう。

 

前評判は非常に高く、PKSHAに匹敵すると言われる。

思い切って、初値投資もありかと思いますが、超リスク高銘柄です。

しかし、余裕があるなら一本やってみたい銘柄となるでしょう

 

②パルマ(3461) 3461 株価と銘柄情報

時価総額60億~70億程度の会社であるが、郵政関連不動産となった。

日本郵政キャピタル、3665円で16万株の第三者割当増資を実施。

以前、フィル・カンパニー(3267) 3267 株価と銘柄情報 が、日本郵政キャピタルからの出資を受けたが、そのときからみると、フィル・カンパニー(3267)の株価はおおいに上昇。

 

こちらもハイリスクであるものの、大きい材料であるため、本日も買うことは難しいが寄ったときには買いでいってみたい銘柄。

面白い銘柄がないだけに、こうした大きな材料を持った銘柄は注目されそう。

時価総額も低めで、おおいに上昇する可能性もあります。

 

パルマは、ハイリスクとして、推奨しておきたいと思います。まだザラ場に寄っていないので(それまでは、引けで成り行きにしておきましょう。しかし、ほぼ買えないと思います。買えたら凄い。)、寄ったところから開始です。

【銘柄レビュー】相場が好転気味ですが、個別の推奨銘柄も良い動き。

後場お疲れ様です。

相場が好転気味ですが、個別の推奨銘柄も良い動きだと思います。

 

レビューしていきたいと思います。

 

エニグモ(3665) 3665 株価と銘柄情報

相場が強くても弱くても関係なし、徐々に綺麗に上昇していっています。

このまま上昇に期待ですが価格帯別出来高を見ると、1600円台は手強いかもしれません。

が、それを超えると2000円方向もありえる。

 

継続です。

 

テリロジー(3356) 3356 株価と銘柄情報

400円前半も最悪考えますが、セキュリティ関連として再度資金が入れば動きますし、400円前半は、特にもうひとつ押したところは、月足でみても買い場だと思います。

 

メディシノバ・インク(4875) 4875 株価と銘柄情報

材料はでましたがまだまだ地味。

2月、3月と月足では上髭つけていますが、4月は高値から始まっており、ここからどちらに動くか?

材料は出るか?

要注目。まだまだこれからだと思っております。

 

一家ダイニング

8000円台はやはり堅い。

あとはきっかけ次第。8000円割れるならば利益確定の方向性。

 

 

 

残念ながら、2つの気になる銘柄のうち、アクセルM(3624) 3624 株価と銘柄情報 は飛んでしまった。

LTSも押し目なかったのが残念ですが、注目したいと思います。

 

【相場観】ダウは自力反発。2日の急落の反動からの自力での反発だが特に材料性なし。日本はまちまち

ダウが自力反発を開始。

特に材料はない模様。

2日の急落の反動からの自力での反発だが特に材料性なし。日本はまちまち。

 

仮想通貨は新たなステージへ

金融庁が週内にも一斉処分

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28944290T00C18A4MM8000/

仮想通貨の市場はコインチェックの巨額流出でいったん縮んだが、その間に顧客資産の管理がずさんな業者は撤退する。

規制が厳しくなり、参入する業者は限られるようになるが、これをもって規制と、実際に参入する会社が決まっていく。

金融庁によると100社超が仮想通貨の交換業に参入する意向を示しており、サイバーエージェントやLINEなどが登録準備を進めている。

以前のようにボラティリティの高い動きは制限されそうですが、今までがかなり異常とも言える動きがあったので、成熟はこれからと言えるでしょう。

 

仮想通貨では現在セキュリティ系でテリロジー(3356) 3356 株価と銘柄情報 を紹介中。

この銘柄は期待継続です。

 

全体的に、相場・日経平均がいい割に相場の反応が悪い。

個別も動きなく、IPOも資金の移りが激しい。

 

バイオも動きがない。

他も、全体的に元気がない感じ。

 

今後の流は、

日経平均が19000円になる可能性もあるという考えで態勢を取る。

そのため、大きくポジションを取ることはないですが、

おもしろい銘柄に関しては、チャンスを狙う方向性で、いい材料など抱えている銘柄を狙います。

 

メディシノバ・インク(4875) 4875 株価と銘柄情報 などはその例で、方向性の違う材料がでたが、上を試しています。

 

エニグモ(3665) 3665 株価と銘柄情報 、一家ダイニングは内需。

 

あとは材料が出ていい押し目担った銘柄を狙う。

今狙っているのはアクセルM(3624) 3624 株価と銘柄情報 とLTSですが、LTSが下がってきました。もう少しLTSが下がれば、IPOの情勢によっては狙う可能性も。

また、アクセルM(3624) 3624 株価と銘柄情報 は1700円以下狙いなので現在様子見です。

 

面白い銘柄があれば紹介していくのはもちろんですが、現在は全体的に様子見、としたいと考えております。

チャート上はどちらに動くかまだまだ読めず、ここのところの日経平均の動きからすると、下降トレンドの中での上値が現状で、25日平均線をなぞりつつ再度下落という可能性もあるので(ダウが強いが日経が弱いあたり、全体的に買い意欲が足りない様子はある)しばらくこちらも様子見。

しかし大きくウリを仕掛ける場面でもないと考えるため、チャンスのみ狙っていきます。

 

【相場観】【銘柄レビュー】現在の相場感と銘柄レビュー

現在の相場観です。

本日の日本リビング保証で、IPOラッシュは一巡。

次は4月3日となります。

次のIPOは、3日、4日と続いたあとは10日になるため、一旦小休止といえるでしょう。

 

決算発表まで日があることから、テーマや材料株が物色されやすい傾向がでてきます。

IPOに関しても、一旦、注目される材料や会社の押し目をつけている銘柄が物色されそう。

 

和心、アジャイル、RPA、などが候補にあがるが、最初から高く、予想は非常に難しい。

いいタイミングで買える銘柄があれば攻めてみたいところ、としたいと思います。

 

ちょっと以前のIPOですが、一家ダイニングは継続して推奨中です。

 

個別としては、今推奨しているものを追いかけるのが基本。

仮想通貨からのセキュリティ関連でテリロジー(3356) 3356 株価と銘柄情報 あたりは物色されそうな感じがいたします。

チャートも良い。

 

推奨はしていないが、メドピア(6095) 6095 株価と銘柄情報 とアバールデータ(6918) 6918 株価と銘柄情報 も面白いでしょう。

 

ジェイテック(2479) 2479 株価と銘柄情報 は一旦調整か。

250円割れるならばロスカットを考慮する必要がある。

 

メディシノバ・インク(4875) 4875 株価と銘柄情報 が下落したのは本日は仕方ないとして、

エニグモ(3665) 3665 株価と銘柄情報 も地味ながら右肩上がりで、まずは1600円中盤までの上昇に期待がもて、月足を見ると、出来高や動き次第では2000円以上も見える。

現在、相場環境が不安定な状況を考えると、こうした内需的な銘柄は持って置きたい銘柄でしょう。

 

バイオは、もしかしたら陰りが出るかもしれませんので、新規については出すのは控えて、メディシノバ一本というイメージ。

 

面白い銘柄があれば紹介しますが、リスクについては現在も継続して考えており、要人の話次第でまた以前のような情況になる可能性もありますので、現状は維持方向で、追加銘柄については材料が出たり、材料期待、できるものを上手く捜して紹介できればと思います。

【相場観】円安から、堅調な相場。しかし

お疲れ様です。

円安から、堅調な相場となっております。

しかしながら、円安の幅に対して、日経平均先物の上げはいまいち大きくはない印象。

 

しかし、悪い形ではない。

が、最近の傾向として戻りは売られる傾向にもありますので、日経平均だけの上げであれば戻りはウリでしたが、円安方向であるので更に読みづらくはなりました。

 

あまり今は楽観視しておりませんし、チャートはいい形ではありませんので、様子見継続、個別狙いを展開という考えに変わりなし。

 

推奨銘柄は4つです。

メディシノバ・インク(4875) 4875 株価と銘柄情報

テリロジー(3356) 3356 株価と銘柄情報

一家ダイニング(9266) 9266 株価と銘柄情報

エニグモ(3665) 3665 株価と銘柄情報

 

エニグモ(3665) 3665 株価と銘柄情報 は1550円到達しました。

一家ダイニングも9000円回復。

メディシノバ・インク(4875) 4875 株価と銘柄情報 も反発です。

 

いい感じではありますのでこれらは継続。

テリロジー(3356) 3356 株価と銘柄情報 も、スイングでは550円ぐらいまでの戻りには期待です。

中有長期的には、今年の注目株にも成り得ると思います。仮想通貨の問題もあり、セキュリティ関連としての注目度は高い。こちらはスイング&中長期目線の銘柄となります。

【相場観】配当権利落ち+ダウ下落からの日経平均下げで、数値上非常にネガティブ

前場お疲れ様です。

配当権利落ち+ダウ下落からの日経平均下げで、数値上非常にネガティブな状況。

 

実は個別はそれなりに強いですし、エニグモ(3665) 3665 株価と銘柄情報 、一家ダイニング(9266) 9266 株価と銘柄情報 など、推奨の中でもプラス域なものもあります。

しかし、基本はかなり心理的には厳しいものがあるでしょう。

 

配当落ちは日経平均で160円程度の下落が追加されている。

よって、本日の下落幅は、現状では300円ぐらい、となります。

 

米国市場が売られたことが大きな要因で、その背景は、

中国の知的財産侵害に対し制裁関税を発動する構えとなっていることが要因。

世界貿易機関(WTO)で米中両国で意見の応酬があったと報道されたことが要因で、海外市場が大きく売られている。

 

要は貿易戦争継続、追加であります。

前日はそれが落ち着いたと報道されていたのにも関わらずという状況であるため、今年はこんなことが、要人による上下が続くでしょう。

相場としては非常にやりにくいと言えます。

 

 

やれる銘柄はほとんどない状況。

狙いに行きにくいため、資金の入っている材料が出た銘柄を狙うぐらいが基本で、下手にスイングで押し目を狙うと逆をやられやすい相場です。

 

銘柄は、ルーデン(1400) 1400 株価と銘柄情報 、メドピア(6095) 6095 株価と銘柄情報 、テリロジー(3356) 3356 株価と銘柄情報 、アバールデータ(6918) 6918 株価と銘柄情報 など、面白いものが実は結構あるのですが、今の相場で下手にやると飲み込まれそうな環境です。しかし、どれも面白い位置だとは思います。が、推奨にするには環境が悪い。

日経平均が20000円キープすると考えるならば買いにいきたいところですが、現状それも懐疑的であるので、今は推奨はしません。

もう少し、短期で資金が入っているものに目を向けるべきだと思いますが、しかし、これら4つは、チャート的にいい押し目だとは思います。

 

推奨は減るかもしれませんが、慎重に捜して参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

【銘柄レビュー】現在の推奨銘柄レビュー

現在の推奨銘柄レビューです。

昨日や、先週の金曜日の下落相場で下げなかった銘柄である

 

エニグモ(3665) 3665 株価と銘柄情報

1503円を抜いて、底固めから、1800円方向ありえるような動きです。

出来高もじょじょに出来てきており、3月は1月、2月に比べても大きくなってきていますから、注目できそうです。

スイングというより中期的ですが、円高でも問題ない会社なので期待。

 

一家ダイニング(9266) 9266 株価と銘柄情報

下落していますが、なかなか8000円どころの壁は厚く、安いところは買われています。

上も分厚い上に、出来高もないので今は迷っているところでしょうか。

飲食IPOは基本的に注目、安定のIPOなので、長期で持っておきたい。

 

メディシノバ・インク(4875) 4875 株価と銘柄情報

チャートを見れば、ここのところの調整も、1496円からのシンプルな調整と見え、次の反発では1500円を伺うような展開もありえると思います。

いい材料が出ればかなり大きな動きになると思いますし、材料期待で持ち越し。

 

 

 

スルー予定なのでさっくりと紹介しますが、

新規IPOのRPA(6572) 6572 株価と銘柄情報

盛り上がりすぎで初値上がりすぎのため、おそらくスルーになると思います。

 

 

株価的には買いたい銘柄も増えていますが・・・

また、全体相場のチャート、というよりもローソク足的には反発チャートになっていますが、

現在の相場は要人の発言次第なところもあるので、

基本的には様子見、狙いは個別のみでいきたいと思います。

 

先物も、カイ、ウリ、どちらか想定しづらいところ。

出すならばウリですが、先物ウリを出すならば、もう少し戻りが出てからのイメージです。

 

狙い目あればご紹介させていただきます。

【銘柄レビュー】【推奨完了】【相場観】トランプ政権の強権による下落

お疲れ様です。

トランプ政権の強権による下落。

中国との貿易摩擦が起こるかもしれない。

 

相場は、祈願し始めたら下落することが多い。

前回の下落のときは祈願というよりは方向性の見極めであり、どちらにいくかはわからないところでしたが、今回は破壊的。

 

19000円、もしかしたら18000円、あると見ての動きに変更します。

 

リスク管理のため一旦大きく外します。

 

昨日の監視銘柄にしていた

ピーバン

 

は停止。

 

推奨銘柄である、

シェアリング 2653円

ULSグループ(3798) 3798 株価と銘柄情報  1881円

JESCO(1434) 1434 株価と銘柄情報  518円

 

は切ります。

 

黒谷(3168) 3168 株価と銘柄情報 は微妙です、長期ではEVで盛り上がるのは間違いないと見ていますが、上の通り、相場が押すならばこちらも押す

ということで、744円(2分割しているので、1488円)で利益確定

 

上の情況に大勢影響ないと見る、一家ダイニングは継続。

 

円高の影響でプラスになりやすいエニグモ(3665) 3665 株価と銘柄情報 は継続。

 

バイオはオンコリスだけ外します。

720円。

 

メディシノバとブライトパスは、材料が出れば大きいと考えるため。

 

厳しいですが乗り越えましょう。

また、カイ一辺倒では今年はやれない可能性が高くなりました。

よって、売り方向(空売りもですが、先物売りも含めた対応)をしっかり出していく可能性が高いです。

 

先物口座と信用口座は是非開いておきましょう。

このページの先頭へ