「最新の株価予想! ソレイジア・ファーマ(株)(4597)」の検索結果一覧

最新の株価予想! ソレイジア・ファーマ(株)(4597)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
ソレイジア・ファーマ(株)の株価チャート

【推奨銘柄】【最近の実績】ソレイジア(4597)材料発表 スウェーデンの会社と契約締結を材料視

お疲れ様です。

推奨銘柄のバイオ系の一角 ソレイジアに材料が出ました。

年末ということでバイオや新興に注力しておりますが、続々と上げてきています。

 

その中でソレイジアに材料

https://minkabu.jp/stock/4597/news/1408629

 

詳しくは読んで頂いたほうが早いと思いますが、スウェーデンのバイオベンチャー、プレッド・ファーマと、がん化学療法に伴う末梢神経障害を適応とする開発品(開発品コード「SP-04」、プレッド社商標「PledOx」)の日本、中国、韓国、台湾、香港およびマカオでの開発事業化の独占的権利を導入する契約を締結したと発表。

 

バイオが盛り上がっている中で材料が出るのは非常に良いこと。

早速プラスになっているわけではありますが、

数ヶ月間、底でモミモミしていた株価が変わるきっかけになることに期待しましょう。

【銘柄レビュー】現在推奨中の銘柄レビュー

今推奨中の銘柄をレビューしておきたいと思います。

今後の戦略についてなど。

オービス(7827) 7827 株価と銘柄情報

下げています。

こちらは中長期路線で持つならあと半分以下を持っておいてもいいということになります。

短期では、まだ調整するかもしれません。

こればかりは仕方がないでしょう。なので、しっかり利確しましょうという話でありました・・・が中長期では割安銘柄です。

 

メドレックス(4586) 4586 株価と銘柄情報

バイオに資金が入っていない状態、それはジーエヌアイ(2160) 2160 株価と銘柄情報 や、ソレイジア(4597) 4597 株価と銘柄情報 などを見てもわかります。

全利確でもいいと思います。

ジーエヌアイ(2160) 2160 株価と銘柄情報 については、たしかに安値からは数倍になっていますが、メドレックス(4586) 4586 株価と銘柄情報 も安値からは3倍近くになっていますし、

夢を持ってもいいが、そろそろ利確でもいいだろうというところです。

配信としては継続しますが、必ず半分以上利確の上でとしておきます。

オービス(7827) 7827 株価と銘柄情報 も同様。

 

システム情報(3677) 3677 株価と銘柄情報

結構重たいですが、チャートを作ってきていますし押し目は狙い目かなとも思います。

 

フィット(1436) 1436 株価と銘柄情報

こちらも重たいですが、重たい場面は仕込みどころかと。

押し目狙い。

ただしこちらは決算持ち越し銘柄なので、決算持ち越しをリスクと取る場合は、少なめにするか、スルーしましょう。

 

JIA(7172) 7172 株価と銘柄情報

ASTI(6899) 6899 株価と銘柄情報

好業績、割安銘柄。時価~押し目は狙い目でしょう。

ただし、基本的にすでに仕込んであるものとして考えています。

それぞれ、503円、3655円で推奨した銘柄です。

 

次の銘柄は現在探し中。

戻りは売りも入りやすい相場付きのため、積極的に出したいところではありますが、無理はしないようにしています。

今の相場は、上げた銘柄をさらに積極的に買う路線ではありませんから、先週買いの、継続というイメージ。

新しい銘柄についてはまた、タイミングを見て紹介していきたいと思います。

銘柄は乱発すれば当たるものでもありませんし、リスクを取る場面と、果実を刈り取る場面などがあります。今はどちらにしても中途半端で個別も新規ではやりにくい場面です。見極める場面も必要です。

タイミング良くオービス(7827) 7827 株価と銘柄情報 やメドレックス(4586) 4586 株価と銘柄情報 、またJIA(7172) 7172 株価と銘柄情報 やASTI(6899) 6899 株価と銘柄情報 に入れたかたは利益がでていると思いますが、そうでない場合も焦らないようにしましょう。無理すると経験上、逆に行くほうが多いですので、タイミングと新規をお待ちいただくのがいいと思います。

 

入る場合は、株価的には、システム情報(3677) 3677 株価と銘柄情報 やフィット(1436) 1436 株価と銘柄情報 あたりが狙いやすいのかなと思います。

その他、ACCESS(4813) 4813 株価と銘柄情報 や、中長期で鳥貴族などは面白いとは思っています。

【スクリーニング】【気になる銘柄】今週の週間銘柄 無料会員様特典☆

今週の注目の銘柄です。

この銘柄だけでも良好なパフォーマンスを得ることができると自負しております。

 

【買い】

ソレイジア(4597) 4597 株価と銘柄情報  ただし押し目のほうが良いかも

イーブックイニシアティブジャパン(3658) 3658 株価と銘柄情報  反転期待

ジーエヌアイ(2160) 2160 株価と銘柄情報  資金が新興にくるなら新値も

スーパーバッグ(3945) 3945 株価と銘柄情報  全体相場次第のためスルーでも良いでしょう

 

【売り】

澤藤電機(6901) 6901 株価と銘柄情報

WASHハウス(6537) 6537 株価と銘柄情報

力の源ホールディングス(3561) 3561 株価と銘柄情報

 

単純に、買いは狙いにくい相場付きで、後場にかけて弱い事が多いので、買いは無理しないほうがいいかもしれません。

戻り売りが多いので、日経平均など高値になったら、利確、売り、などを機械的にしていくほうが無難でしょう。

【IPO】3/24 上場 ソレイジア・ファーマ(4597)初値予想と銘柄評価。初値株価に投資妙味はあるか?

 

銘柄情報

◆会社名: ソレイジア・ファーマ(4597) 4597 株価と銘柄情報
◆事業内容:悪性腫瘍に係る医薬品・医療機器の開発、販売
◆関連セクター: 医薬品業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・アンジェスMG(4563:東証マザーズ)予想-
・グリーンペプタイド(4594:東証マザーズ)予想-

◆公開価格 想定発行価格180円 時価総額はOA含め、40.2億円程度 
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 有り。
◆大株主 VCと、伊藤忠商事(株)などの企業の他は、ほぼ会社関係者。
◆ロックアップ 株主によって90日間、1.5倍
◆上場市場:東証マザーズ
◆PER:-

所見

ここは、海外又は国内の製薬企業又はバイオベンチャー企業から有望な新薬候補品を導入し、日本及びアジア諸国における臨床試験を中心とした開発活動を通じ、製品を医薬品市場に供給する事業を展開しているバイオ企業です。

悪性腫瘍治療を目的とする医薬品の開発及び販売を主たる事業領域としています。
また、悪性腫瘍治療薬の投与や放射線治療によって生じる有害事象(副作用等)を軽減し、悪性腫瘍に対する治療及び患者のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)向上が期待できる医薬品及び医療機器の開発及び販売も事業領域としています。
標準的な製薬バリュー・チェーンは、上流の基礎研究、製剤研究、非臨床開発の各機能、中流の臨床開発機能、下流の販売、マーケティング、製造販売後調査、製造の各機能により構成されます。
ソレイジア・ファーマは上流機能を持たず、中流以降の各機能に特化した事業を推進しています。
なお、現在は、製造機能の全部及び販売機能の一部を保有しておらず、販売機能は中国の主要都市(北京市、上海市、広州市)に対するもののみ保有しています。
また、ソレイジア・ファーマ中国子会社では、開発が完了し、現在中国当局に承認申請中である医薬品又は医療機器が当局による承認を得る方針です。
その後、主要都市(北京市、上海市、広州市)において、バリュー・チェーンの下流に位置する販売、マーケティング、販売後調査等、すなわち医薬品等の品質、有効性、安全性等の情報提供、収集及び伝達を自社で行い得る体制の構築を進めています。

この会社の開発におけるパイプラインは、2008年5月の本剤導入後から臨床開発を推進してきました。
2008年に日本人での薬物動態試験、2012年に韓国人での薬物動態試験をそれぞれ実施した他、2013年から2014年に亘り中国人での薬物動態試験及び中国人がん患者での無作為化二重盲検比較試験を実施し、2014年6月に中国において新薬承認申請を完了し、本書提出日現在、中国規制当局による審査が行われています。
中国主要都市(北京市、上海市、広州市)は、自販モデルにより収益化を図る方針です。
ソレイジア・ファーマ中国子会社においてマーケティング体制及び販売体制を構築のうえ運営し、医薬品卸業者等を活用し、製品販売を行う計画です。
また、主要都市以外の中国市場に対しては、導出モデルにより収益化を図る予定です。

業績・財務

ここからは、業績・財務面を見てみます。
売上高はきれいに業績をのばしております。各利益面においては、バイオ関連という事も有り、損失額が横ばい推移となっており、黒字転換への道半ばといったところでしょうか。
自己資本比率は資料に提示されておりません。営業キャッシュフローマイナス、現金同等物はプラスとなっています。

まとめ

このIPOは、想定価格がかなり低めなので、買いやすい案件ではあるのですが、赤字続きのバイオ企業ということもあり、買いが集まりにくいかと思います。一時期流行ったバイオ関連も現在は下火状態となっています。
そして、下手をすれば公募割れの可能性も有るので、今回は申込みを見送っても良いのではないかと思います。

その他、現在要注目の銘柄

テンバーガー候補の注目銘柄です。すでに発進中。興味がある方はぜひご覧ください。

【リスク有り】【新規銘柄】テンバーガー候補 2●●● 無料会員様へ公開いたします☆

このページの先頭へ