「最新の株価予想! (株)フィスコ(3807)」の検索結果一覧

最新の株価予想! (株)フィスコ(3807)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
(株)フィスコの株価チャート

【推奨銘柄】【銘柄レビュー】【相場観】相場観と現在の銘柄レビュー 大きい材料の出ている、有名銘柄が上昇中。クレジット系銘柄も上昇。

地合いが良いこともあり、

全体的に強いですが、やはり局所的な動きが大きいのは、去年もそうでした。

 

今年は、下の動きも考えなければなりませんので注意しながらではあるものの、年初は強い。

問題は、日経平均が21000円に近づいたとき、どこのあたりで売りが入ってくるか。

そして悪材料が出る(あるいは以前の悪材料を蒸し返す)か。

 

基本的に、FRBが利上げを渋っていて、トランプ氏も大統領選のために株価を安定させたい、といったことを世間が認識している間は、株価は下げづらくはなります。

そのため、今年は安定的になる可能性はあると言えるでしょう。

ただ、チャートトレンド的には、21000円~は下降トレンドの上値のトレンドラインなので、注意です。どこかで売りに転じていく戦略を取る可能性もあります。

 

さて、前置きが長くなりましたが、

2銘柄について

 

大塚家具(8186) 8186 株価と銘柄情報

400円回復となりました。一時408円

押し目はやはり買い場であって、一貫して買い推奨。

2月まではまだ日がありますから、ここから感じはしています。

12月25日に作ってしまったシコリは大きいですが、強い足ですので、2月の本決算までに抜いてくる可能性は十分あると思います。

 

BBSec(4398) 4398 株価と銘柄情報

2100円突破。大陽線

文句なしの動きだと思います。

利益確定はお任せします。

1500円付近の底値を割っていかなかったので、新規IPOの枠組みではないにしろ、そういったところの資金は入ってくるかもしれない。

継続です。

 

他、フィスコ(3807) 3807 株価と銘柄情報 などありますが、

フィスコ(3807) 3807 株価と銘柄情報 は長期です。だらだらした展開ですがこれ以上下げていく可能性も低いのではないかと予想中です。

【監視銘柄】【推奨銘柄】【新規銘柄】現在の監視銘柄、推奨銘柄レビュー

推奨銘柄の一角

BBSEC(4398) 4398 株価と銘柄情報 はいい動きですね。

半分利益確定するイメージで、残りついていくでいいと思います。

本日2000円超えたものの、さすがに息切れ。

11月~1月の上値トレンドラインを引くと、だいたい1900円~2000円ぐらいで息切れしそうなのは見えていましたね。

 

ただ、明日以降については、ちょっと調整の上、上への動きになる可能性もあるので、半分ぐらい売って継続でみてみたい。

 

ハンセンベア(2032) 2032 株価と銘柄情報 は中期的銘柄です。

大塚家具(8186) 8186 株価と銘柄情報  2月上旬までのイメージです。が、もし決算でいいものが出たら、上になって止まらない可能性も。

それほど売られていると思います。もし再建となれば、再建する会社は株価が倍増、3倍増、ということも珍しくありません。

 

フィスコ(3807) 3807 株価と銘柄情報 は長期。

 

監視のヒビノ(2469) 2469 株価と銘柄情報

1900円台のいい調整があっての反発。

【相場観】【監視銘柄】全体的な相場観

1900円前半ぐらいで買いたいとしていましたが、1951円はありました。

ここからいい反発に期待しています。

銘柄性は良いのでここからでも買いでしょう。

 

テラ(2191) 2191 株価と銘柄情報 は微妙。

他のバイオで強いものも多いので、買ってもいいかもしれません。

その場合、260円割れロスカットなど早い見切りでもOKでしょう。

 

IPOについては、強いもの弱いものがはっきり。

読みづらいので、スルーです。

 

 

ここで新規銘柄を1つ紹介します。

エンカレッジ・テクノロジ(3682) 3682 株価と銘柄情報

現在セキュリティ関連が強いが、その出遅れ。

単純にセキュリティ関連としては人気薄であるが、金融関係でもあり、動意の可能性はあると思います。

 

買いは時価 1330円付近

利益確定は1500円付近~状況次第

ロスカットは思い切って上のほうで、1990円としたいと思います。

 

決算は良い。2Qで経常利益、80%超えと非常に良い。

決算前期待ありえますので、買いとしてみたい。売られた場合は1200円台前半でナンピンを入れてみたい。

 

【相場観】現在の相場観

相場状況としては、

日経平均チャートは窓空けからの、上昇。

先週のダウの上昇から考えると、平常運転です。

 

基本的に下降トレンド入していると考えるため、

日経平均としては、チャートをシンプルに見ると

21,000円あたりは下降トレンドの上限で、売り目線。

 

余裕があるのであれば、20200~500円で1回、21000円で1回、といったイメージで日経平均先物売りを仕掛け、

それでも上がるようであれば22000円付近での売りを交えていけば、新しいド級の好材料がでない限りは、戻り売りで売りが入ると予想。

 

ちなみに、ド級好材料というのは今まで下げの原因となった

今年の米利上げが無くなる(一応スタンダードで2回だが、1回になるとも言われている)

米中問題の解決(そうカンタンには解決しないでしょう)

このあたりか。

 

FRB議長の急遽ハト派発言が、どこまで市場に影響するかが注目ですが、

頑張っても110円といったところで、115円~のような世界にはそうそうならないでしょう。

 

アップル問題についてはそもそもあの大きなサイズの携帯が15万、となるとそう売れるとも思えなかったのは一般的になりつつあります。

 

日本は対策がほとんどない状態が怖いところ。

米は利上げ停止でもかなりの好影響。

バランスシート縮小停止、場合によっては利下げも不可能ではないと思われる。

日本は、現状でマイナス金利。

出口戦略はこれを解除、ETF買い入れ終了、バランスシート縮小、となると日本の株価はほぼ下落するでしょうし、株価を下げるわけにもいかないため、それは2020年オリンピック終了までは出さないのではと思いますが、悪材料は今後も続くと予想されます。

 

基本は、日経平均や日本株で考えていくこととなるので、

個別銘柄以外は日経平均は戻り売りが基本戦略。

 

今、日経平均先物売りを入れるならば、それはかなりの積極策。

20500円、21000円、22000円、といった広い視野での戻り売りを仕掛けて行くかもしれませんので、準備はしておきましょう。

 

今、推奨銘柄は2個で、大塚家具(8186) 8186 株価と銘柄情報 と、フィスコ(3807) 3807 株価と銘柄情報 のみ。

これらは長期予定。

 

さきほど、TDSEとEduLabは終了しましたが、その後EduLabが上昇。

EduLabを持っているならば、継続でも良いでしょう。

その場合、下落した場合は、あっさり見切るつもりでいくとよろしいでしょう。

 

 

【推奨銘柄】買い銘柄は限定的。厳しいが、戻りは売りで。

まずは、買い銘柄は2銘柄とします。

それ以外は基本的に切っておく方向性のほうがよいでしょう。

 

ISM景況感の大幅下落は痛い。

 

買いのまま行くのは

フィスコ(3807) 3807 株価と銘柄情報

大塚家具(8186) 8186 株価と銘柄情報

の2銘柄。

 

底値感のあるこちらの2つを中長期で持つ以外は、

買いでは勝負しづらいでしょう。

 

状況次第で買い銘柄もいれますが、

戻りは売りと判断しますし、

下手すればダウ18000ドル、日経平均15000円などという数字も普通に出てくる1年になりそう。

 

いわば底探りの一年となる可能性もあると考え、買いよりは売りのほうが戦略を立てやすいでしょう。悪いものを追いかけるのは今年は危険。

まずは買い銘柄をこの2本に絞っていきます。

【相場観】【銘柄レビュー】相場観&銘柄レビュー

相場観です。

9:22に、

JQ平均が高値更新

その後、上値追いは止まったものの、10時28分現在、20000円まで戻ってきました。

 

面白そうなのは、EduLab(4427) 4427 株価と銘柄情報

昨日は大きく下落したが、場面的には反発、上値追いとなってもおかしくはない。

 

本命はTDSE(7046) 7046 株価と銘柄情報 なので

追いかけませんが、余裕があるならば追っても面白いかもしれません。

 

コンビニ2社(ポプラ、スリーエフ)は買い場。

オプトエレ(6664) 6664 株価と銘柄情報 も決算はよかったので押したところは買いたい銘柄。状況に比べると思ったよりも下げなかった印象はある。

 

大塚家具(8186) 8186 株価と銘柄情報 は、思った以上に下落したが

材料出てのイッテコイに近いような現状の場面は買ってみたい銘柄。

 

来年のことを考えれば、フィスコ(3807) 3807 株価と銘柄情報 も、これ以上下げれない所まで来ているので、200円前半は買いだと思います。

下落相場にも巻き込まれず200円どころはキープしたことからも、悪材料なければ、これ以上下げにくい展開になるのではと思います。

 

相場としてダウが上昇した原因は

理由は特にないが

トランプ氏が、米経済は割と好調で、株は安くなったので、買いだと発言したことが主。

これだけで問題点払拭とはなるまいが、ある程度戻す力はありそう。

年末年始に入るので微妙ですが、持ち株は、基本継続路線で、と考えております。

【銘柄レビュー】現在の銘柄レビュー

長期銘柄についてはどうしても下方向ですが、持ち株として持っていきます。

たとえば、来年期待の

フィスコ(3807) 3807 株価と銘柄情報 などはこの下落相場でも下げていない。

すでに決算悪など織り込んで、次の展開といったところです。

 

基本的にIPOや直近銘柄ですが

ユニファミマ(8028) 8028 株価と銘柄情報 は空売りはピッタリとハマりました。

高かったので、この全体相場でなくてもある程度下がったとは思っていますが、下落相場に乗って15000円も割れてきました。

まだ継続。

 

TDSE(7046) 7046 株価と銘柄情報

いい形で上昇中。

他のIPOも強いので、こればかりではなく、見送ったポートがストップ高になるなど、

正直なところよくわからない状態にはありますが、

オーソドックスにいけば、TDSEは銘柄的には上だと見ています。

 

ベルトラは500円以上だったのでスルーです。

 

テノは、この銘柄も良い銘柄なので継続とします。

 

それにしても、IPOの中でも、EduLabやポートなど、

わかりづらい銘柄が上、の展開になっているので、今回のIPOは予想が難しい。

少し外していったほうが当たるのかもしれませんが、こればかりはなんとも言えないところです。

理だけでは測れず。

 

大塚家具は買えそうにないか。

引け間際には株数も増えるので、比例配分で入れれば運良しといったところです。

 

コンビニ2社(ポプラ、スリーエフ)、フィスコ(3807) 3807 株価と銘柄情報 、オプトエレ(6664) 6664 株価と銘柄情報 など。

他の銘柄はすべて継続とします。

 

【相場観】【推奨完了】リセッション警戒

シンプルにリセッション警戒相場

FOMC控え持ち高解消の動き。

米国株、ダウ平均507ドル安。

9カ月ぶり安値

 

マザ先行で日経平均も下げている。

 

ややこしいのは、ダウは下抜けしたが日経平均は下抜けしていないことで、

ここで売る判断がしづらいところ。

 

ただ、ここでリセッションであれば

来年は下げる可能性は高くなってくるので、ここは戻りがあれば売りに入る予定と考えます。

 

というわけで、リスクはこれ以上追わず、売りのときの鉄則に方向性を変えます。

カイで勝負しづらい状態になるため、方向性を変えていきます。

 

昨日持ち越したツクイスタッフも売り込まれ。3605円撤退とします。

今年のIPOはほとんどダメかもしれません。

 

銘柄製の悪くないアクリートも下抜け。925円撤退。

 

VALUENEXも、戻りを試すこともなく。3050円撤退とします。

 

シリコンスタジオ(3907) 3907 株価と銘柄情報 も下抜けそうなので1181円で撤退。

リスク下げるために、UBICOM1040円、バンクイノベ1679円

メディアシーク689円と撤退します。

 

なお、コンビニ2社 M&A方向なので、ポプラ、スリーエフは残す。

来年期待のフィスコ(3807) 3807 株価と銘柄情報 は安いので継続。

唯一強いオプトエレ(6664) 6664 株価と銘柄情報 はもう少し残します。

 

ダウチャート、日経チャートの売り鮮明が出てくるのを待ったため

売り遅れた感が出てしまったが、

次の一手を打てるようにしますので、お待ちくださいませ。とにかく来年のりセッションからの

日経平均20000円割れやダウ23344ドル割れからの下降トレンド入り警戒体制です。戻れば売りにいく予定とします。

 

また、日経平均先物売り

空売り

など使っていく可能性が高まってきましたので、お知らせしておきます。

【銘柄レビュー】銘柄レビュー

マザーズ大反発。

新興がずっと弱々しかったですが、

マザーズが反発し、反発チャートの個別銘柄増えてきた。

 

ここから12月らしい展開になるのか?

期待しましょう。

 

Ubicom(3937) 3937 株価と銘柄情報

オプトエレ(6664) 6664 株価と銘柄情報

メディアシーク(4824) 4824 株価と銘柄情報

シリコンスタジオ(3907) 3907 株価と銘柄情報

 

あたりが、反発チャート鮮明。

特にUbicomとオプト

 

他の銘柄も継続でいきます。

 

VALUENEX(4422) 4422 株価と銘柄情報

決算持ち越したくないところが売っている模様。

継続でいきますが、決算前に売られるというのは、なにか裏でリークがある場合もあります。

そのため、リスクを取らない場合は外しておいたほうがいいでしょう。

 

スリーエフ(7544) 7544 株価と銘柄情報

こちらも下げていて申し訳ありませんが、長期トレンドに変更はありません。

下値は買っていきたい。

 

フィスコ(3807) 3807 株価と銘柄情報

こちらも同じく、長期目線。

ZAIF買収による、業績の変貌に期待です。

 

 

【相場観】貿易摩擦による売りが継続

先週末の相場は、米中貿易摩擦懸念で米株大幅安が継続となった。

米株安を嫌気し、全体的に売りが膨らむ。

すでに日経平均下げていますが、

日銀買い観測で、下値では買いが入るでしょう。

 

チャート的には、ここが底のラインで、ここを下抜けるとまずいことになるので、

逆に言えば、死守してくるライン。

この位置から下は、売り方にとっても売りにくい場面。

 

12月という年末、上がりやすいアノマリーのあるときだが、

厳しい相場であります。

厳しい場面なので、ここを下抜けた場合は長期トレンドも変化と考え、

先物ウリなど売りから入る方向性も考えていきます。

 

底値カイしてみたいのは、

まだもう一つ調整ほしいがアドウェイズ(2489) 2489 株価と銘柄情報

監視です。400円台前半があれば狙ってみたい。

 

フィスコ(3807) 3807 株価と銘柄情報

決算がよくないのはわかりきっていること。

売られすぎと予想。

 

コンビニM&A予想(時期はわからないが)ポプラとスリーエフ

 

これらは鉄板として、いれていきたいところだと考えております。

【銘柄レビュー】現在の銘柄レビュー

現在の銘柄レビューです。

監視として、押し目狙いの銘柄

イトクロを紹介していましたが、これは、よくある押し目狙いのパターン

押し目待ちに押し目なしのパターン

 

よくあることですが、当方では良くあるので

シンプルに買いだったようです。

 

良い銘柄なので、もしここから調整があっても狙いにいくかもしれませんので、監視だけしておきましょう。

 

ほかはまちまちですがレビューしていきます。

 

アジアGHD(1783) 1783 株価と銘柄情報

動き待ち。

悪材料から下落したが、ここで下げ止まりを見せるならば、まだ上昇トレンドの中にあります。

上値重たくなるかもしれないが継続。

 

AWSホールディングス(3937) 3937 株価と銘柄情報

いい形なのですが、やはりこの銘柄は上が重たい。

本日陰線となると、いったん1100円付近ターゲットで押し目買いも視野に入れる必要ありです。

 

アイエックス・ナレッジ(9753) 9753 株価と銘柄情報

下げ止まるならば継続です。

チャートも下値支持。

持ち越しで継続

 

バリューデザイン(3960) 3960 株価と銘柄情報

こちらもAWSホールディングス(3937) 3937 株価と銘柄情報 と同じような雰囲気で高値で陰線。

押し目は買いに行くと面白い。3100円台といったところ。

 

オプトエレ(6664) 6664 株価と銘柄情報

継続。

 

AWSホールディングス(3937) 3937 株価と銘柄情報

下値は持ちこたえている。下ヒゲ出るなら下値の硬さはしっかりあるということ。

好材料出てのイッテコイ場面は、良い押し目だと見られている模様なので、継続路線。

 

コンビニ2つ

ポプラ スリーエフ

はいい形。継続。

 

フィスコ(3807) 3807 株価と銘柄情報

長期路線の仮想通貨。これも継続。

 

特に悪いものはないので継続。

 

新規は本日はいいものがありませんが、

イトクロなど押し目が面白いものがいろいろあるので、

現在の推奨銘柄の押し目と、イトクロを見ながら、

また徐々に押し目狙いも紹介していきたいと思います。

このページの先頭へ