「最新の株価予想! (株)SKIYAKI(3995)」の検索結果一覧

最新の株価予想! (株)SKIYAKI(3995)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
(株)SKIYAKIの株価チャート

【2020.4.17本日の注目株/推奨株】後場

お疲れ様です。

4/17後場向けにコメント追記しました。売りで注目銘柄に1銘柄追加しています。

指数はさすがに上げ過ぎかと思います。

—–

推奨銘柄に指数系1銘柄を追加しています。

 

<世界の株価>
https://sekai-kabuka.com/

<日経先物チャート>
https://n225chart.com/

<直近5日の日経平均先物>21:30時点

下値抵抗線:18940円、18980円

上値抵抗線:19340円、19700円

 

<日経平均ボリンジャーバンド-3σ>
月足:17104円
週足:13152円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

【2020.4.17本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.4.17本日の注目株/推奨株】

お疲れ様です。

4/17向けにコメント修正しました。推奨銘柄に指数系1銘柄を追加しています。

 

<世界の株価>
https://sekai-kabuka.com/

<日経先物チャート>
https://n225chart.com/

<直近5日の日経平均先物>21:30時点

下値抵抗線:18940円、18980円

上値抵抗線:19340円、19700円

 

<日経平均ボリンジャーバンド-3σ>
月足:17104円
週足:13152円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

【2020.4.17本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.4.16本日の注目株/推奨株】後場

お疲れ様です。

4/16後場向けにコメント追記しました。推奨銘柄に指数系1銘柄を追加しています。

—–

全く正体が掴めなかったコロナウイルスの正体が徐々に分かって来たので、その種類と今後の展望をコラム化しています。

<コラム:コロナウイルスの種類と感染者/致死率からみるコロナウィルスの正体と今後の株価予測>

<英国ケンブリッジ大学のピーター・フォースター遺伝学教授の研究チームの発表と、現在の感染者/致死率からみるコロナウィルスの正体予測>

【参考:英国ケンブリッジ大学のピーター・フォースター遺伝学教授の研究チーム「コロナ19、3種の類型の変異を起こして世界に広がる」 】

<コロナ19、3種の類型:米国国立科学院会報の最新号より>
http://anonymous-post.mobi/archives/22782

【コロナウィルスの正体(予測)】

A…危険度:猛毒性L株(年齢関係なく致死率10%~20%)と予想

B…危険度:インフルエンザレベルS株(80歳以上で15%、70歳未満だと0.1%以下の日本主流のコロナ株)と予想

C…危険度:最も低い風邪レベルのコロナ株と予想

<分析>

A(予想)…武漢(推定20%近い死者の可能性)、スペイン(現在、10%以上致死率)、

イラン(公表数値:6%だが検査していない感染者多いので10%以上の可能性大)

スペインの近隣国:イタリア・フランスなどが致死率10%を超える。

※米国・イギリスにも裏社会のリベンジで撒かれたという噂と合致。

B(予想)…日本のメインコロナウィルス(致死率2~3%程度/感染発覚者の中のみ。実際は、1~2%程度か?)

C(予想)…香港・シンガポールの金融立国のみ死者が10人以下のコロナ(致死率ほぼ0に近い数値)


<世界各国の感染者数/致死率はこちらで分かります>

https://realtime-chart.info/news.html

一言で言えば、欧州・米国の被害が大きい事から目的は金融リセットと思われます。

米国のドル不足から2019年に実質破綻水域になっていた事、

欧州圏もユーロ統一通貨のリバランスによる不良債権の増大からマインス金利では先進国でデフレ脱却の望みは無いに等しい事。

また、面白い事にアジアの金融拠点の香港・シンガポールのみ最も被害の少ないC株で被害を食い止められている点なども特徴として挙げられます。

今後発展が予想されるインド・日本はBのS株が撒かれた説も濃厚です。

<日本の感染者数/致死率予想>

感染率は変わらないので気を付けないとイケないですが、8割の人は無症状/軽い熱や症状で終わっています。

感染率から言えば、スペインかぜ同様に、人口の半分~2/3程度は掛からないと収束しないと予想します。

約5000万人の感染で、その中で重症化する人が3%の150万人、全体の1%未満の50万人迄の方が生命の危機に瀕すると予想されます。

※最も警戒する必要があるのは、クラスタ/濃厚感染でしょう。

※集団でクラスタ化すると一気に感染率が上がります。吸い込む菌の量も増える為、重症化の可能性も高まると予想されます

※安心材料になるか分からないですが、S株のコロナに一度感染して、無症状/回復した人はS株と猛毒性L株の両方の免疫が出来るという情報もあります。

ちなみに、日本人の感染者数ばかり発表されてますが、コロナウィルスでの死者数を見るとクルーズ船除くと100名程度(2020年4月15日現在)

日本で、1年でインフルエンザで亡くなる人数は約3000人、肺炎は10万人以上です。

日本がS株コロナのみである限り、肺炎の重症レベルと見れる程度に収まると予想します。(圧倒的にS株が多いのでL株が移る相手が居なくなると予想されます)

しかし、その他の国のL株コロナは、武漢レベルまで発展してしまうと思われます。(重症化率20%、致死率5%~10%)

【株価予測】

ハッキリ言えば、米国(NYダウ)次第というのが現在の世界の株価の状況です。

現在の株価は、中国の武漢が約4ヶ月程度で鎮静化した事を折り込んだ株価と言えるでしょう。

その後、V字回復するなら上昇、更なる時間を要する場合は二番底を探りに行くと予想します。

また、経済活動の停止時間が伸びる程、ダメージは大きくなる為、一番底を割ってくる可能性も十分あるとみてます。

米国の感染状況は、現在世界最多となり約60万人、致死率は4%~5%です。

新型インフルエンザの患者と、コロナのS型/L型が混合した状態であると予想される数値です。

経済の再開期待で上昇した相場も1日で失速し始めたように、この感染力の感染病から回復するには最低でも、

2~3年は必要と見ます。2~3年経済が止まった後に、復興まで再度1~2年くらいの覚悟は必要だと思います。

ニューヨーク州が経済再開させないのが正解であり、トランプは選挙までに何とかしないとイケない事情も有る事から、経済を再開しても、アメリカのコロナの菌種では危険過ぎると言わざるを得ない状況です。

再度、ロックダウンという事になれば株価はすぐに反応すると予想されます。

トランプは、4月12日までに経済活動が再開できない場合は、米国は崩壊すると言い切っています。

それ程、経済が止まるという事は金融業界を始め、あらゆる業界に取って命取りになるという事です。

よって、再度下落で二番底探りに行くという考え方が基本です。

(ドルの増刷や、国が株を買うような事をし出すと資本主義ではなく単なる官製相場で読める訳はありません。)

今回のリバウンドも金利を一気に0に下げ、米国のマネタリーベースの流通通貨を約2倍に増やし約500兆円にし、

上場企業の債権/企業の社債/国民の債務を全て免除する究極の手法に加えて、

全員に資金を支給(約12万円)するヘリコプターマネーを利用して米国復活のシナリオの可能性に賭けた最終手段です。

それが、経済ストップが1ヶ月程度で朽ち果ててしまうのが現在の経済構造というのが正しい解釈でしょう。

既に、日銀が行ってきたマネタイゼーション、国債の金利誘導(買いオペ)、ヘリマネまで使っても株が下落するのを阻止するのであれば、日銀買いのような株の買い支えくらいしか残りません。

また、世界の基軸通貨である為、世界中の債権問題にも直面します。

例えば、日本の裏側のブラジルで使われているレアルですが、国家間取引はドルで行われている為、

債権はドルベースです。

世界の経済が止まれば止まる程、債権崩壊連鎖を止める為に世界のドルは増え続けて行く事になります。

この通貨を無限発行できそうなMMT論も1国の中では成り立ちますが、世界の現在の債権の量を見ると単なる時間稼ぎでしかない事は分かります。

最も大きい債権と言われるCLO(ジャンク債級の債権)はドイツ銀行だけで7500兆円、どんどん社債の格付けが下がっている事から、

既に、1京円は超えてるでしょう。不動産の債権などはバブルを掛け合わせた価格まで上がってた為、処理するのに必要な金額も半端ない金額が必要です。

その中でも、最も有力なのはチャイナマネーの流出が示す中国バブル崩壊も十分考えられます。

中国不動産バブルは約5000兆円以上。また、ドイツ銀行からの借入を含むCLO債権と、無担保でお金を貸すシャドーバンキングの債権残高は1.5京円。

また、ドイツ銀行のCLO債権市場のデリバティブ取引市場は6京円です。

歴史的なドルの爆発的な増刷で、コロナ危機で刷ったお金は約500兆円です。桁が2つ違います。

EU圏は既に、これ以上の金融緩和の関与はしない(できない)という本音が出ている事から、

中国危機・EU初のドイツ銀行危機・その他ドル増発による新興国の通貨安によるハイパーインフレからのデフォルトさえ十分あり得ると言った所。

全て上手く舵を取れるとは到底思えない状況から、予想の9月末までには白旗を上げる事になるでしょう。

今回の白旗は世界の通貨一斉破綻(崩壊?リセット?!)になると予想されます。

更には、通貨価値が下がる事と、世界の食糧が枯渇に向かうウィルスも次々出て来てる事から、

金融危機の後の、コロナアフターは食糧危機と既に言われており、生活の価値観が今までの固定概念と変わってくるでしょう!

※現在の武漢のように、都市再開後に結局封鎖してしまう流れをくり返し、

伝染病特有の波を打ちながら収束するしかないように思われます。

丁度100年前に流行った「スペインかぜ」も収束に約3年掛かった事から、

今回も2年~3年は覚悟が必要かもしれません。

日本の第一回目のピークは、今から数週間で6月~7月になるでしょう。

初動で止めれば、95%以上ウィルスをカットできていたという統計もあるだけに、

国の対策不足や能力不足の結果が今後現れてくるでしょう!

<世界の株価>
https://sekai-kabuka.com/

<日経先物チャート>
https://n225chart.com/

<直近5日の日経平均先物>21:30時点

下値抵抗線:18940円、19150円

上値抵抗線:19420円、19700円

 

<日経平均ボリンジャーバンド-3σ>
月足:17220円
週足:13204円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

【2020.4.16本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.4.16本日の注目株/推奨株】<コラム:コロナウイルスの種類と感染者/致死率からみるコロナウィルスの正体と今後の株価予測>

お疲れ様です。

4/16向けにコメント修正しました。

全く正体が掴めなかったコロナウイルスの正体が徐々に分かって来たので、その種類と今後の展望をコラム化しています。

<コラム:コロナウイルスの種類と感染者/致死率からみるコロナウィルスの正体と今後の株価予測>

<英国ケンブリッジ大学のピーター・フォースター遺伝学教授の研究チームの発表と、現在の感染者/致死率からみるコロナウィルスの正体予測>

【参考:英国ケンブリッジ大学のピーター・フォースター遺伝学教授の研究チーム「コロナ19、3種の類型の変異を起こして世界に広がる」 】

<コロナ19、3種の類型:米国国立科学院会報の最新号より>
http://anonymous-post.mobi/archives/22782

【コロナウィルスの正体(予測)】

A…危険度:猛毒性L株(年齢関係なく致死率10%~20%)と予想

B…危険度:インフルエンザレベルS株(80歳以上で15%、70歳未満だと0.1%以下の日本主流のコロナ株)と予想

C…危険度:最も低い風邪レベルのコロナ株と予想

<分析>

A(予想)…武漢(推定20%近い死者の可能性)、スペイン(現在、10%以上致死率)、

イラン(公表数値:6%だが検査していない感染者多いので10%以上の可能性大)

スペインの近隣国:イタリア・フランスなどが致死率10%を超える。

※米国・イギリスにも裏社会のリベンジで撒かれたという噂と合致。

B(予想)…日本のメインコロナウィルス(致死率2~3%程度/感染発覚者の中のみ。実際は、1~2%程度か?)

C(予想)…香港・シンガポールの金融立国のみ死者が10人以下のコロナ(致死率ほぼ0に近い数値)


<世界各国の感染者数/致死率はこちらで分かります>

https://realtime-chart.info/news.html

一言で言えば、欧州・米国の被害が大きい事から目的は金融リセットと思われます。

米国のドル不足から2019年に実質破綻水域になっていた事、

欧州圏もユーロ統一通貨のリバランスによる不良債権の増大からマインス金利では先進国でデフレ脱却の望みは無いに等しい事。

また、面白い事にアジアの金融拠点の香港・シンガポールのみ最も被害の少ないC株で被害を食い止められている点なども特徴として挙げられます。

今後発展が予想されるインド・日本はBのS株が撒かれた説も濃厚です。

<日本の感染者数/致死率予想>

感染率は変わらないので気を付けないとイケないですが、8割の人は無症状/軽い熱や症状で終わっています。

感染率から言えば、スペインかぜ同様に、人口の半分~2/3程度は掛からないと収束しないと予想します。

約5000万人の感染で、その中で重症化する人が3%の150万人、全体の1%未満の50万人迄の方が生命の危機に瀕すると予想されます。

※最も警戒する必要があるのは、クラスタ/濃厚感染でしょう。

※集団でクラスタ化すると一気に感染率が上がります。吸い込む菌の量も増える為、重症化の可能性も高まると予想されます

※安心材料になるか分からないですが、S株のコロナに一度感染して、無症状/回復した人はS株と猛毒性L株の両方の免疫が出来るという情報もあります。

ちなみに、日本人の感染者数ばかり発表されてますが、コロナウィルスでの死者数を見るとクルーズ船除くと100名程度(2020年4月15日現在)

日本で、1年でインフルエンザで亡くなる人数は約3000人、肺炎は10万人以上です。

日本がS株コロナのみである限り、肺炎の重症レベルと見れる程度に収まると予想します。(圧倒的にS株が多いのでL株が移る相手が居なくなると予想されます)

しかし、その他の国のL株コロナは、武漢レベルまで発展してしまうと思われます。(重症化率20%、致死率5%~10%)

【株価予測】

ハッキリ言えば、米国(NYダウ)次第というのが現在の世界の株価の状況です。

現在の株価は、中国の武漢が約4ヶ月程度で鎮静化した事を折り込んだ株価と言えるでしょう。

その後、V字回復するなら上昇、更なる時間を要する場合は二番底を探りに行くと予想します。

また、経済活動の停止時間が伸びる程、ダメージは大きくなる為、一番底を割ってくる可能性も十分あるとみてます。

米国の感染状況は、現在世界最多となり約60万人、致死率は4%~5%です。

新型インフルエンザの患者と、コロナのS型/L型が混合した状態であると予想される数値です。

経済の再開期待で上昇した相場も1日で失速し始めたように、この感染力の感染病から回復するには最低でも、

2~3年は必要と見ます。2~3年経済が止まった後に、復興まで再度1~2年くらいの覚悟は必要だと思います。

ニューヨーク州が経済再開させないのが正解であり、トランプは選挙までに何とかしないとイケない事情も有る事から、経済を再開しても、アメリカのコロナの菌種では危険過ぎると言わざるを得ない状況です。

再度、ロックダウンという事になれば株価はすぐに反応すると予想されます。

トランプは、4月12日までに経済活動が再開できない場合は、米国は崩壊すると言い切っています。

それ程、経済が止まるという事は金融業界を始め、あらゆる業界に取って命取りになるという事です。

よって、再度下落で二番底探りに行くという考え方が基本です。

(ドルの増刷や、国が株を買うような事をし出すと資本主義ではなく単なる官製相場で読める訳はありません。)

今回のリバウンドも金利を一気に0に下げ、米国のマネタリーベースの流通通貨を約2倍に増やし約500兆円にし、

上場企業の債権/企業の社債/国民の債務を全て免除する究極の手法に加えて、

全員に資金を支給(約12万円)するヘリコプターマネーを利用して米国復活のシナリオの可能性に賭けた最終手段です。

それが、経済ストップが1ヶ月程度で朽ち果ててしまうのが現在の経済構造というのが正しい解釈でしょう。

既に、日銀が行ってきたマネタイゼーション、国債の金利誘導(買いオペ)、ヘリマネまで使っても株が下落するのを阻止するのであれば、日銀買いのような株の買い支えくらいしか残りません。

また、世界の基軸通貨である為、世界中の債権問題にも直面します。

例えば、日本の裏側のブラジルで使われているレアルですが、国家間取引はドルで行われている為、

債権はドルベースです。

世界の経済が止まれば止まる程、債権崩壊連鎖を止める為に世界のドルは増え続けて行く事になります。

この通貨を無限発行できそうなMMT論も1国の中では成り立ちますが、世界の現在の債権の量を見ると単なる時間稼ぎでしかない事は分かります。

最も大きい債権と言われるCLO(ジャンク債級の債権)はドイツ銀行だけで7500兆円、どんどん社債の格付けが下がっている事から、

既に、1京円は超えてるでしょう。不動産の債権などはバブルを掛け合わせた価格まで上がってた為、処理するのに必要な金額も半端ない金額が必要です。

その中でも、最も有力なのはチャイナマネーの流出が示す中国バブル崩壊も十分考えられます。

中国不動産バブルは約5000兆円以上。また、ドイツ銀行からの借入を含むCLO債権と、無担保でお金を貸すシャドーバンキングの債権残高は1.5京円。

また、ドイツ銀行のCLO債権市場のデリバティブ取引市場は6京円です。

歴史的なドルの爆発的な増刷で、コロナ危機で刷ったお金は約500兆円です。桁が2つ違います。

EU圏は既に、これ以上の金融緩和の関与はしない(できない)という本音が出ている事から、

中国危機・EU初のドイツ銀行危機・その他ドル増発による新興国の通貨安によるハイパーインフレからのデフォルトさえ十分あり得ると言った所。

全て上手く舵を取れるとは到底思えない状況から、予想の9月末までには白旗を上げる事になるでしょう。

今回の白旗は世界の通貨一斉破綻(崩壊?リセット?!)になると予想されます。

更には、通貨価値が下がる事と、世界の食糧が枯渇に向かうウィルスも次々出て来てる事から、

金融危機の後の、コロナアフターは食糧危機と既に言われており、生活の価値観が今までの固定概念と変わってくるでしょう!

※現在の武漢のように、都市再開後に結局封鎖してしまう流れをくり返し、

伝染病特有の波を打ちながら収束するしかないように思われます。

丁度100年前に流行った「スペインかぜ」も収束に約3年掛かった事から、

今回も2年~3年は覚悟が必要かもしれません。

日本の第一回目のピークは、今から数週間で6月~7月になるでしょう。

初動で止めれば、95%以上ウィルスをカットできていたという統計もあるだけに、

国の対策不足や能力不足の結果が今後現れてくるでしょう!

<世界の株価>
https://sekai-kabuka.com/

<日経先物チャート>
https://n225chart.com/

<直近5日の日経平均先物>21:30時点

下値抵抗線:18940円、19150円

上値抵抗線:19420円、19700円

 

<日経平均ボリンジャーバンド-3σ>
月足:17220円
週足:13204円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

【2020.4.16本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.4.15本日の注目株/推奨株】後場

お疲れ様です。

後場向けにコメント修正しました。注目銘柄に1銘柄追加しています。

—–

日経平均が戻り高値を更新したため小型株の買いも狙っていこうと考えています。

<世界の株価>
https://sekai-kabuka.com/

<日経先物チャート>
https://n225chart.com/

<直近5日の日経平均先物>21:30時点

下値抵抗線:18710円、18940円、19210円

上値抵抗線:19620円、19700円

 

<日経平均ボリンジャーバンド-3σ>
月足:17258円
週足:13221円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

【2020.4.15本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.4.15本日の注目株/推奨株】

お疲れ様です。

4/15向けにコメント修正しました。注目銘柄に1銘柄追加しています。

日経平均が戻り高値を更新したため小型株の買いも狙っていこうと考えています。

<世界の株価>
https://sekai-kabuka.com/

<日経先物チャート>
https://n225chart.com/

<直近5日の日経平均先物>21:30時点

下値抵抗線:18710円、18940円、19210円

上値抵抗線:19620円、19700円

 

<日経平均ボリンジャーバンド-3σ>
月足:17258円
週足:13221円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

【2020.4.15本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.4.14本日の注目株/推奨株】後場

お疲れ様です。

後場向けにコメント追記しました。推奨銘柄に1銘柄追加しています。

—–

日経平均は戻り高値更新できていないため、戻り売り戦略に変わりありません。

 

<大局的にみた下値抵抗縁>

【米NYダウ下値抵抗ライン】

18200ドル(米国策催促ライン@現在の債務超過ライン)
16000ドル(米国策催促ライン@現在の債務超過ライン)
13300ドル
6500ドル(リーマンショック時安値)

【日経平均株価下値抵抗ライン】

15000円(日銀催促ライン@現在の債務超過ライン)
12500円(日銀催促ライン@現在の債務超過ライン)
10800円
8200円(アベノミクススタートライン)
7000円(リーマンショック時安値)
5500円(日経ETF作成時株価)

<世界の株価>
https://sekai-kabuka.com/

<日経先物チャート>
https://n225chart.com/

<直近5日の日経平均先物>21:00時点

下値抵抗線:18520円、18710円、18980円

上値抵抗線:19350円、19620円、19860円

 

<日経平均ボリンジャーバンド-3σ>
月足:16986円
週足:13098円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

【2020.4.14本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.4.14本日の注目株/推奨株】

お疲れ様です。

4/14向けにコメント修正しました。

日経平均は戻り高値更新できていないため、戻り売り戦略に変わりありません。

 

<大局的にみた下値抵抗縁>

【米NYダウ下値抵抗ライン】

18200ドル(米国策催促ライン@現在の債務超過ライン)
16000ドル(米国策催促ライン@現在の債務超過ライン)
13300ドル
6500ドル(リーマンショック時安値)

【日経平均株価下値抵抗ライン】

15000円(日銀催促ライン@現在の債務超過ライン)
12500円(日銀催促ライン@現在の債務超過ライン)
10800円
8200円(アベノミクススタートライン)
7000円(リーマンショック時安値)
5500円(日経ETF作成時株価)

<世界の株価>
https://sekai-kabuka.com/

<日経先物チャート>
https://n225chart.com/

<直近5日の日経平均先物>21:00時点

下値抵抗線:18520円、18710円、18980円

上値抵抗線:19350円、19620円、19860円

 

<日経平均ボリンジャーバンド-3σ>
月足:16986円
週足:13098円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

【2020.4.14本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.4.13本日の注目株/推奨株】後場

お疲れ様です。

後場向けにコメント追記しました。

—–

日経平均は戻り高値更新できていないため、戻り売り戦略に変わりありません。

 

<大局的にみた下値抵抗縁>

【米NYダウ下値抵抗ライン】

18200ドル(米国策催促ライン@現在の債務超過ライン)
16000ドル(米国策催促ライン@現在の債務超過ライン)
13300ドル
6500ドル(リーマンショック時安値)

【日経平均株価下値抵抗ライン】

15000円(日銀催促ライン@現在の債務超過ライン)
12500円(日銀催促ライン@現在の債務超過ライン)
10800円
8200円(アベノミクススタートライン)
7000円(リーマンショック時安値)
5500円(日経ETF作成時株価)

<世界の株価>
https://sekai-kabuka.com/

<日経先物チャート>
https://n225chart.com/

<直近5日の日経平均先物>5:30時点

下値抵抗線:17720円、18520円、18710円、19210円

上値抵抗線:19470円、19620円、19860円

 

<日経平均ボリンジャーバンド-3σ>
月足:17198円
週足:13209円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

【2020.4.13本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【2020.4.13本日の注目株/推奨株】

お疲れ様です。

4/13向けにコメント修正しました。注目銘柄に2銘柄追加しています。

日経平均は戻り高値更新できていないため、戻り売り戦略に変わりありません。

 

<大局的にみた下値抵抗縁>

【米NYダウ下値抵抗ライン】

18200ドル(米国策催促ライン@現在の債務超過ライン)
16000ドル(米国策催促ライン@現在の債務超過ライン)
13300ドル
6500ドル(リーマンショック時安値)

【日経平均株価下値抵抗ライン】

15000円(日銀催促ライン@現在の債務超過ライン)
12500円(日銀催促ライン@現在の債務超過ライン)
10800円
8200円(アベノミクススタートライン)
7000円(リーマンショック時安値)
5500円(日経ETF作成時株価)

<世界の株価>
https://sekai-kabuka.com/

<日経先物チャート>
https://n225chart.com/

<直近5日の日経平均先物>5:30時点

下値抵抗線:17720円、18520円、18710円、19210円

上値抵抗線:19470円、19620円、19860円

 

<日経平均ボリンジャーバンド-3σ>
月足:17198円
週足:13209円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

【2020.4.13本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

このページの先頭へ