「最新の株価予想! (株)バンク・オブ・イノベーション(4393)」の検索結果一覧

最新の株価予想! (株)バンク・オブ・イノベーション(4393)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
(株)バンク・オブ・イノベーションの株価チャート

【銘柄レビュー】現在の銘柄レビュー

銘柄レビューです。

 

先に少し相場観。

日経平均先物は前引け後に21840円高値をつけた。

また、一段高の先物先行の上げとなった。

 

マザは小確りでそれなりの動きだが、

新興市場は見劣りした。

 

個別は思ったよりも元気で動いている。

マザなど新興銘柄の、反発を試している銘柄は、指標に比べても元気。

年末らしい動きがようやく出てきつつある感じです。

 

 

本日朝の、IPO

FUJIジャパン(1449) 1449 株価と銘柄情報

907円という微妙な数字で寄ったので、買った方少ないかもしれません(900円までなら入るとしていたため)

10%近いプラスの動きになったあと、売られて今880円。

もし、907円を再度更新してくるのであれば、陽線期待からの明日以降期待で狙ってもいいかもしれません。

出来高的には少ない銘柄なので、明日以降は動きが限られる用になると思いますから、スルーでもよいでしょう。

 

バンクオブイノベ(4393) 4393 株価と銘柄情報

いい形で反発してきました。まだまだこれからではと思っていますので、継続。

 

VALUENEX(4422) 4422 株価と銘柄情報

決算は無事通過と言えると思います。赤とはいえさほど変な決算もでず。

昨日一昨日は突っ込みすぎたようにも見えるので反発に期待

 

メディアシーク(4824) 4824 株価と銘柄情報

オプトエレ(6664) 6664 株価と銘柄情報

キャッシュレス関連が元気。

昨日の反発はイケイケでしたが、本日はまちまちではあります。

が、国策ですし継続方向としたい。

 

ほかも堅調なので継続。

 

スリーエフ(7544) 7544 株価と銘柄情報 が弱くて申し訳ありませんが、

今日あたりで下げ止まると予想。ソフトバンク売りに巻き込まれたが、月次でこんなに売り込まれるのは違和感。

今日は追証といったところ?

で、あれば明日からは、戻りを試す場面もあるかと予想。

 

今の所すべて継続です。

個別銘柄、新規が本日は出せませんが、

いいものがあればまたご紹介してまいります。

【銘柄レビュー】銘柄レビュー

現在の銘柄レビューです。

短期で注目できそうな銘柄は、やはり

 

VALUENEX(4422) 4422 株価と銘柄情報

チャートも良い形になってきました。

昨日の高値を抜くと今度は4300円~4400円付近がターゲットですがチャート的には行きそうな雰囲気です。

 

バンク・オブ・イノベーション(4393) 4393 株価と銘柄情報

押し目狙い。昨日時価で多少入れているイメージですが、

基本的には下を狙っていきたい。

来週チャートが固まってくるなら追加買いもありでしょう。

 

シリコンスタジオ(3907) 3907 株価と銘柄情報

またもイッテコイになってしまった。

いい材料は出ているのですが、なかなかスッキリした展開にならず。

が、材料はいいので、横練りのこういった場面は拾いたい銘柄だと思います。

 

Ubicom(3937) 3937 株価と銘柄情報

アイエックス・ナレッジ(9753) 9753 株価と銘柄情報

下値抵抗ライン。

とくにUbicom(3937) 3937 株価と銘柄情報 のほうは戻り早そうな形です。

 

バリューデザイン(3960) 3960 株価と銘柄情報

こちらは、チャート的にもいい押し目だが、

2700円付近はかなり買いにいきたい水準なので、

時価は入らず、今のままの持ちで、下落した時に買いにいきたい。

 

コンビニ2社(ポプラ、スリーエフ)これは長期持ち。

M&A期待だがいつ出るかはわかりません。

が、いずれは出るでしょう

 

仮想通貨のフィスコは長期持ち。

 

オプトエレ(6664) 6664 株価と銘柄情報 は、キャッシュレス、国策の本命なのでこちらも持っておきます。

 

切る可能性が高くなりつつあるのは、アイエックス・ナレッジ(9753) 9753 株価と銘柄情報

ここよりもう一つ下げたらロスカットになります。チャートが良くはないので

790円割れロスカット予定とします。

【推奨銘柄】本気買いには早いが、注目しておきます。4●●●

本気買いには早いが、注目しておきます。

業績好調。

 

今年のIPOでありますが、

11/14には

上場来高値をつけた銘柄です。

 

銘柄

バンク・オブ・イノベーション(4393) 4393 株価と銘柄情報

現在1946円

寄りでは、若干高く始まりそうな気配。

 

見解

高値、3110円から値幅調整中。

5日続落でチャート下方の窓埋めを意識するところまできている。

 

75日平均線、窓埋めの1830円あたりまで、時価~押し目が買い場。

業績は好調に推移しており、中国展開の行方など、再噴火する材料は内包しています。

 

目標は2500円方向期待

買いは時価~1800円付近

本気で買いたいのは1900円以下

だが、そういう時に限って落ちていかないため、まずは打診買い。

 

ロスカットは状況次第 押し目を買いに行くため状況次第とします。

【相場観】5日のダウはお休み。欧州は甘い

おはようございます。

5日の相場の確認です。

 

5日の米株式、債券市場は休場でした。

「国民追悼の日」

 

ドル円、1ドル=113円15~25銭

ほぼ動きなし。

 

原油が小反落 産油国の会合控え様子見。

 

欧州株は甘い。

 

長短金利11年ぶり逆転

これが米景気後退の予兆の可能性と言われいます。

 

ある程度折込つつあるとは思いますが、

来年のFRB動向を考えると、日米金利差、縮小となりそう。

米利上げ停止となれば、円高リスクが考えられる。

 

個別銘柄もなかなか上がり切らないので、

M&A系の長期銘柄は基本として置いておくつもりでありますが

それ以外はいったん手仕舞いも考えています。

 

VALUENEXは3700円割れたらロスカットです。

 

監視としては、

バンク・オブ・イノベーション(4393) 4393 株価と銘柄情報

決算で上げたものの、イッテコイの水準になりつつある。

 

75日平均線あたりは、下値サポート、また窓埋め、ということを考えれば

積極的に買いたい水準。

積極派は、そろそろ拾っていっていいのではないかと思われます。

 

 

どうぞよろしくお願いいたします。

【推奨完了】【相場観】日経平均株価はさらに上昇へ。踏み上げ相場継続

後場お疲れ様です。

 

ダウの大幅上昇、日経平均上昇、と踏み上げ相場が続いております。

3連休前でも関係なく買われ、

安倍首相3選での売りもダマシに結果的になる展開で、

昨日、一昨日のローソク足を見れば基本的に調整は不可避なのですが、調整は3選決定による一瞬だけで、その後また買われる展開。

 

日経平均銘柄の出来高が少ないため、さすがに24129円の今年の高値を超えるのは難しいのではないかと思いますが、ローソク足を見れば月足で上昇トレンドなので、さすがにリスクが高い。

今日十字線となるならば高値十字線で売りに出したいところではありますが、踏み上げたいところが沢山あるようです。

申し訳ありませんが、日経平均先物は23740円でリスク回避のため撤退したいと思います。

 

暫くの間、ウリ目線で見るのは難しく、ただヘッジ対策はするべきと考えますので、状況に応じてまた日経平均先物の手段は紹介していきたいと考えております。

 

個別は強い。

テリロジーは、タイミング良く買いを入れることができ、1600円を超えてきた。

もしかすると2000円方向もあるかも。

Zaifの仮想通貨流出で、セキュリティ会社であるテリロジーには仕事が舞い込む可能性もあります。

 

合同鉄(5410) 5410 株価と銘柄情報 、東洋電機製造(6505) 6505 株価と銘柄情報 など中長期型もよいですし

ユーザベース(3966) 3966 株価と銘柄情報 も来週につながる動き。

 

シーズメン(3083) 3083 株価と銘柄情報 が弱いがこれは出来高も少なく入っている量は少ないと思います。

メドピア(6095) 6095 株価と銘柄情報 はいい調整どころで、買いたい局面です。

 

監視的な銘柄のビリングシステム(3623) 3623 株価と銘柄情報 とバンクイノベ(4393) 4393 株価と銘柄情報 も良いですし、ヘッジ対策で利益をさらに追求するのはできませんでしたが、個別はいいです。

日経平均、先物先行の上げで新興市場は出遅れ感満載ですし、流れに乗れる銘柄を今週に探していきたいと思います。

【銘柄レビュー】現在の銘柄レビュー

銘柄レビューです。

日経平均が非常に強いのは、懸念材料が払拭された、SQ、踏み上げ相場、安倍氏再選期待など。

ここ数ヶ月、エネルギーが溜まっていた23000円をうわ抜けたことで一気に買いエネルギーが出てきている、などありますが、

狙いを定めたかのような動きになっています。

24000円付近までは心理的にも抵抗がないことから、盆前まで売りで攻めていた投機的ファンド筋が逆に上値を攻めている感じです。

景気回復などというよりは、売り方を攻め上げるファンドなどの動きと見ます。

 

昨日、早めに日経平均先物の売りを切っておいた良かったというところ。

思い切って買い推奨も同時に出せばよかったというところであります。

 

ただ個別はいい感じになりつつあるので、全体的に継続で良いでしょう。

日経平均を売りたい場面になりますが、下手に売り仕掛けすると踏み上げられそうなので、狙い所は考えなければなりません。

 

銘柄としてはこれだけ強いですから当然ですが、いい形。レビューしていきます。

 

メドピア(6095) 6095 株価と銘柄情報

いい形で反転しそうです。

2000円~2100円あれば追加買いなどしたかったですが、ないかもしれません。

反転からの2500円方向に期待

 

シーズメン(3083) 3083 株価と銘柄情報

出来高が少ないので微妙ではあるものの、形は整ってきた。

700円台突破からの。1000円方向期待しています。

 

ユーザベース(3966) 3966 株価と銘柄情報

75日平均があるので頭抑えられるかもしれない。

また一目均衡表を日足でみると雲の上限となっている。

ここを超えると抵抗が減り、3500円~4000円方向期待できそうな動きになるので、要注目。

3330円あたりにはローソク足で出来た先月末~今月頭の抵抗ラインもあるが、

銘柄性や状況を考えれば上と判断し継続。

 

東洋電機製造(6505) 6505 株価と銘柄情報

本日GUで上昇。

8月、9月のダブルボトムでようやく反転の兆し。

チャートも全体的に反転サインが出ているので、まずは8月31日の高値を目指す。8月に出た超電導技術による蓄電システム、JR東からの受託の材料の見直し買いに注目です。

 

合同鉄(5410) 5410 株価と銘柄情報

こちらもいい形だと思います。暫くの間BOXなので、2500円~は重たくなりそうであるが、2006年以降長らく横チャートとなっているためエネルギーもある。

2660円あたり超えてくる展開になると、長期的にはどこまでいくかわからなるので、継続して持って置いてみたい銘柄です。

 

GAテクノ(3491) 3491 株価と銘柄情報

昨日推奨し、いい形での反発が見られています。

TATERUも上方向になりそうなSTOP高ですし、しばらく注目のセクターになるかもしれません。

継続路線。

 

昨日は3491を出しました。

しかし、新規があまりありませんが、まずはこの相場の行方を考えてからにします。

 

一応注目しているのは

バンクオブイノベ(4393) 4393 株価と銘柄情報

ビリングシステム(3623) 3623 株価と銘柄情報

などです。

 

バンク~は2000円ぐらいが重たいが抜けると2500円も

調整場面を拾う手段は面白い。時価はちょっとやりにくいので押し目狙い

 

ビリングシステム(3623) 3623 株価と銘柄情報 はQRコード決済関連として、調整どころは狙ってみたい銘柄。

今年頭の下落からの、下値トレンドラインの上昇の押し目として、拾ってみたい。

 

あくまで監視的ではあるが、じっくり中期でならばビリングシステム(3623) 3623 株価と銘柄情報 は面白そうです。逆張りなので、やるなら6000円ロスカット

その場合8月13日の窓をうめにいきそうです。

【無料推奨銘柄】任天堂(7974)円安~グレートローテーション現象恩恵銘柄 ポケモンGOの収益力は変わってない!

銘柄

任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 に注目します。

Yahooファイナンスでは3月1日~末までの月間注目銘柄の1つです。

チャート状況

任天堂(株)【7974】の株価チャート

現在反発しつつある状況。

円安、ダウ強、日経平均強、など外部環境は整っている中、時価~押し目は再度ねらい目となるでしょう。

12月の下落局面での窓埋めに期待。

ファンダメンタル分析

時価総額 33,498 億円
予想PER37.22 [49.26]
実績PBR2.45
予想配当利回1.61% [0.89%]

銘柄性、材料

ポケモンGO相場から忘れかけられてる任天堂。ポケモンGOをやってる人やニュースは見なくなりましたが、
それは、日本だけの現象で、売上は全く落ちていない事を知ってますか?

リアルタイムな売上公表サイトではパズドラ/モンストの約8倍の売上キープしています。更には、世界一だったクラッシュオプクランの売上4倍を常にキープしています。(下に、サイトリンク有り)

この収益のだいたい30%は任天堂の収益(※間接収益)となりますが、アプリの売上高の10%は直利益として経常利益に計上されている。(今期も約150億円上乗せ)

しかし、それよりも、任天堂の海外売上比率に注目したい。

海外比率73%のこの大規模の会社が、ここ数ヶ月の円安での収益メリットは非常に大きく、1月30日の四季報では、一株利益が424円→635円に約1.5倍に上方修正されている。

また、ARのポケモンGOを始め、VR搭載の「スイッチ」の発売が期待される中、株価はポケモンGOの人気薄化で安くなっているが下値では拾われているので、押し目買い推奨です。

スマホアプリ@リアルタイム課金

http://appinstitute.com/pokemongo-realtime-stats/

※2月末は、パズドラ・モンストの8倍前後、世界的記録づくめのアプリのクラッシュオブクランの約4倍の課金はキープしてます。

ポケモンGOによる7974任天堂の収益モデルと株価予想

<アプリ収益>

ゲーム課金からの収益、アップルgoogleに決済手数料30%引かれる。

ナイアンテック30%×26%(出資比率:26%)=7.8%→任天堂(出資会社の含み資産)

ポケモン30%×32%(32%株主)=9.6%→任天堂(子会社の含み資産)

ポケモンがナイアンテックの26%株主なので、30%×26%×32%=約2.5%→任天堂(子会社の含み資産)

任天堂直取り10%→業績に反映される任天堂の利益となる。

で、アプリ売上の約29.9%(ほぼ3割)は任天堂の収益になる。

ポケモンGOが樹立した世界記録5つ♪

【ポケモンGOがゲットした5つの世界記録】

1.リリースから最初の1ヶ月で最も稼いだモバイルゲーム
2.リリースから最初の1ヶ月で最もダウンロードされたモバイルゲーム
3.リリースから最初の1ヶ月で世界中のダウンロード1位に最も輝いたモバイルゲーム
4.リリースから最初の1ヶ月で世界中の売上1位に最も輝いたモバイルゲーム
5.全モバイルゲームのなかで1億ドルの売上を最も早く稼いだゲーム

http://www.guinnessworldrecords.com/news/2016/8/pokemon-go-catches-five-world-records-439327

その他注目銘柄について

他にも注目している銘柄が多数ございます。よろしければこちらをご覧くださいませ↓

【推奨銘柄】3月13日以降のスイング~中期推奨銘柄 今後も期待できる銘柄をご紹介☆

このページの先頭へ