「最新の株価予想! Fringe81(株)(6550)」の検索結果一覧

最新の株価予想! Fringe81(株)(6550)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
Fringe81(株)の株価チャート

【監視銘柄】監視銘柄紹介してみます。

現在、推奨はしづらい環境ですが、

調子の悪いマザIPO関連に戻りが入っているなど、雰囲気が変わってきています。

ゲーム関連にも戻り発生中。

ミクシィ(2121) 2121 株価と銘柄情報 が弱いので微妙ではありますが、ブロッコリー(2706) 2706 株価と銘柄情報 含め戻り期待

 

というわけでいくつか監視してみたい銘柄を紹介

 

Fringe(6550) 6550 株価と銘柄情報

ダブルボトムからの、8月高値をぬいてきたことで、反発機運があります。

5500円は早いかもしれず、25日平均線割れカットで考えればリスクも低い。

 

アクセルM(3624) 3624 株価と銘柄情報

デジタルアドベンチャー(4772) 4772 株価と銘柄情報

反発機運。売られすぎ感あり。

 

低位株で、

大黒屋ホールディングス(6993) 6993 株価と銘柄情報

どこかで動いてくるのではないかと見ています。長期的視野の低位株ですが、80円割れロスカットで攻めれそう。

 

アセンテック(3565)

システム系

業績順調

5000円超えてくると青天井

 

などなど、監視しています。

ご参考までに。

 

【推奨銘柄】【銘柄レビュー】今日の動きを見て、状況次第で動きます。

前場お疲れ様です。

推奨銘柄ですが、今日の動きを見て、状況次第で動きます。チャートが悪いのは減らすかもしれません。

アイフリークモバイル(3845) 3845 株価と銘柄情報 は材料から上昇。継続でよいでしょう。

 

アズジェント(4288) 4288 株価と銘柄情報  微妙なところ。弱気示唆のチャートならば、リスク管理のため終了する可能性ありとします。陽線で継続、陰線になっていくならカット、としたいところ。

 

 

 

【IPO】

Gamewith(6553) 6553 株価と銘柄情報 が上昇。底入れ機運。4000円奪還から、VC売り収まっているならば4500円、5000円も期待できる銘柄と思います。

ツナグソリューションズ(6551) 6551 株価と銘柄情報 上値期待だが勿体無い動きになってしまった。今日陽線ならば継続。陰線に変化するならばカットするかもしれません。

Fringe(6550) 6550 株価と銘柄情報  4950円になるならロスカット。

 

 

他は動きがあれば都度紹介していきます。

 

【推奨銘柄】【推奨完了】【新規推奨】推奨中IPO銘柄、ツナグソリューション上昇中。動かない方は終了し、新規IPOを出します。

 

後場お疲れ様です。

先程の配信の、証券コードに違うところがありましたので、

念のためお知らせです。

 

Fringe81(6550) 6550 株価と銘柄情報

 

となります。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

【推奨銘柄】【推奨完了】【新規推奨】推奨中IPO銘柄、ツナグソリューション上昇中。動かない方は終了し、新規IPOを出します。

後場お疲れ様です。

ツナグソリューションズが上昇となりました。

6100円→6750円。

まだまだいくかもしれません。

 

というわけで、流れもありますので、次のIPOを紹介。

どちらかというと、もう一つ上昇するのは、ゲームウィズよりも、ユニネク(3566) 3566 株価と銘柄情報 でした。

これはチョイス失敗したかもしれません。申し訳ありません。

 

ゲームウィズ動かないのでこちらは3710円で撤退し、

Fringe81(6550) 6550 株価と銘柄情報 に変更します。

現在、5310円

 

こちらのほうが動きそう、押し目、ダブルボトムからの反転が見えます。

6000円方向、新値出れば青天井もありえる銘柄でしょう。

【IPO】本日のIPO Fringe81(6550)初値投資に買い妙味はあるか?

おはようございます。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、タイトル通りですが、IPOとして本日、Fringe81に買い妙味があるかです。

 

そもそも、初値投資で固く行ける銘柄というのは年間数本ぐらいしかないのですが、

Fringe81は、買い妙味のある数字は

3000円~4000円。

高くとも、4500円まで、あたりです。

 

それ以上となると買い妙味は無し。

寄り付き前の状態で6550円の高値をつけていましたので、

普通にいけば、高すぎる株価で初値がつきそうなので、今回はスルーとなりそうです。

(実質上ほとんどスルーが中心です。エコモットは札証だからこそ安寄りしたのもまた事実ですので)

 

もしも4500円以下で寄り付くなら、リスクを追えるならINとします。

その場合のロスカットは、買値マイナス10%。

 

IPOであえてリスクのある投資をしていこうというわけではありませんので、基本スルーが多いですが

参考にしていただければと思います。

 

【IPO】本日のIPO Fringe81(6550)明日の初値に妙味はあるか?

今月のIPOはあと4銘柄。

今月のIPOが終わると来月もすでに決定済のもので4銘柄ありますが、7月12日が次、であることから資金は集まりそう。

その中で、ツナグソリューションズ(6551) 6551 株価と銘柄情報 は地味となりそうですが、

SYSソリューションズ(3988) 3988 株価と銘柄情報 と、Gamewith(6552) 6552 株価と銘柄情報 、そして明日のFringe81(6550) 6550 株価と銘柄情報 については注目が集まりそう。

 

明日IPOのFringe81(6550) 6550 株価と銘柄情報 は、事業内容として

・インターネット広告配信プラットホーム(アドネットワーク)等のサービス開発

・広告主のマーケティング支援サービスの提供

・HRテック領域等におけるウェブサービスの提供等

と、ネットワークやインターネットに特価しています。

 

公開価格時で、

・時価総額62億
・吸い上げ資金7億台
・EPS84.13
・PER30.9

ということで、実際に上場したときには割安感はなさそうですが・・・銘柄内容からすると、割高とも言えない。

 

公募価格 2600円です。

 

人気が集まりやすいだけに、初値も上がりそう。

初値が上がった場合はギャンブル的になるためスルー。

また、30日に3つ、IPOがあることからも、簡単にはINを勧めれません。

 

INする場合は、安く寄り付いた場合のみでしょう。

 

時価総額62億と小型銘柄であり、VCが大株主、VCは3900円でロックアップ解除です。

よって、割りと安めの株価で寄り付く可能性もあります。

 

VCと利確をこなせるかが重要で、VC売りをこなして上昇していくパワーを見せるならば、時価総額60~100億円はいかにも安値であるので、初値形成後、強い推移で5000円を突破しての動きになるかもしれません。

 

類似銘柄、PER比較

ファンコミュニケーションズ(2461) 2461 株価と銘柄情報  19.1倍

フルスピード(2159) 2159 株価と銘柄情報  16.6倍

レントラックス(6045) 6045 株価と銘柄情報  23.6倍

サイバーエージェント(4751) 4751 株価と銘柄情報  45.9倍

 

実際に、初値でINがありえるのかどうか・・・・

詳しくは会員様にご案内させていただきますので、よろしくお願いいたします。

【IPO】明日からIPOが始まります。そのため・・・

おはようございます。

明日からIPOが始まります。

よって、戦略は少し変えて置く必要がありますのでご注意下さい。

まず、今年上場した会社は、どちらかというと軟調気味になりやすい。

現在はネットマーケティ(6175) 6175 株価と銘柄情報 ぐらいしか紹介していませんが、

前に紹介していたセグエグループ(3968) 3968 株価と銘柄情報 なども対象になりやすいかも。

 

換金売り→新規IPOへ投資

という投資家が増えますので、どうしても売られやすくはなります。

 

とはいえ、この2本に関しては、セグエグループ(3968) 3968 株価と銘柄情報 は上昇過程、ネットマーケティング(6175) 6175 株価と銘柄情報上抜け期待、とチャートがいいので、現在はセグエは紹介していませんが、まだまだ期待してみている銘柄ではあります。

 

一応今後のIPOを紹介しておきますと

6月15日 ビーブレイクシステムズ(3986) 3986 株価と銘柄情報
6月20日 DMソリューションズ(6549) 6549 株価と銘柄情報
6月21日 エコモット(3987) 3987 株価と銘柄情報
6月27日Fringe(6550) 6550 株価と銘柄情報
6月30日ツナグソリューションズ(6551) 6551 株価と銘柄情報
6月30日SYSHD(3988) 3988 株価と銘柄情報
6月30日GameWith(6552) 6552 株価と銘柄情報
7月12日ソールドアウト(6553) 6553 株価と銘柄情報
7月19日ユニファームネクスト(3566) 3566 株価と銘柄情報

と続きます。

数は少なめではありますが、どうしても資金の逃げは否めませんので、昨年年末~今年にかけてのIPO銘柄への投資は注意をしておくにこしたことはないでしょう。

【相場観】2016/6/3相場観 アメリカ相場はまちまち。日本売りは止まるか。最重要ポイントは今晩の雇用統計

おはようございます。

本日もよろしくお願いいたします。

 

昨日は波乱の1日となりました。

全体相場が非常に弱くマザーズも弱い。

日経平均は上げるときは少しずつ、下げるときはドカンなのでやりにくいと言えましょう。

 

さすがに日経平均に押され新興市場も弱かったといえます。

 

今夜はアメリカの雇用統計。

ここを踏まえ、出来高は減少、新たな材料などがなければ小動きになる可能性が高いと見ます。

16550円~16750円あたりの動きか。

寄りは今のところ16600円前後での寄りとなりそう。

 

判断はかなり難しいですが、

寄り前の板を見るとエディアが強い。

寄り前に外される可能性もありますが、まだまだ注目できそう。

 

ブランジスタも寄り前強そうです。

 

昨日紹介しましたアカツキはマザーズの凋落などから弱いが、上記2つが強そうであれば、こちらも強さはあらわれてもおかしくはない。

4月から続いている4000円あたりは、シコリとなりますが、支えにもなりそうですので、ここでの支えに期待。

 

昨日のような相場ですと、損してでも売る、損する前に売る、という心理が動く。

そこには理というのは存在しません。

 

が、相場環境を冷静に見れば、16500円以下は、今後の日本側の材料(政局、さらにはその後の経済対策)への期待感が出ますし、安倍総理もなんでもやる方向性、日銀も同じでしょう。

昨日はマイナス金利への副作用を懸念されて下落しましたが(売り仕掛けしたいところがあったのだとも推測します)、ここから下は逆に買い場だと見ております。

 

正直なところ、今の相場はそうそう簡単に稼げる相場ではありません。

きちんとしたリスク管理のもと、ヒットアンドアウェイを含めて、3~4銘柄分散していく必要がありましょう。

1銘柄でやっても上手くいきません。是非分散していくようにしてください。

 

厳しい相場が続きますが、頑張ってまいりましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

【相場観】日経平均の考え方

 

先ほども申し上げていましたが、

16500円付近

 

あるいは、16600円~以下

 

あたりは買い場ではないかと見ます。

 

日経平均寄与銘柄をやるのもいいですが、

こういうときに面白いのは日経平均先物です。

 

先物はリスクヘッジにも使えますので、こういった急落場面で、複数回に分けて買うのは、アリと考えています。

たとえば、16550円、16250円、15800円、といったように買っていくイメージです。

 

将来数か月、参院選、秋の経済政策、と基本的に強気になる可能性は高いと思われ、急落、押し目場面は買い場と見ますから、

先物をやるのも1つの手段として考えると面白いと思います。

 

以上参考までに。

【推奨銘柄】【IPO】【新規仕掛け】9●●● 情報サービス銘柄に注目

一般公開いたしました。

 

またもIPOです。

 

逆張りとなりますので、ロスカットはきちんとすることを前提に、注目。

 

スマートバリュー(9417) 9417 株価と銘柄情報

 

現在6000円前後で推移。

ここ数日は、5710円~6550円の狭いレンジで推移。

上場来、9430円の高値あったが、その後は下降トレンド。下げるとどこまで下げるかわからないだけに、5600円でロスカットは必須。

がんばっても5400円でロスカット。

 

本日、陽線引っ張って引けてくると反発チャートとなる可能性がある。

 

テラスカイなどの資金が、他のIPOに移ったり、夏場の閑散時期にIPOに資金が移る可能性があるため、こうした押し目どころのIPOは注目される。

 

銘柄としても、自治体向けクラウドサービスを手掛けるなど、非常に面白い。

ただし、実態は携帯ショップ売り上げが大半であり、実はクラウドはまだまだ強くはないのですが。

 

狙い手としては6000円付近。6100円~6200円ぐらいまでの仕込みか。

高値を買うと抑えが入るかもしれないので、あまり高いところは買わない方が良い。

まずは6250円を超えたい。

推移としては6100円以上で推移してほしいところ。

強ければ、あるいはある程度資金が入れば、7月8日高値7200円あたりを超えてくるかもしれず、しっかり反発してくると人気銘柄だけに大きく動く可能性もあります。

 

ロスカットは5600円としていますが、陰線引っ張って引けるようならば、あまり下げてなくてもロスカットするかもしれません。

チャートをある程度重視します。形が悪くなれば撤退の可能性。

 

VC銘柄でもあり、ロックアップは外れている。

ロスカットはきちんとする必要がありますが、IPOとして注目の1つの銘柄でしょう。

このページの先頭へ