「最新の株価予想! (株)ロゼッタ(6182)」の検索結果一覧

最新の株価予想! (株)ロゼッタ(6182)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
(株)ロゼッタの株価チャート

【無料銘柄診断】ロゼッタ(6182)

銘柄診断のご依頼を頂きましたので、お答えします。

※銘柄診断は、アライアンス・パートナーの@marketにご協力頂いています。

 

★ご質問

6182 ロゼッタ

・平均取得単価  4000円
・購入時期 7月中旬
・200株

今後買値まで 戻るのか それから近いうちに材料など出るのか?

損切はどのラインでした方がよいか?

◆ご回答

・今後買値まで戻るのか

成長性が評価されている銘柄。業績の数字(一株当たり利益など)より市場全体のセ
ンチメントに左右される部分も大きいので、株価の振れ幅が大きいのは覚悟。東証マ
ザーズ(指数や全体のセンチメント)が弱い中でこの値持ちは立派。ただ東証マザー
ズがここから更に売り込まれると一緒くたに売られる可能性もあるのでそこには注
意。逆に言えば、ひとたび東証マザーズの雰囲気が良くなれば、買値まで戻る可能性
はもちろん十分ありますし、5000円まで突っかけるのも難しくはないでしょう。
21年2月期の一株当たり利益のコンセンサスが87.343円、22年2月期で145.05円となっ
ているので、87.343x50=4367.15円、145.05x30=4351.5円と4300円ちょい上まで
は業績で見ても無理なく達成しそうな感じです。そこから上は上記の通り雰囲気の改
善次第だと思われます。

・近いうちに材料など出るのか?

現段階では聞いておりません。

・損切はどのラインでした方がよいか?

損切のラインはご本人の取引スタイルやリスク許容量(資産額や保有銘柄数、分散具
合など)に左右されますので、一概にはいえません。一般的には株価で-5%から
-10%ですが、こういった銘柄の株価の変動の大きさを覚悟して購入したのであれ
ば、-20%も考えられます。チャート的には9月3日の安値3065円を切ってくると要警
戒ですので、-20%と合わせて3100円から3200円まで下がってしまったら、損切りな
のか買い増しなのかを考えるところだと思います。

以上。

無料銘柄診断をご希望の方はこちら

【相場観】逆風ふくが、押し目は狙いたい銘柄もある

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【相場観】現在の場味

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【相場観】年末本命

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【監視銘柄】押し目狙いの銘柄 3銘柄

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【銘柄レビュー】相場安定 推奨銘柄レビュー

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【監視銘柄】6●●●

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【一般公開】【注目銘柄】ロゼッタ(6182) 推奨銘柄ではありませんが、何度か当サイトでも会員様にご案内はした銘柄です。

ロゼッタ(6182) 6182 株価と銘柄情報 の記事をまとめてみましたので公開いたします。

チャートが良いことなどから、注目はしてみたいということで、1900円台で会員様には時折ご案内しております。

業態

人工知能(AI)を用いた自動翻訳ソフト、法人向け翻訳サービスなどを提供しており、「T-4OO」「熟考」など専門分野やクライアントに特化した内容に強みをもつ。

業績

2018年2月期業績は売上5%増(対計画比87.2%)、営利▲238百万円の営業赤字となったが、今期見通しでは先行投資を終え、飛躍のステージに入ったとして売上・利益ともに黒字化となることを予定している。

受注ベースでは2018年期時点で機械翻訳事業が順調に拡大しており、今期はこの事業に集中し、人員拡充や他社との業務提携などを通じて販路を拡大し、増収増益を狙う。

株価指標

株価指標については、(時価総額 201億円、PER 111.7、PBR 22.4、EPS -121.7)となっており、株価指標からは成長期待銘柄といった数値となっている。

 

また、機械翻訳、翻訳サービスを手掛ける競合としては、

フュトレック(2468) 2468 株価と銘柄情報 (時価総額 63億円、PER 317.1、PBR 2.0、EPS -14.6)
ソースネクスト(4344) 4344 株価と銘柄情報 (時価総額 475億円、PER 26.7、PBR 7.4、EPS 20.4)
ビジョン(9416) 9416 株価と銘柄情報 (時価総額 666億円、PER 41.8、PBR 7.6、EPS 74.3)
アドバンスト・メディア(3773) 3773 株価と銘柄情報 (時価総額 394億円、PER 66.7、PBR 7.1、EPS 32.8)
翻訳センター(2483) 2483 株価と銘柄情報 (時価総額 84億円、PER 14.1、PBR 2.14、EPS 336.4)

などがあげられ、対してみると決して割安とはいえず今期以降の成長次第といったところか。

 

今後について

この機械翻訳に関しては、テーマ性としてはAI、オリンピック、グローバル化施策なども含むため、市場の関心度は高いことが直近の株価推移からもうかがえる。

2016年に上場来高値3290円をつけて以降、株価は下落トレンドを続けてきたが、直近の決算発表以降、先行投資が終わったとの発表に期待する評価がはいっているのか、悪材料による窓を開けての2018年4月の下落以降は上昇トレンドでの推移となっている。

更にこれからオリンピックが近づくことや、国を挙げてのグローバル化施策の進展が、業績に結び付くような材料となれば更なる上昇が期待できる。

テクニカル

なお、節目としては2100円、2300円あたりが過去の揉み合いレンジだったため、安定した地合いや新規材料によるパワーが必要。

このところは業績に悪材料での下げが多いため、テーマ性のある好材料がほしいところ。

しかしながら、テクニカル的には底入れ感があるので、じわじわ上昇していくのではないかと見て、中期的には面白いと見ております。

【来週注目の銘柄】【銘柄レビュー】来週、いい形になりそうな雰囲気を持つ銘柄

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

【相場観】本日の相場観

後場、お疲れ様です。

本日の相場観です。

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

このページの先頭へ