「最新の株価予想! 塩野義製薬(株)(4507)」の検索結果一覧

最新の株価予想! 塩野義製薬(株)(4507)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
塩野義製薬(株)の株価チャート

【銘柄レビュー】【推奨完了】推奨中銘柄レビュー

後場お疲れ様です。

 

推奨中の銘柄レビューです。

 

【短期~スイング】

トレイダーズホールディングス(8704) 8704 株価と銘柄情報

11月14日までの勝負。

180円まで一時ありましたが、現在は調整中。

来週に動く可能性ありと見て継続。

 

UMNファーマ(4585) 4585 株価と銘柄情報

暫く揉むかもしれません。ある程度下の方で投げさせないと、上にいくのもむずかしい。

推奨株価から30%~ぐらい上げているので、利確もありです。

が、配信状は継続。慎重にいくなら半分は利確しましょう。塩野義(4507) 4507 株価と銘柄情報 との提携の材料を考えれば、1000円方向期待。

 

PSS(7707) 7707 株価と銘柄情報

DNAチップ(2397) 2397 株価と銘柄情報

メディシノバ(4875) 4875 株価と銘柄情報

これらはバイオとして年末継続したい。

バイオ関連が材料充実しており、年末にかけて上昇の可能性は十分。

ただし、チャートが悪くなったものは終了していきます。

 

SKIYAKI(3995) 3995 株価と銘柄情報

昨日の安値割れは、リスクを減らしたいのでカット予定としておきたいと思います。

 

 

【スイング~中期】

アルテック(9972) 9972 株価と銘柄情報

良い動きになってきております。

推奨から15~20%程度上げていますが、チャートからもまだまだこれからで、更に上値取っていく可能性もある。

隠れICタグ関連としても注目。

 

FVC(8462) 8462 株価と銘柄情報

年末の勝負。本日決算。

決算持ち越しはギャンブルなので、無理しないほうが、というのが基本。

手放しておいて、下げたら、あるいは横なら買うでも良いと思います。

年末、IPO、そして年末に動きやすいことから注目の中期銘柄。

配信上は継続。

 

日本ファルコム(3723) 3723 株価と銘柄情報

こちらも本日決算。

ゲーム銘柄。

こちらも、決算がありますので、手放しても良いでしょう。

明日下げる、あるいは横ならば買いなおしの手段もよし。配信では継続。右肩上がりで良い銘柄。

またゲーム関連が調子良いので(下げきったとも言います)、持って置きたい銘柄です。

 

 

【長期】

フィット(1436) 1436 株価と銘柄情報

バイオマスの材料があります。そして株式新聞の記事で上昇。

バイオマスが注目され出せば、大きく上昇の可能性を秘めており、初夏の大相場もまたあるかもしれないと考えています。長期で継続。

 

オービス(7827) 7827 株価と銘柄情報

割安銘柄。こちらも長期。

 

黒谷(3168) 3168 株価と銘柄情報

電池、銅関連。

保守的すぎると言っても過言でない決算予想から、下落気味であるが、いずれは見直し買いが入ると見ています。

EVに電池は必ず必要で、銅は必要とされる材料。

 

 

 

【推奨完了】

MSコンサル(6555) 6555 株価と銘柄情報

チャートが壊れてしまいましたので、こちらは1440円で終了しておきたいと思います。

 

ブレインパッド(3655) 3655 株価と銘柄情報

明日決算ですが、あまり持ち越したくないのでこちらは一旦切り。

プラマイほぼゼロか少しプラスで終了。1261円

 

エムビーエス(1401) 1401 株価と銘柄情報

悪い銘柄ではありませんが、動きませんのでこちらも終了しておきます。ほぼプラマイゼロ。

706円

 

東洋電機製造(6505) 6505 株価と銘柄情報

長期で、決算が悪かったので下落したが、長期路線であったので、上値を削られた形。

長期であれば今後もいいと思いますが、動きが少なすぎるので切ります。1991円。

 

 

短期→中期→長期になるものが自然と増えますが、バランス取っていきます。

 

【ハイリスク銘柄】UMNファーマ(4585) どうなる今後? 塩野義(4507)との提携で連続ストップ高

ハイリスク銘柄として紹介しております銘柄

UMNファーマ(4585) 4585 株価と銘柄情報

 

推奨してから2日連続ストップ高となっています。

先週末木曜日は、マザが弱かった。

理由としては、3連休前の週末、ということで単純に売りが増えたことが理由として上げられます。

 

そんな中でも、ストップ高で最終的に水増しも含め多くのカイを集めたUMNファーマ(4585) 4585 株価と銘柄情報 、本日も寄りから強く、ストップ高張り付きとなっています。

 

本日このまま張り付くかどうか焦点。

張り付くのであればさらに強い展開になる可能性も。

 

経営、資金難で非常に困っているこのクラスのバイオ企業に、資本提携、さらにはこの会社への支援、期待感もあるのだと考えます。

下手をすると本当に止まらない可能性も。

 

今年1月は、

開発の遅れ等から(https://kabutan.jp/news/?b=k201701310441)、経営に破綻をきたしかねない状況でした。

株価はストップ安連続。

 

一気に半分の値を消すことになりましたが、今回の提携はそれを復活させるのには十分な提携となるでしょう。

その期待感でどこまでいくか? はわかりませんが、上場維持の可能性が低かった→維持が濃厚になる

それだけでも大幅上昇は考えられるわけで、時価総額もまだ数十億レベル

 

どこまでいくかわからない状態を楽しみましょう。

 

連続ストップ高ですから、利確したい方は半分ぐらい利確しておけば、確実に利益がとれるでしょう。

慎重派は半分利確、買値で残り半分残しておけば、10%程度は取れるでしょう。

 

次のこういうリスクあり銘柄も捜して行きたいと思います。

 

今週もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

【銘柄レビュー】3連休前で、個人の売りが多く新興は弱い。バイオ系は物色あり。

後場お疲れ様です。

週末要因により、個人脳裡が多く新興は弱い。

マザ、JQなどマイナスとなっています。

 

来週~期待の銘柄はこれらで持ち越し基本とします。

(他も継続です)

 

ハイリスク

UMNファーマ(4585) 4585 株価と銘柄情報

塩野義(4507) 4507 株価と銘柄情報 の材料からの上昇。

月足でチャートを見たら、1000円でも高くはないように思います。

出来高も400円あたりは多いがその上はさほど出来高無し。

500円、600円超えてくると真空地帯となり、今年1月にあけた1000円方向への窓を埋めに掛かる可能性もある。

リスクは高いですが、短期でも大幅に取れる可能性のある筆頭候補

 

PSS(7707) 7707 株価と銘柄情報

こちらは地味系バイオですが、1000円方向もありえると見て継続

 

MSコンサル(6555) 6555 株価と銘柄情報

IPOは、まずはこちらだけ見ておきます。

15日まで次のIPO無し。

週末要因で?下げているが、来週からもうひとつ期待しています。

 

アルテック(9972) 9972 株価と銘柄情報

いい形ですが320円あたりまでにある価格帯別出来高を抜けるかどうかが焦点。

 

フィット(1436) 1436 株価と銘柄情報

材料次第ではありますが、社長の取材記事掲載等によってはずみがついたか。

この会社自体がマイナーなので、メジャーになることでも好転するかもしれません。

 

オービス

割安性継続。じょじょに右肩上がりになっていくと予想しています。

 

週末要因による個別銘柄の売り(3連休前なので)がありますが、月曜から復活してくる可能性は十分と見て

日本ファルコム(3723) 3723 株価と銘柄情報

エイチーム(3662) 3662 株価と銘柄情報

ピープル(7865) 7865 株価と銘柄情報

など継続でいきます。

 

【ハイリスク銘柄】リスク高いが注目する価値あり 時価総額低い 材料

前場お疲れ様です。

昨日紹介しました、リスクあり銘柄 の、中でもハイリスクだと思いますが、

取れた場合はかなり取れるのではないかということで、狙ってみます。

 

UMNファーマ(4585) 4585 株価と銘柄情報

520円。

 

時価総額50~60億程度。

他は昨日書いた通りで、売り上げ等はダメだが、塩野義(4507) 4507 株価と銘柄情報 との提携、これが大きいと思います。

 

本日STOP高期待、ですがハイリスクですので、リスク享受できる方のみ。

 

ロスカットは10%を基本にしますが、458円の窓埋めまで狙うぐらいのイメージにはなります。

【リスクあり銘柄】明日以降の動き次第で狙うかも知れないバイオ銘柄

本日は日経平均大幅上昇、相場としては個別はあまり動かず。

昨日個別がしっかりであったのですが、日経平均がまちまちの動きでないと個別に資金が入らないので、つまらない相場といえましょう。

その中で、気になっているバイオ系 リスクあり銘柄を紹介しておきます。

あくまで狙うかも、という銘柄です。

 

UMNファーマ(4585) 4585 株価と銘柄情報

材料が大きい。

 

塩野義製薬(4507) 4507 株価と銘柄情報 と資本業務提携、第三者割当増資。

増資云々よりも、塩野義製薬(4507) 4507 株価と銘柄情報 と提携、塩野義が認めたというところが有意義。

 

UMNファーマ(4585) 4585 株価と銘柄情報 は決算は全くダメです。

今後の展開に期待されます。

 

http://www.umnpharma.com/company/topmessage.html

UMNファーマの代表の10月31日総括

 

上場廃止猶予期間中でもあり、継続疑義注記ありの銘柄。

売り上げほぼ無し。

創薬も上手く行かず・・・と、2017年はさんざんであった会社ですが、上場継続、塩野義(4507) 4507 株価と銘柄情報 との提携、などここにきて大材料。

株価はさすがに上がり、STOP高連続、明日もストップの可能性もあります。

高いリスクの銘柄ですが、大幅に取れる可能性もあり、現在バイオ関連が伸長していることもあるので、リスク享受できる方は狙ってみるのもあり、だと思います。

 

明日以降、状況次第でリスクありで紹介します。

また、とりあえず成りでいれておくことで、比例配分で買えるかもしれないので、引けにかけて、とりあえず成り買いを入れておくのもありでしょう。買えなくてもともとですが時折拾えることもあります。

【セクター情報】エボラ出血熱 関連銘柄

エボラ出血熱関連銘柄

今世間の注目となっているエボラ出血熱。

こうした銘柄に注目することが悪い、あるいは気に病むことはありません。株価が上がることによって会社も強くなるわけですし、強くなれば会社の体力も上がり、研究をさらにできたりします。投資家はそのようにして会社を盛り上げ、間接的にではありますが、世の中に貢献することもできます。

さて、気になるエボラ出血熱関連銘柄を紹介します。

 

 

 ◇防護服関連

医療関連防護服 デュポン製 販売

ウイルスだけでなく粉塵、化学物質等化学防護服を提供している。

アゼアス(3161) 3161 株価と銘柄情報  

 

 

◇エボラウイルス薬

エボラ薬として、期待されている薬(ファビピラビル)を製造

FDAと協議中。承認されればエボラに対する初の米食品医薬品局(FDA)承認の医薬品に。

富士フイルム(4901) 4901 株価と銘柄情報

 

◇クリーンルーム、グローブボックス等

バイオ、病原菌に関する各製品

日本エアーテック(6291) 6291 株価と銘柄情報

 

 

◇ワクチン ペプチド 先端医療

ペプチドリーム(4587) 4587 株価と銘柄情報  
カイオム・バイオサイエンス(4583) 4583 株価と銘柄情報
UMNバイオファーマ(4585) 4585 株価と銘柄情報
デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(4576) 4576 株価と銘柄情報

 

 

◇医療マスク関連 

数個のウイルスで感染するためマスクだけでは弱いかもしれない
バイリーン(3514) 3514 株価と銘柄情報
ホギメデ(3593) 3593 株価と銘柄情報
電気化学工業(4061) 4061 株価と銘柄情報

 

◇大手製薬会社 抗ウイルス剤 

大手だけに本気度が出れば、別の抗ウイルス薬からエボラ関連薬に波及する可能性もある。

塩野義(4507) 4507 株価と銘柄情報
中外薬(4519) 4519 株価と銘柄情報
武田薬品工業(4502) 4502 株価と銘柄情報

 

ほかにもいろいろありますので探してみるといいかもしれません。

しかし、基本的な本命は、

アゼアス(3161) 3161 株価と銘柄情報

富士フイルム(4901) 4901 株価と銘柄情報

日本エアーテック(6291) 6291 株価と銘柄情報

となるでしょう。

 

まだ上場していませんが、新規上場銘柄として、

リボミック(4591) 4591 株価と銘柄情報

RiboARTシステムをベースとした創薬プラットフォーム系バイオベンチャー。
さまざまな疾患や創薬に対して応用できる、創薬の基盤技術とのこと。
新薬開発、ライセンス発行、他社への創薬提供、その他応用が利くようです。

 

他にもシステム関連で、危機管理システムのドーン(2303) 2303 株価と銘柄情報 なども上げれるかもしれません。しかしこういった銘柄は株価への反応は遅いでしょう。

 

そして、エボラ出血熱関連の本命はこれだと思います。

 

日本エアーテック(6291) 6291 株価と銘柄情報

アゼアス(3161) 3161 株価と銘柄情報

この2本が特に本命でしょう。

もし今後も倍増が続くようであれば、この2銘柄はかなり凄いことになるかもしれません。

このページの先頭へ