「最新の株価予想! テクマトリックス(株)(3762)」の検索結果一覧

最新の株価予想! テクマトリックス(株)(3762)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
テクマトリックス(株)の株価チャート

【2020.3.23本日の注目株/推奨株】後場

お疲れ様です。

後場向けにコメント追記しました。

——

世界的に新型コロナウイルスの感染拡大、経済活動停止に歯止めかからず戻り売り戦略に変わりありません。

<相場直前コメント>

週末相場は米国のあらゆる経済対策と欧州の大規模緩和策などで上げましたが、結局コロナの勢いによる米国の一部や各国の鎖国化(イギリス/シンガポール)や外出禁止命令(インド/タイ)の連続で日経平均CFDでは15900円割れ(日経平均15700円)と最安値を更新中。

そろそろ買い場などと思ってる方は、真逆です。下落の開始は始まったばかりです。

根拠になりそうなデータと推定の安値抵抗ラインを書いておきます。

ボラティリティは大きいですが、下落相場は取り放題になると予想します!

世界の株安に都市封鎖が続く中、異次元緩和の金利の利下げ、QE(量的緩和@資金供給)、資金ばら撒き(ヘリマネ)と最終手段まで使い果たした米国市場(日本は既に打つ手なし、マイナス金利深堀りは保険/銀行の破綻に直結)

既に、先週だけで30兆円分のドルが撒かれ、実質破綻の韓国を始めとする国8ヶ国とスワップ協定を結んだ。

これは、単にデフォルト連鎖の回避にすぎないのが現実。

現在は、世界中で経済活動が止まる中、業績の見込みも立たない企業の株価の下落を止めようとしても、

資金で止まる問題ではない点が大きい。

今週は200兆円のドル供給を求めるなど、ドルの無限増刷に入る事で連鎖破綻を食い止めるのが精一杯という感じ。

ドルの異常な供給は、米国債の金利に現れてきており、0金利なのに米国債が売られて金利がジワジワ上昇している所が危険シグナル。

日銀のように、FRB発行の国債をFRBが買い取り、政府に資金を流すマネタイゼーションという禁じ手が大幅な速度で始まっている。

日銀は日本の資産を対象とする為、被害を食らうのは国民だが、米国債は全世界の中央銀行がダメージを食らう基軸通貨の米ドルの債権。

その米ドルの増刷スピードが異常に増えているので、究極までドルを刷り続けるしか手はない状況。

株価は売り仕掛けに合っても、買い支える銀行もお手上げより、まだまだ下落相場は継続と予想。

一般投資家のニュースに「今が買い!」と出てる時点で、売りが正解なのは丸分かりの現象と言える。

PBR1倍割れたから買いなのか?今後の業績と債権バブルという見えない最大の敵と、ドルの増刷は戦う事になる。

ドイツ銀行だけで、約7500兆円の債権(CLO:ジャンク債)と数京円のデリバティブ市場。

その大半は、ほぼ壊滅の中国市場と連動しており、中国の債務は3000兆円規模、

その後ろにシャドーバンキング(陰の銀行:日本のノンリコースローン)の債権は1.5京円。

ざっと計算して、世界中のお金約33京円分を米国に集約すれば何とかなるかも?というレベルまで達している事が分かる。

国家予算が500兆クラスで、今週の200兆円を出す事も米国債への悪影響から出さない可能性のある事から、

京クラスの債務をカバーする事は不可能と言えよう。

ちなみに、リーマンショック時は中国が経済成長中で米国債を300兆円、日本が100兆円買った事で、

何とか生き延びた米国は、その負債を負債と株価バブルで補って来た限界が来たという事は言える。

※今回の債権バブルは二桁ほど規模が違う為

既に、タイムリミットだけの問題と思うがワンクリックで資金は銀行間で供給できるので、

延命処置の時間は取れるだろうが、いつまで持つか?正直、そんなマクロ経済状態である。

一部の間では、ドルを異常に供給して、世界の優良株を安く買い占めようとする動きもあるようなので、

その場合、まだまだ下落相場で利益を伸ばすチャンスとも言える。

以下に、日米の株価の下値抵抗線を挙げている(現在の実質破綻水域は、日経13500~15000円、米ダウ:15000~18000ドル)

この水準を日銀とFRBによる資金の大量供給で下げる事は可能となる。

ヘリコプターマネーや世界中で発動されそうな「ベーシックインカム」制度により、

市場への資金の供給量は増やせる上、増やせる名目と経済状態と言える。

そういう意味で、世界のお金の価値は一気に箕臼化する事が予想される為、

現物資産の価値は相対的に上昇する原理原則が当てはまる時期が来るだろう。

そのXデーは、ある晴れた日曜日の朝やってくると言われている。

<大局的にみた下値抵抗縁>

【米NYダウ下値抵抗ライン】

18200ドル(米国策催促ライン@現在の債務超過ライン)
16000ドル(米国策催促ライン@現在の債務超過ライン)
13300ドル
6500ドル(リーマンショック時安値)

【日経平均株価下値抵抗ライン】

15000円(日銀催促ライン@現在の債務超過ライン)
12500円(日銀催促ライン@現在の債務超過ライン)
10800円
8200円(アベノミクススタートライン)
7000円(リーマンショック時安値)
5500円(日経ETF作成時株価)

<世界の株価>
https://sekai-kabuka.com/

<日経先物チャート>
https://n225chart.com/

<直近5日の日経平均先物>5:30時点

下値抵抗線:15860円、16000円、16890円 (割れると売りサイン)

上値抵抗線(目安):17200円、17350円、17590円、18230円 (接近して超えれなければ売りサイン、一時的に超えても再度割れると売りサイン)

 

<日経平均ボリンジャーバンド-3σ>
月足:16133円
週足:14865円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

【2020.3.23本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.3.23本日の注目株/推奨株】<相場直前コメント追加>

お疲れ様です。

3/23向けにコメント修正しました。指数系1銘柄を売り推奨に追加しています。

世界的に新型コロナウイルスの感染拡大、経済活動停止に歯止めかからず戻り売り戦略に変わりありません。

<相場直前コメント>

週末相場は米国のあらゆる経済対策と欧州の大規模緩和策などで上げましたが、結局コロナの勢いによる米国の一部や各国の鎖国化(イギリス/シンガポール)や外出禁止命令(インド/タイ)の連続で日経平均CFDでは15900円割れ(日経平均15700円)と最安値を更新中。

そろそろ買い場などと思ってる方は、真逆です。下落の開始は始まったばかりです。

根拠になりそうなデータと推定の安値抵抗ラインを書いておきます。

ボラティリティは大きいですが、下落相場は取り放題になると予想します!

世界の株安に都市封鎖が続く中、異次元緩和の金利の利下げ、QE(量的緩和@資金供給)、資金ばら撒き(ヘリマネ)と最終手段まで使い果たした米国市場(日本は既に打つ手なし、マイナス金利深堀りは保険/銀行の破綻に直結)

既に、先週だけで30兆円分のドルが撒かれ、実質破綻の韓国を始めとする国8ヶ国とスワップ協定を結んだ。

これは、単にデフォルト連鎖の回避にすぎないのが現実。

現在は、世界中で経済活動が止まる中、業績の見込みも立たない企業の株価の下落を止めようとしても、

資金で止まる問題ではない点が大きい。

今週は200兆円のドル供給を求めるなど、ドルの無限増刷に入る事で連鎖破綻を食い止めるのが精一杯という感じ。

ドルの異常な供給は、米国債の金利に現れてきており、0金利なのに米国債が売られて金利がジワジワ上昇している所が危険シグナル。

日銀のように、FRB発行の国債をFRBが買い取り、政府に資金を流すマネタイゼーションという禁じ手が大幅な速度で始まっている。

日銀は日本の資産を対象とする為、被害を食らうのは国民だが、米国債は全世界の中央銀行がダメージを食らう基軸通貨の米ドルの債権。

その米ドルの増刷スピードが異常に増えているので、究極までドルを刷り続けるしか手はない状況。

株価は売り仕掛けに合っても、買い支える銀行もお手上げより、まだまだ下落相場は継続と予想。

一般投資家のニュースに「今が買い!」と出てる時点で、売りが正解なのは丸分かりの現象と言える。

PBR1倍割れたから買いなのか?今後の業績と債権バブルという見えない最大の敵と、ドルの増刷は戦う事になる。

ドイツ銀行だけで、約7500兆円の債権(CLO:ジャンク債)と数京円のデリバティブ市場。

その大半は、ほぼ壊滅の中国市場と連動しており、中国の債務は3000兆円規模、

その後ろにシャドーバンキング(陰の銀行:日本のノンリコースローン)の債権は1.5京円。

ざっと計算して、世界中のお金約33京円分を米国に集約すれば何とかなるかも?というレベルまで達している事が分かる。

国家予算が500兆クラスで、今週の200兆円を出す事も米国債への悪影響から出さない可能性のある事から、

京クラスの債務をカバーする事は不可能と言えよう。

ちなみに、リーマンショック時は中国が経済成長中で米国債を300兆円、日本が100兆円買った事で、

何とか生き延びた米国は、その負債を負債と株価バブルで補って来た限界が来たという事は言える。

※今回の債権バブルは二桁ほど規模が違う為

既に、タイムリミットだけの問題と思うがワンクリックで資金は銀行間で供給できるので、

延命処置の時間は取れるだろうが、いつまで持つか?正直、そんなマクロ経済状態である。

一部の間では、ドルを異常に供給して、世界の優良株を安く買い占めようとする動きもあるようなので、

その場合、まだまだ下落相場で利益を伸ばすチャンスとも言える。

以下に、日米の株価の下値抵抗線を挙げている(現在の実質破綻水域は、日経13500~15000円、米ダウ:15000~18000ドル)

この水準を日銀とFRBによる資金の大量供給で下げる事は可能となる。

ヘリコプターマネーや世界中で発動されそうな「ベーシックインカム」制度により、

市場への資金の供給量は増やせる上、増やせる名目と経済状態と言える。

そういう意味で、世界のお金の価値は一気に箕臼化する事が予想される為、

現物資産の価値は相対的に上昇する原理原則が当てはまる時期が来るだろう。

そのXデーは、ある晴れた日曜日の朝やってくると言われている。

<大局的にみた下値抵抗縁>

【米NYダウ下値抵抗ライン】

18200ドル(米国策催促ライン@現在の債務超過ライン)
16000ドル(米国策催促ライン@現在の債務超過ライン)
13300ドル
6500ドル(リーマンショック時安値)

【日経平均株価下値抵抗ライン】

15000円(日銀催促ライン@現在の債務超過ライン)
12500円(日銀催促ライン@現在の債務超過ライン)
10800円
8200円(アベノミクススタートライン)
7000円(リーマンショック時安値)
5500円(日経ETF作成時株価)

<世界の株価>
https://sekai-kabuka.com/

<日経先物チャート>
https://n225chart.com/

<直近5日の日経平均先物>5:30時点

下値抵抗線:15860円、16000円、16890円 (割れると売りサイン)

上値抵抗線(目安):17200円、17350円、17590円、18230円 (接近して超えれなければ売りサイン、一時的に超えても再度割れると売りサイン)

 

<日経平均ボリンジャーバンド-3σ>
月足:16133円
週足:14865円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

【2020.3.23本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.3.19本日の注目株/推奨株】後場

お疲れ様です。

後場向けにコメント追記しました。

—–

3/17から大きく戻した銘柄は新規で売りやすいかと思います。

<相場直前コメント>

情報が多すぎる為、相場の予測が本日は困難です。

●昨日の夜中にトランプ大統領は、国防生産法という企業が国の言う事を聞くという一種の軍事下入り宣言→トランプの言いなり政権より今後の予測が付かないのが現状(30日の自宅待機+1人2000ドルの配布濃厚だが)

●EUは、緊急支援策で約75兆円の財政出動→これは上昇材料

●WHO事務局長「全ての人が感染する可能性」→今更言うなというイメージ

●イタリア/韓国→国債暴落中(どの債権問題が具現化しても債権デフォルト連鎖となる)

●米国では預金下ろす人が殺到→銀行封鎖を既にみんな警戒してます

総合的に考えて、3連休前なので、買い持ち越し厳禁です!

個人的には、高い所を売りを入れておくのみと言った所です。

米国はドルを刷りまくって、ヘリマネから戒厳令に近いような処置を取った事は、

株価の下落を止められないと判断したと予想されます。

それくらい、世界のどの国も経済が止まるという今まで経験した事のない体験をしています。

ウィルスとの戦争という表現がピッタリだと思います!

皆さんもウィルスに負けないように対策と免疫力UP、そして現金を出しておくという事をしておいても良いかもしれません。

いつ何が起こるか分かりませんし、米国民は良く分かってるので国や銀行は国民を守ってはくれませんので!

キャッシュ+安全資産(金・銀)を現物で保有する事だけが、万が一の備えになります。

あと、食糧の備蓄などは豚肉が早くも中国から入らず高騰してきてますので、今の内に大きな冷凍庫に備蓄というのも、万が一に備えるという事だと思います。

人類上、経験した事がない事が現在起こっている。よって、非常事態の対策は「あらゆる最悪の事態に備える」

これしかありません!

休日でも追加レポート出せれば整理して出しますので!

<世界の株価>
https://sekai-kabuka.com/

<日経先物チャート>
https://n225chart.com/

<直近3日の日経平均先物>21:00時点

下値抵抗線:15860円、16030円 (割れると売りサイン)

上値抵抗線(目安):16310円、16640円、17320円、17590円 (接近して超えれなければ売りサイン、一時的に超えても再度割れると売りサイン)

 

<日経平均ボリンジャーバンド-3σ>
月足:16267円
週足:14971円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

【2020.3.19本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.3.19本日の注目株/推奨株】<ムチャクチャな相場!直前コメント追加>

お疲れ様です。

3/19向けにコメント修正しました。

3/17から大きく戻した銘柄は新規で売りやすいかと思います。

<相場直前コメント>

情報が多すぎる為、相場の予測が本日は困難です。

●昨日の夜中にトランプ大統領は、国防生産法という企業が国の言う事を聞くという一種の軍事下入り宣言→トランプの言いなり政権より今後の予測が付かないのが現状(30日の自宅待機+1人2000ドルの配布濃厚だが)

●EUは、緊急支援策で約75兆円の財政出動→これは上昇材料

●WHO事務局長「全ての人が感染する可能性」→今更言うなというイメージ

●イタリア/韓国→国債暴落中(どの債権問題が具現化しても債権デフォルト連鎖となる)

●米国では預金下ろす人が殺到→銀行封鎖を既にみんな警戒してます

総合的に考えて、3連休前なので、買い持ち越し厳禁です!

個人的には、高い所を売りを入れておくのみと言った所です。

米国はドルを刷りまくって、ヘリマネから戒厳令に近いような処置を取った事は、

株価の下落を止められないと判断したと予想されます。

それくらい、世界のどの国も経済が止まるという今まで経験した事のない体験をしています。

ウィルスとの戦争という表現がピッタリだと思います!

皆さんもウィルスに負けないように対策と免疫力UP、そして現金を出しておくという事をしておいても良いかもしれません。

いつ何が起こるか分かりませんし、米国民は良く分かってるので国や銀行は国民を守ってはくれませんので!

キャッシュ+安全資産(金・銀)を現物で保有する事だけが、万が一の備えになります。

あと、食糧の備蓄などは豚肉が早くも中国から入らず高騰してきてますので、今の内に大きな冷凍庫に備蓄というのも、万が一に備えるという事だと思います。

人類上、経験した事がない事が現在起こっている。よって、非常事態の対策は「あらゆる最悪の事態に備える」

これしかありません!

休日でも追加レポート出せれば整理して出しますので!

<世界の株価>
https://sekai-kabuka.com/

<日経先物チャート>
https://n225chart.com/

<直近3日の日経平均先物>21:00時点

下値抵抗線:15860円、16030円 (割れると売りサイン)

上値抵抗線(目安):16310円、16640円、17320円、17590円 (接近して超えれなければ売りサイン、一時的に超えても再度割れると売りサイン)

 

<日経平均ボリンジャーバンド-3σ>
月足:16267円
週足:14971円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

【2020.3.19本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.3.18本日の注目株/推奨株】後場

お疲れ様です。

後場向けにコメント追記しました。売りで1銘柄追加しています。

—–

<相場前コメント>

既にドル不足が多発する米国で1人一律1000ドルの支給、更に上場企業の融資を受け負う政策が打ち出されました。

日本でも1人5万円の供給を打ち出して株価は反発して終了しています。

しかし、この政策はどんな金融緩和も通じない事から発動された最後の究極の政策となります!

所謂、ヘリコプターから国民にお金をばら撒くような現象から、ヘリコプターマネー(通称 ヘリマネ)と呼ばれ、財政破綻寸前にしか発動されません!

実際、米国は株価の時価総額で保っている現状から、高値から30%下がると債務超過に陥る危険水域まで約16営業日で下がった事から、最終手段を出さざるを得なくなったと言えるでしょう。

実際、FF金利0%まで緊急利下げしたのに、米国債の金利が嫌な上昇を開始しています。

ドル通貨の信用が落ちている証拠となります。

また、今週は金曜日から三連休ですので、明日の木曜は換金売りが出やすい予想から、本日の高値圏は売りの最後の仕込み時になる可能性が高いです。

目先の、家計と企業の破綻を一時的に凌ぐだけの政策より、経済活動が活発になるのはネット通販などの一部の内需のみで、その他の企業は人の動きが止まると、とんでもない負債が発生します。

これが世界同時に起こってる事から、株価は恐ろしく下がるのは明白でしょう。

リバウンドした方が下落幅も大きくなる事から、今日の高値は何でも売りポジションを推奨です!

既に、世界の債権問題には時限爆弾に火が灯った状態です‼︎

今までに経験した事のない下落を体験する事になると思います★

この一生に一度しか無いピンチをチャンスに変えながら、現物資産でリスクヘッジを行う‼️

この両方が必要最低条件です。

230年続いた資本主義の崩壊相場とも言われてます。

世界の動きを見ていると確実にそっちの方向に向いています!

所謂、ワンワールド(ニューワールドオーダー)が構築される瞬間が近づいていると思います‼︎

歴史的な瞬間を爆利に変えれる手法を全て伝授して行きますので、お任せ下さい♪

※ヘリコプターマネー(英語:helicopter money、略称:ヘリマネ)は、中央銀行または政府が、対価を取らず、国債買い入れで財政資金を供給して、大量の貨幣を市中に供給する究極の経済政策。

まるでヘリコプターから現金をドロップするように操作することから命名。

ただし、財政規律を損して、中央銀行のバランスシートは債務だけが増え、債務超過の状態になる。

その結果、中央銀行や貨幣に対する信認が損なわれる可能性があるため、平時には行われない。

<世界の株価>
https://sekai-kabuka.com/

<日経先物チャート>
https://n225chart.com/

<直近3日の日経平均先物>22:30時点

下値抵抗線:15860円 (割れると売りサイン)

上値抵抗線(目安):17110円、17590円、18230円 (接近して超えれなければ売りサイン、一時的に超えても再度割れると売りサイン)

 

<日経平均ボリンジャーバンド-3σ>
月足:16484円
週足:15140円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

【2020.3.18本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.3.18本日の注目株/推奨株】<究極の金融緩和ヘリコプターマネーが遂に始動!>

お疲れ様です。

3/18向けにコメント修正しました。

NYダウ、日経平均のリバウンドがなければ新規で売りもしにくく様子見が良いかと思います。

 

<相場前コメント>

既にドル不足が多発する米国で1人一律1000ドルの支給、更に上場企業の融資を受け負う政策が打ち出されました。

日本でも1人5万円の供給を打ち出して株価は反発して終了しています。

しかし、この政策はどんな金融緩和も通じない事から発動された最後の究極の政策となります!

所謂、ヘリコプターから国民にお金をばら撒くような現象から、ヘリコプターマネー(通称 ヘリマネ)と呼ばれ、財政破綻寸前にしか発動されません!

実際、米国は株価の時価総額で保っている現状から、高値から30%下がると債務超過に陥る危険水域まで約16営業日で下がった事から、最終手段を出さざるを得なくなったと言えるでしょう。

実際、FF金利0%まで緊急利下げしたのに、米国債の金利が嫌な上昇を開始しています。

ドル通貨の信用が落ちている証拠となります。

また、今週は金曜日から三連休ですので、明日の木曜は換金売りが出やすい予想から、本日の高値圏は売りの最後の仕込み時になる可能性が高いです。

目先の、家計と企業の破綻を一時的に凌ぐだけの政策より、経済活動が活発になるのはネット通販などの一部の内需のみで、その他の企業は人の動きが止まると、とんでもない負債が発生します。

これが世界同時に起こってる事から、株価は恐ろしく下がるのは明白でしょう。

リバウンドした方が下落幅も大きくなる事から、今日の高値は何でも売りポジションを推奨です!

既に、世界の債権問題には時限爆弾に火が灯った状態です‼︎

今までに経験した事のない下落を体験する事になると思います★

この一生に一度しか無いピンチをチャンスに変えながら、現物資産でリスクヘッジを行う‼️

この両方が必要最低条件です。

230年続いた資本主義の崩壊相場とも言われてます。

世界の動きを見ていると確実にそっちの方向に向いています!

所謂、ワンワールド(ニューワールドオーダー)が構築される瞬間が近づいていると思います‼︎

歴史的な瞬間を爆利に変えれる手法を全て伝授して行きますので、お任せ下さい♪

※ヘリコプターマネー(英語:helicopter money、略称:ヘリマネ)は、中央銀行または政府が、対価を取らず、国債買い入れで財政資金を供給して、大量の貨幣を市中に供給する究極の経済政策。

まるでヘリコプターから現金をドロップするように操作することから命名。

ただし、財政規律を損して、中央銀行のバランスシートは債務だけが増え、債務超過の状態になる。

その結果、中央銀行や貨幣に対する信認が損なわれる可能性があるため、平時には行われない。

<世界の株価>
https://sekai-kabuka.com/

<日経先物チャート>
https://n225chart.com/

<直近3日の日経平均先物>22:30時点

下値抵抗線:15860円 (割れると売りサイン)

上値抵抗線(目安):17110円、17590円、18230円 (接近して超えれなければ売りサイン、一時的に超えても再度割れると売りサイン)

 

<日経平均ボリンジャーバンド-3σ>
月足:16484円
週足:15140円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

【2020.3.18本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.3.17本日の注目株/推奨株】後場

お疲れ様です。

後場向けにコメント追記しました。指数系1銘柄追加しています。

NYダウの2997ドル安、VIXのリーマンショック超えより、全体的にはリバウンドを待って売りを入れたいところです。

 

—–

日経平均は日銀金融政策発表後に乱高下するも方向性は下、新型コロナウイルスの悪影響大きい業種の戻り売り戦略に変わりありません。

<相場直前コメント>

今日は昨日のNYダウの約3000ドルの下落、投資家の恐怖指数のVIXがリーマンショックを超えた事、またNYダウが大きな節目の20000ドルをほぼ達成した事から、売りポジションの利食い日と予想します。(半分~2/3ほど利食いして、半日~数日のリバウンドの可能性から戻り一杯を再度売りのつもりで)

世の中は、NYダウの過去最大の下落で大きく盛り上がっている時は総投げが出るので、メディアの逆が正解の法則より、今日は短期リバウンド入る可能性が高いと思います。

しかし、今回の下落の恐ろしい点は、経済がどんどんストップして行っている点。

安全資産の金や銀まで換金売り(倒産やファンドの解散、債権崩壊の処理の投げ売り、換金売り)が出ており、

中国では、ほとんどの国民の財産は没収された事からビットコインの売り需要が多すぎて、日本の価格より8%も安くなる程です。

ある意味、危険水域に入りつつある株価ですので、下落で利食いした資金の一部はゴールド(金)・シルバー(銀)に変えておくのもリスクヘッジとなります!

金は5g:3。5万円程度~(田中貴金属が良いです)、銀はネットで銀貨なども売っています(1オンス:約31gで4000円前後です)

今回はコロナをキッカケとして、世界中の債権がどんどん崩壊(デフォルト)して行ってるのが目に見えて分かるので、ドイツ銀行のデリバティブ債権やCLOを始めとするジャンク債などの問題が具現化した瞬間に、世界中の株価はこんな勢いではなく一瞬でクラッシュします。

よって、買いポジションの持ち越しは推奨しません。既に、いつ何が起こっても不思議ではない状況になりつつあります。

自分の資産は自分で守る。証券会社/銀行にお金を全額入れておいては危険なシグナルは多々出ています。

これは、職業的には損する事ですが、事実を伝える事がお客様の為ですので。

ちなみに、1921年の戦後デフォルトした時の金の価値は300倍になったという事だけお伝えしておきます!

現在の状態は、非常に近似している事から、有事の金、金融恐慌から通貨危機には金と銀だけが上昇しますので★

P.S。昨晩から先物のトレンドラインを引き続けていますが、最も重要なポイントは日経先物16550円の現在の上値抵抗線になります。(日経平均では、16750円辺り)

ここを抜けると、短期リバウンドモードに入るチャートです。

また、先物の16100円(日経16300円)は下値抵抗線の重要な線ですので、もし下抜けすると15000円台の突入となると予想しています。

※先物と日経平均の200円の差は、3月の株主優待と配当権利落ちの差が約200円という意味です。

<世界の株価>
https://sekai-kabuka.com/

<日経先物チャート>
https://n225chart.com/

<直近3日の日経平均先物>18:00時点

下値抵抗線:16480円 (割れると売りサイン)、16300円(割れると強い売りサイン)

上値抵抗線(目安):16950円、17590円、18060円、18230円、18840円 (接近して超えれなければ売りサイン、一時的に超えても再度割れると売りサイン)

 

<日経平均ボリンジャーバンド-3σ>
月足:16477円
週足:15135円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

【2020.3.17本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.3.17本日の注目株/推奨株】<リーマンショック超えのNYダウの下落記録後の相場戦略を追記!>

お疲れ様です。

3/17向けにコメント修正しました。

日経平均は日銀金融政策発表後に乱高下するも方向性は下、新型コロナウイルスの悪影響大きい業種の戻り売り戦略に変わりありません。

<相場直前コメント>

今日は昨日のNYダウの約3000ドルの下落、投資家の恐怖指数のVIXがリーマンショックを超えた事、またNYダウが大きな節目の20000ドルをほぼ達成した事から、売りポジションの利食い日と予想します。(半分~2/3ほど利食いして、半日~数日のリバウンドの可能性から戻り一杯を再度売りのつもりで)

世の中は、NYダウの過去最大の下落で大きく盛り上がっている時は総投げが出るので、メディアの逆が正解の法則より、今日は短期リバウンド入る可能性が高いと思います。

しかし、今回の下落の恐ろしい点は、経済がどんどんストップして行っている点。

安全資産の金や銀まで換金売り(倒産やファンドの解散、債権崩壊の処理の投げ売り、換金売り)が出ており、

中国では、ほとんどの国民の財産は没収された事からビットコインの売り需要が多すぎて、日本の価格より8%も安くなる程です。

ある意味、危険水域に入りつつある株価ですので、下落で利食いした資金の一部はゴールド(金)・シルバー(銀)に変えておくのもリスクヘッジとなります!

金は5g:3。5万円程度~(田中貴金属が良いです)、銀はネットで銀貨なども売っています(1オンス:約31gで4000円前後です)

今回はコロナをキッカケとして、世界中の債権がどんどん崩壊(デフォルト)して行ってるのが目に見えて分かるので、ドイツ銀行のデリバティブ債権やCLOを始めとするジャンク債などの問題が具現化した瞬間に、世界中の株価はこんな勢いではなく一瞬でクラッシュします。

よって、買いポジションの持ち越しは推奨しません。既に、いつ何が起こっても不思議ではない状況になりつつあります。

自分の資産は自分で守る。証券会社/銀行にお金を全額入れておいては危険なシグナルは多々出ています。

これは、職業的には損する事ですが、事実を伝える事がお客様の為ですので。

ちなみに、1921年の戦後デフォルトした時の金の価値は300倍になったという事だけお伝えしておきます!

現在の状態は、非常に近似している事から、有事の金、金融恐慌から通貨危機には金と銀だけが上昇しますので★

P.S。昨晩から先物のトレンドラインを引き続けていますが、最も重要なポイントは日経先物16550円の現在の上値抵抗線になります。(日経平均では、16750円辺り)

ここを抜けると、短期リバウンドモードに入るチャートです。

また、先物の16100円(日経16300円)は下値抵抗線の重要な線ですので、もし下抜けすると15000円台の突入となると予想しています。

※先物と日経平均の200円の差は、3月の株主優待と配当権利落ちの差が約200円という意味です。

<世界の株価>
https://sekai-kabuka.com/

<日経先物チャート>
https://n225chart.com/

<直近3日の日経平均先物>18:00時点

下値抵抗線:16480円 (割れると売りサイン)、16300円(割れると強い売りサイン)

上値抵抗線(目安):16950円、17590円、18060円、18230円、18840円 (接近して超えれなければ売りサイン、一時的に超えても再度割れると売りサイン)

 

<日経平均ボリンジャーバンド-3σ>
月足:16477円
週足:15135円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

【2020.3.17本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.3.16本日の注目株/推奨株】後場

お疲れ様です。

後場向けにコメント追記しました。

日銀が前倒しで金融政策決定会合を本日正午から開くとのことなので様子見姿勢です。

—–

日経平均は2018年12月の安値(18949円)割れで月足ヘッドアンドショルダートップの強い売りサインですが、短期では下がり過ぎのためリバウンドあってもおかしくない状況です。

NYダウが週末1985ドル高のため日経平均も週明け大幅上昇スタート濃厚なため、個別株の新規買いも新規売りもまずは様子見が良いかと思います。

日経平均は月足ヘッドアンドショルダートップの強い売りサインなので、2018年12月の安値(18949円)付近までの戻りや、リバウンド止まれば個別株も売り時と現時点では考えています。


<追記:米金利の緊急利下げ実施‼>

世界的な債権バブル崩壊からドルを大量供給しても間に合わないとの判断から先ほど、ドルの緊急利下げが発表。

既に、崩壊を止める方法は出し切ってしまった形になっています。

これ以上の下落は危険水域に突入してきます。

金利を下げる事は金融緩和で基本良いのですが、そこまでしないとイケない状況であると投資家は認識している可能性は高く、日経の戻りは鈍いと予想されます。

先物市場は、17000円~18500円の大きなボックス相場で、戻った所は売りが正解な気がします。

既に、日経・米ダウ共に更なる国策催促相場に突入しており、売り方優勢な状況は変わらず。

戻り一杯を売り。それまでは静観が良いと思われます。

買いの持ち越しだけは辞めておきたい局面が当面続きそうです!

<直近3日の日経平均先物>3/14 5:30時点

下値抵抗線:16480円、16760円、16960円 (割れると売りサイン)

上値抵抗線(目安):18230円、18840円、19450円、19980円 (接近して超えれなければ売りサイン、一時的に超えても再度割れると売りサイン)

 

<日経平均ボリンジャーバンド-3σ>
月足:16797円
週足:17243円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

【2020.3.16本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.3.16本日の注目株/推奨株】<米緊急利下げによるレポート追記しました‼>

お疲れ様です。

3/16向けにコメント修正しました。注目銘柄に1銘柄売りで追加しています。

日経平均は2018年12月の安値(18949円)割れで月足ヘッドアンドショルダートップの強い売りサインですが、短期では下がり過ぎのためリバウンドあってもおかしくない状況です。

NYダウが週末1985ドル高のため日経平均も週明け大幅上昇スタート濃厚なため、個別株の新規買いも新規売りもまずは様子見が良いかと思います。

日経平均は月足ヘッドアンドショルダートップの強い売りサインなので、2018年12月の安値(18949円)付近までの戻りや、リバウンド止まれば個別株も売り時と現時点では考えています。


<追記:米金利の緊急利下げ実施‼>

世界的な債権バブル崩壊からドルを大量供給しても間に合わないとの判断から先ほど、ドルの緊急利下げが発表。

既に、崩壊を止める方法は出し切ってしまった形になっています。

これ以上の下落は危険水域に突入してきます。

金利を下げる事は金融緩和で基本良いのですが、そこまでしないとイケない状況であると投資家は認識している可能性は高く、日経の戻りは鈍いと予想されます。

先物市場は、17000円~18500円の大きなボックス相場で、戻った所は売りが正解な気がします。

既に、日経・米ダウ共に更なる国策催促相場に突入しており、売り方優勢な状況は変わらず。

戻り一杯を売り。それまでは静観が良いと思われます。

買いの持ち越しだけは辞めておきたい局面が当面続きそうです!

<直近3日の日経平均先物>3/14 5:30時点

下値抵抗線:16480円、16760円、16960円 (割れると売りサイン)

上値抵抗線(目安):18230円、18840円、19450円、19980円 (接近して超えれなければ売りサイン、一時的に超えても再度割れると売りサイン)

 

<日経平均ボリンジャーバンド-3σ>
月足:16797円
週足:17243円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

【2020.3.16本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

このページの先頭へ