「最新の株価予想! ヤフー(株)(4689)」の検索結果一覧

最新の株価予想! ヤフー(株)(4689)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
ヤフー(株)の株価チャート

【新規銘柄】【推奨銘柄】時価~押し目狙い 3●●●に注目します。

おはようございます。

新規銘柄を場前に出して置きたいと思います。

時価~押し目狙い。

銘柄情報

イーブックイニシアティブジャパン(3658) 3658 株価と銘柄情報

見解

先月28日に、会社のヤフー(4689) 4689 株価と銘柄情報 が運営する電子書籍ストア「Yahoo!ブックストア」のストア運営業務を受託したと発表しました。

そしてそれを、4月1日から実施中。

今まではヤフー電子書籍の受託のみであったが、今回の業務委託は、販売促進に向け施策の企画・立案を行うほか、Webページなどの編集・制作、出版社との取引に関する業務なども全て行う。

電子書籍のシステムや販売は単価自体が安いので、四季報の通り売上だけ伸びて利益が伸びない構図となるのは予想できるが、サイトの企画・立案、各スポンサーとの販促提案・コンサルティング、更に電子書籍内のWebページ制作や編集、出版社との取引業務などを行う事で、同社の事業の優位性と収益性が大きく上がる事になる事が予想されます。

また、追加事業の企画・コンサル・Webサイト・交渉などは全てヤフー側が美味しい所を持って行ってた収益源の事業内容である為、この業務委託は現在の赤字と黒字の間の同社の株価には大きなインパクトを与える事になりそうであり、売上と共に、今後は利益幅もヤフーの受託により増加して行く事が予想されます。

参考チャート

(株)イーブックイニシアティブジャパン【3658】の株価チャート

チャート・狙い方

チャートは強い。

先週は地合いが悪化する中、押し目圏でローソク足で最強級の週足での包み陽線を形成しており、大相場に入る可能性も示唆しています。

また、昨日の1400円超えは過去の出来高抵抗帯で最も強かった場所である事から、下値不安が非常に少ない状態であり目先は年初来高値の更新から、2000円超えも可能なチャート状況。
よって、時価~押し目は積極的に狙いたい。

板の状況を見ると本日朝から弱い可能性もあるので、押したところは拾ってみたい銘柄とします。

ファンダメンタル

PER:-

PBR:2.93

EPS:22.6

時価総額:82億

【推奨銘柄】【新規推奨】3●●● 材料から大きく動きそうな銘柄である、情報関連銘柄に注目

推奨銘柄 本日2本目ですが、紹介いたします。

こちらの銘柄は少々強気の銘柄であります。

銘柄

イーブックイニシアティブジャパン(3658) 3658 株価と銘柄情報

現在1504円

見解

一昨日の28日に親会社のヤフー(4689) 4689 株価と銘柄情報 が運営する電子書籍ストア「Yahoo!ブックストア」のストア運営業務を受託したと発表。

4月1日から実施するそうです。

 

収益拡大を期待した買いで29日にストップ高となったが昨日は反落となっている。

今まではヤフー電子書籍の受託のみであったが、今回の業務委託は、販売促進に向け施策の企画・立案を行うほか、Webページなどの編集・制作、出版社との取引に関する業務なども行う。

電子書籍のシステムや販売は単価自体が安いので、四季報の通り売上だけ伸びて利益が伸びない構図となるのは予想できるが、サイトの企画・立案、各スポンサーとの販促提案・コンサルティング、更に電子書籍内のWebページ制作や編集、出版社との取引業務などを行う事で同社の事業の優位性が大きく上がる事になりそうである。

また、追加の企画・コンサル・Webサイト・交渉などは全てヤフー側が美味しい所を持って行ってた収益源の事業内容である為、この業務委託は現在の赤字と黒字の間の同社の株価には大きなインパクトを与える事になりそうである。

昨日の売りは1000円くらいから大きな出来高で上昇相場が始まっていた仕込み組の利食いや、材料の内容を理解できていない人達の売りと予想され、今後、同社の株価の評価は上がって行くものと思われる。

売上はヤフーの受託よりウナギ登りに増加しており、4月からは利益までついて来る予想ができるので楽しみな銘柄と言える。

株価の行方は、浮動株が少ない同社の出来高を見れば今後の予想はつくと思われる。

現在の出来高は2013年~2014年の大相場(1000円→4000円)の出来高より少ない状態だが、材料的には、これ以上の上昇してもおかしくないレベルと評価できるので、市場がその評価を出した場合は出来高が極端に増えてくるので、その時は、大相場に発展する可能性も十分に考えられる。

特に、浮動株が少ない(ヤフーやクックパッドのような特定株主が多い)ので、上がりだしたら値動きが軽い特徴もあるので、意外高もあり得る銘柄として、強気で買い推奨いたします。

 

 

参考チャート

(株)イーブックイニシアティブジャパン【3658】の株価チャート

ファンダメンタル

時価総額 77 億円
予想PER — [154.18]
実績PBR 2.95
予想配当利回 0.00% [0.00%]

狙い方

時価~押し目狙い。

ロスカットは7~10%程度だが、一旦はね上がっているため、状況次第。押し目で狙える方向性も考慮すべきです。

チャートは、2011年のIPO時から800円~1600円の出来高が多く、昨日の利益確定組も1600円の出来高抵抗帯を見ての売りとも言えそうです。

よって、この1600円ラインを超えた時は、株価は暴騰の始まりとチャートは示唆する事になります。

1600円抜けると2000円の節目までの上昇は早く、下値は1600円ラインがサポートとなり、更に上値を目指すチャート形状となります。2000円を抜ければ、上場来高値の4000円まで節目なしよりイケイケ相場も考えられます。

つまり、このあたりが仕込みの注目ポイント。

長い目線でみるならば、下げても押し目とみてどんどん買い込んでいく考え方もありです。

 

基本は時価、押し目とロスカットは状況次第、と考えて強気推奨します。

 

【セクター情報】アリババグループ(阿里巴巴)関連銘柄 

 

 

【概要】

本日は、ニューヨーク証券取引所にて上場を達成しましたアリババ関連銘柄について、セクター情報を紹介しようと思います。

LINE関連が、人気度から相当の上昇をしましたが、このアリババも強い影響力があると思います。特にソフトバンク関連には大きな利益をもたらすこととなり、現在の株価にも表れていると言えるでしょう。

ただし、すでに上場した時点で人気化していますから、関連銘柄全てに資金が向くとなるとさらなる人気化が必要となります。
ポートフォリオに入れておき、銘柄の特徴をつかみながら対応していくと良いでしょう。

【アリババグループ 企業概要】

企業間電子商取引をサポートする大企業。すでに中国だけでなく世界的に注目される会社となっております。
決済サービスのアリペイが特に有名。他、淘宝網(タオバオ)、天猫等といったサービスを手掛ける。

 

【出資、アリババ関連銘柄】

・ソフトバンク(9984) 9984 株価と銘柄情報
アリババへ出資、孫氏が保有する株式の評価額だけでも兆単位。
日経平均への寄与度が高い。
アリババグループへの出資から、この銘柄に波及すると日経平均への影響も好影響が出ると思われます(ただし調整時にもそれなりの影響があるでしょう)

・アイティメディア(2148) 2148 株価と銘柄情報
ソフトバンクグループとして、こちらも人気化する可能性がある。
ソフトバンクが強い展開になるのであれば、こちらにも自然と資金が向く可能性があり、同時か、少し遅れて動意する可能性があります。

・アドウェイズ(2489) 2489 株価と銘柄情報
LINE関連銘柄として注目が過熱した銘柄の一つ。
アリババのグループ会社でもあり、アリペイのサービスをEC事業者などへ提供している。

・Yahoo ヤフー(4689) 4689 株価と銘柄情報
アリババへ米Yahooが出資しているため、アリババが人気化し株価が上がれば、こういった関連銘柄、出資銘柄に資金が向く可能性も。

 

【電子商取引、EC関連事業銘柄】

・ビリングシステム(3623) 3623 株価と銘柄情報
テンバーガーと呼ばれる、10倍化を達成するなど電子商取引関連では素晴らしい株価の変革をもたらした銘柄。
アリペイのEC事業者向け代行サービスの提携、業務提携中。

・バリューコマース(2491) 2491 株価と銘柄情報
・GMOペイメント(3769) 3769 株価と銘柄情報
・楽天(4755) 4755 株価と銘柄情報
・デジタルガレージ(4819) 4819 株価と銘柄情報
・ウェルネット(2428) 2428 株価と銘柄情報
・インフォマート(2492) 2492 株価と銘柄情報

EC関連銘柄は全体的に注目されます。
アリババが注目され、さらに電子商取引が注目され、その後EC関連銘柄へ、という資金の流れの元で中長期的な視野で見るならばこうした銘柄にも注目でしょう。
ウェルネットは電子商取引としても注目。
こういった関連銘柄はEC、電子商と繋がっている銘柄が多いのでまとめて紹介させて頂きます。

 

次は、今秋の大きなIPO。
リクルート関連のセクター銘柄を紹介させていただこうかと思います。

このページの先頭へ