「(株)セプテーニ・ホールディングス(4293) 株価と銘柄情報」の検索結果一覧

(株)セプテーニ・ホールディングス(4293) 株価と銘柄情報」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
(株)セプテーニ・ホールディングスの株価チャート

【無料情報】【IPO】フュージョン(3977)初値予想と銘柄評価。初値株価に投資妙味はあるか?

2/23上場のIPO銘柄フュージョン(3977) 3977 株価と銘柄情報 の情報をまとめましたので、紹介します。

銘柄情報

◆会社名: フュージョン(3977) 3977 株価と銘柄情報
◆事業内容:ダイレクトマーケティング事業(ビッグデータ等の分析、
マーケティングシステムの提供、各種プロモーションの企画・制作等)
◆関連セクター: 情報・通信業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・トライステージ(2178:マザーズ)予想37.87
・セプテーニHLDG(4293:ジャスダック)予想15.75

◆公開価格 想定発行価格1000円 時価総額はOA含め、1.6億円程度 
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 無し。
◆大株主 プログレス(株)、(株)サンクレエの他は、ほぼ会社関係者。
◆ロックアップ 株主によって180日間
◆上場市場:札幌アンビシャス
◆PER:25.9倍

IPOスケジュール

抽選申込期間 2月6日(月)~2月10日(金)
当選発表日 2月13日(月)
購入申込期間 2月15日(水)~2月20日(月)
上場日 2月23日(木)

所見

ここが展開している、「ダイレクトマーケティング」は、企業と顧客の間に継続的な1対1のコミュニケーションを構築するものです。
一般的に“ダイレクト・マーケティング”とは、一つ又は複数の広告メディアを使って、測定可能な反応、あるいは取引をどんな場所でも達成できる双方向のマーケティング手法とされています。
フュージョンのダイレクトマーケティング事業は、「マーケティングリサーチ」、「マーケティングシステム」、「ダイレクトプロモーション」の3つのサービスから成っています。

「マーケティングリサーチ」は、各種のデータベース分析に基づき、企業の売上構造、顧客、商品の状況を評価するフュージョン独自の簡易分析パッケージ「CRM ANALYZER」により、CRM(顧客満足度を向上させる取組み)強化のきっかけとなる分析コンサルティングを提供しています。
また、クライアント企業の課題や目的に応じてビッグデータや各種統計データを分析します。
エリアマーケティング分析や各種のマーケティングリサーチなど様々なソリューションにより、クライアント企業の販売促進に資する結果を詳細に報告します。
さらに、リアル店舗かネット通販かを問わず、アンケートデータや、SNSやコールセンターに蓄積されているテキストデータなど、あらゆるデータを分析してクライアント企業の課題を発見します。

「マーケティングシステム」は、マーケティングノウハウに基づいてシステムを構築し、中立的な立場で最適なソフトウェアの選定を提案しています。
各種のデジタルコミュニケーションツールを活用したWebキャンペーンやメールマガジン等については、設定や運用の基本代行サービス、コンテンツやクリエイティブの企画代行サービスも提供しています。
また、大容量のPOSデータの管理と分析ができるフュージョン独自のデータベース分析システム「MDパートナー」を、大手流通企業グループ等に提供しています。

「ダイレクトプロモーション」は、企業のダイレクトマーケティングの具体的な施策である各種の顧客コミュニケーションについて、ターゲットの選定、企画立案、コンテンツ制作、実施及び効果の検証に至るトータルなソリューションを提供しています。
具体的には、ダイレクトメールマーケティング、インターネットマーケティング、各種キャンペーンや会員組織の構築・運営などがあります。
データ分析やシステム運用で蓄積したノウハウを駆使して、クライアント企業毎に適切なキャンペーンシナリオ設計やコンサルティングを提供し、メールマガジンの配信やダイレクトメールの制作・発送を行います。

フュージョンは、クライアント企業が持つ膨大な顧客の消費行動データ等のいわゆるビッグデータを分析しています。
見過ごされてきたデータ群を記録・保管して即座に解析することで、ビジネスや社会に有用な知見が得られたり、新たな仕組みを産み出す可能性が高まるとされています。
その結果に基づき、適切なタイミングや手段でそれぞれの顧客の嗜好に合致した商品やサービスのプロモーションの実施を支援しています。

業績・財務面

ここからは、業績・財務面を見てみます。
売上高はきれいな右肩上がりで伸長しています。経常・純利益は、年度によって多少のバラツキがあるものの、概ね堅調な推移です。
自己資本比率は37.8%、営業キャッシュフロー、現金同等物いずれもプラスですので、財務面で問題はありません。

まとめ

IPOとしては、ビッグデータ解析などと材料を含んだ事業を展開していますが、“札証アンビシャス”と、マイナー市場への上場という事で、初値が上がりにくいのではないかと思います。

ただ、業績自体は伸ばして来ていますし、大株主にVCがなくロックアップもかかっているので、仮条件が想定価格を上回るようであれば、申し込みを検討しても良いのではないかと思います。

初値期待へのネックはアンビシャス案件であること。

しかし、ビッグデータですから、今を注目する銘柄です。

これを天秤にかけると、大幅な初値期待は難しいかもしれませんが、初値われの確率は低いのではないか?と思います。

 

上場日当日の初値による投資の判断などは、お試し会員、有料会員様にご紹介してまいります。

【セクター情報】自民党 解散総選挙へ向かうか? 選挙関連銘柄を紹介

おはようございます。

自民党が解散総選挙へ向かうのかに注目されていますが、

株式市場ではすでに解散総選挙の方向に向けて株価が動いています。

 

本日の朝の会報で、有料会員様にはデジタルガレージ、プラップ等を紹介しました(あげているので推奨ではないですが)。

 

そこで、選挙に向けての基本な銘柄から、

ちょっとマニアックな銘柄まで紹介したいと思います。

 

正当派

・ムサシ(7521) 7521 株価と銘柄情報 ・・・選挙用の器材等を販売

 ・TOA(6809) 6809 株価と銘柄情報 ・・・放送関連で高シェア

 

対抗

・もしもしHL(4708) 4708 株価と銘柄情報 ・・・電話派遣関連 事前予想などの発進業務

・トランスコス(9715) 9715 株価と銘柄情報 ・・・こちらも、もしもしと同様。

 

新興系

・デジタルガレージ(4819) 4819 株価と銘柄情報 ・・・Twitter関連 現在ではネットを使った選挙も可能に

・プラップ(2449) 2449 株価と銘柄情報 ・・・広報活動を支援

・エイジア(2352)・・・選挙運動用のメール配信システム販売 

・セプテーニ・ホールディングス(4293) 4293 株価と銘柄情報 ・・・候補者へのFACEBOOK、HP等の作成を手掛ける。

・サイバーエージェント(4751) 4751 株価と銘柄情報 ・・・選挙関連事業

 

変化球

パイプドピッツ(3831) 3831 株価と銘柄情報 ・・・毎度、選挙の時には注目されるが、どちらかというとAKB48の選挙で意識される銘柄。

それの変化球として、政党での選挙でも反応する、変わった銘柄。

 

上げている銘柄が多いですが、12月に解散総選挙となるならば、11月に発表となるでしょうし、それまでに押し目があれば積極的に狙っていっても面白い銘柄が多いと思います。

ポートフォリオに入れて、押し目狙ってみるといいでしょう。

 

 

【セクター情報】リクルート関連銘柄 上場により利益を受ける銘柄が中心

今年最大級IPO。

リクルートが上場します。

上場による関連銘柄、各企業の利益は相当のものがあるでしょう。
そんなリクルート関連銘柄を紹介してみます。

リクルート株を保有している銘柄

・大日本印刷(7912) 7912 株価と銘柄情報
・凸版印刷(7911) 7911 株価と銘柄情報
・三井物産(8031) 8031 株価と銘柄情報
・電通(4324) 4324 株価と銘柄情報
・日本テレビ(9404) 9404 株価と銘柄情報
・博報堂DYHD(2433) 2433 株価と銘柄情報
・フジ(4676) 4676 株価と銘柄情報
・テレビ朝日(9409) 9409 株価と銘柄情報
・王子製紙(3863) 3863 株価と銘柄情報
・図書印刷(7913) 7913 株価と銘柄情報
・CAC(4725) 4725 株価と銘柄情報
・共同印刷(7914) 7914 株価と銘柄情報

名だたる会社が勢ぞろいですが、印刷関連、メディア関連が中心となっています。
こうした銘柄で、特に時価総額の低い、CACや共同印刷、図書印刷などが堅調な株価を形成しやすいでしょう。

狙い方としては、PER、PBRが低い等、ファンダメンタルの基本中の基本を見てみると面白いでしょう。中長期的視野での銘柄選択となりそうです。

また、リクルート出身者は、事業主になっている方が多いため、
そういったベンチャー企業も気になるところ。

リクルート出身者が経営しているベンチャー企業

・じげん(3679) 3679 株価と銘柄情報
・セプテーニ(4293) 4293 株価と銘柄情報
・クイック(4318) 4318 株価と銘柄情報
・アウンコンサルティング(2459) 2459 株価と銘柄情報

探せば、他にもたくさんあります。

いわゆる「セクター」的な銘柄というよりも、
各銘柄がリクルートから受ける恩恵というのは、いわゆる時価総額、持ち株による資産の増強等、セクター情報としては一風変わったものとなりそうですね。

実際に上場してから、これらの銘柄の動きを追っていくことにしましょう。

【セクター情報】LINE(ライン)関連銘柄 上場延期で厳しい現状の銘柄ですが・・・

LINE関連銘柄の紹介です。

 

新興国へ進出を続け、5億ユーザ突破。

相変わらず注目されるセクターですが、韓国の検索サイト大手ネイバーがLINEの年内上場見送りを発表。

これが嫌気されていますが、また押し目は狙ってみたい銘柄もあるため、セクター情報として紹介させて頂きます。

 

アドウェイズ(2489) 2489 株価と銘柄情報

LINEと契約締結。LINE中フリーコインを販売 LINE、米ツイッターと提携。

 

ネットイヤー(3622) 3622 株価と銘柄情報
アドウェイズに連動してよく動く。代理店販売、開発・運用支援サービス

ネオス(3627) 3627 株価と銘柄情報
スタンプ配信。ネットイヤーと同じくアドウェイズに追従する事が多い。

 

エイチーム(3662) 3662 株価と銘柄情報
LINE向けの新作ゲームを手掛けている

 

UNITED(2497) 2497 株価と銘柄情報
LINEの課金企業である、メタップスへ出資している。
2013年、一時、株価暴騰するなど、注目の的になった。

 

GMOペイメントゲートウェイ(3769) 3769 株価と銘柄情報
LINE MALL(モール)商品購入代金の支払い、商品販売代金の受け取りの収納代行

セプテーニ(4293) 4293 株価と銘柄情報
LINEの正規代理店セプテーニゲートを抱える。

 

イマジニア(4644) 4644 株価と銘柄情報
コンテンツ作成のLINE関連企業

プラップ(2449) 2449 株価と銘柄情報
無料ニュースアプリ「LINE NEWS」と提携し、ニュース配信

 

探せばまだまだありますが、筆頭銘柄として紹介してみました。

LINE上場が延期となり、これらの銘柄は厳しい下げを見せているところもありますが、上場が実際に行われる、または上場の時期などが紹介される、など材料があれば反発は必至。

話題はつきないセクターだけに、今後の押し目は積極的にいってもいいのではと思います。

このページの先頭へ