「最新の株価予想! トヨタ自動車(株)(7203)」の検索結果一覧

最新の株価予想! トヨタ自動車(株)(7203)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
トヨタ自動車(株)の株価チャート

【相場観】【推奨銘柄】相場観、推奨銘柄等のおさらいをしておきたいと思います。

お疲れ様です。

相場と推奨のおさらいをしておきたいと思います。

まず、相場の読みとして下落を危惧する状態であるということは申し上げている通りです。

 

①日米、政局不信

②先々週から続く、新興の下落

③それに伴う日経平均の下落

 

これを、アメリカの動きでなんとか保っていた感がありましたが、

そろそろそれも限界に来るのではないか?という感じがします。

この新興の下落は序章になるかもしれない。

 

というわけで、カイポジションは無し。

 

売りポジションのみとしました。

 

・ミクシィ(2121) 2121 株価と銘柄情報 売り 継続

・日経平均先物 20100円で売りで推奨

・マザーズ先物 1180Pで売り推奨

 

・日経平均先物をやっていない場合は

日経ベア2(1360) 1360 株価と銘柄情報 買い

日経レバ(1570) 1570 株価と銘柄情報 売り

マザーズコア(1563) 1563 株価と銘柄情報 売り

国際のETFVIX短期先物指数(1552) 1552 株価と銘柄情報 買い

 

それに加えて、自由選択として以下も上げておきます。

 

今、カイポジションを大量に入れていると、ボロボロになるかもしれません。

警鐘を鳴らすというよりは、

ここ数年基本的に買いが続いていたわけです。時折大きく下落しても上げてきましたが、

2015年などの下げで、買いしかできなかった個人投資家は、大きく負けて株から撤退するわけです。

 

そうならないためにも、売りのやり方、あるいは買いを持たない勇気。

これをしっかりと念頭に置いておいていただきたいと思います。

 

今は売り目線です。

逆にここから上げる分にはさほど大きな損になりません。

しかし下げた場合は、トランプ氏が就任したときの株価であるダウでいえば18000ドル

日経でいえば17000円

マザーズならば800P~900P

まで下げても何らおかしくない状態に悪化しつつあるかもしれません。

 

また、欧州でも利上げ方向が頭にちらつきます。

リスクを考えるに越したことはない状態です。

ノーポジにするか、ウリ目線の銘柄やETF、先物でやっていくようにしましょう。

 

一般信用売り可能な注目銘柄

任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報  
トヨタ自動車(7203) 7203 株価と銘柄情報  
ソフトバンクグループ(9984) 9984 株価と銘柄情報  
ファーストリテイリング(9983) 9983 株価と銘柄情報  
ファナック(6954)

新興系 下落相場になる時に大きく調整思想な銘柄の候補

個別はプレミアム空売りの検討等を

http://www.matsui.co.jp/service/margin/d-margin/premium-fee/

 

マザーズコア(1563) 1563 株価と銘柄情報  

マザーズ先物売り

 

サイバーステップ(3810) 3810 株価と銘柄情報  スマホアプリ

ミクシィ(2121) 2121 株価と銘柄情報  スマホアプリ

ドリコム(3793) 3793 株価と銘柄情報  スマホアプリ

アカツキ(3932) 3932 株価と銘柄情報  スマホアプリ

 

そーせい(4565) 4565 株価と銘柄情報  バイオ

 

シリコンスタジオ(3907) 3907 株価と銘柄情報

ぱど(4833) 4833 株価と銘柄情報

CYBERDYNE(7779) 7779 株価と銘柄情報

 

【注目銘柄】下げ目線の時に狙える銘柄はこれらです。注目しましょう。

予想通りマザーズの大幅下落がやってきました。

この流れに沿って、日経平均も下落。

この流れは如何ともしがたい状態になるかもしれません。

 

海外が強いのでなんともいえませんが、海外もそろそろ落ちて来るのではないか・・・と思います。

そうなると止まらなくなりますので、今のポジションは売り優先です。

日経下落開始?

一般信用売り可能な注目銘柄

任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報  
トヨタ自動車(7203) 7203 株価と銘柄情報  
ソフトバンクグループ(9984) 9984 株価と銘柄情報  
ファーストリテイリング(9983) 9983 株価と銘柄情報  
ファナック(6954)

※日経下落が下落するときに、売りの標的になる銘柄。

 

新興系 下落相場になる時に大きく調整思想な銘柄の候補

個別はプレミアム空売りの検討等を

http://www.matsui.co.jp/service/margin/d-margin/premium-fee/

 

マザーズコア(1563) 1563 株価と銘柄情報  

マザーズ先物売り

 

サイバーステップ(3810) 3810 株価と銘柄情報  スマホアプリ

ミクシィ(2121) 2121 株価と銘柄情報  スマホアプリ

ドリコム(3793) 3793 株価と銘柄情報  スマホアプリ

アカツキ(3932) 3932 株価と銘柄情報  スマホアプリ

 

そーせい(4565) 4565 株価と銘柄情報  バイオ

 

シリコンスタジオ(3907) 3907 株価と銘柄情報

ぱど(4833) 4833 株価と銘柄情報

CYBERDYNE(7779) 7779 株価と銘柄情報

【無料推奨銘柄】トヨタ(7203)に注目しています。中期~長期的な視点から

銘柄 トヨタ(7203) 7203 株価と銘柄情報

今月~じっくり注目の銘柄、トヨタ(7203) 7203 株価と銘柄情報

当サイトで考えている グレートローテーションの一角の銘柄です。

チャートの見立て

トヨタ自動車(株)【7203】の株価チャート

75日移動平均線を回復できれば再度、上昇トレンドに突入するチャートとなっています(上のチャートでいう赤い線)また、25日平均線(緑)が支えになるため、じっくりと推移していくのではないか?と予想。

グレートローテーションの件が絡み全体的に堅調であると見る。

またアメリカの雇用統計から、景気は現在も回復傾向にあり、利上げが行われる可能性も高まるため、円安方向、こうした銘柄は堅調に進むのではないかと今後も予想です。

 

材料

トランプ発言に過敏に反応していた自動車関連銘柄ですが、週末に掛けて行われた日米首脳会合で円安誘導のバッシングもなし、自動車の関税に関しても名言せずに、自由貿易を唱えた事で、目先は売られすぎ自動車関連株のリバウンド買いが入りそうです。

その中でも、名指しで呼ばれていたトヨタなどは売られすぎ水準まで売られており、週末は、26週移動平均線(MA)割れまで売られてましたが、金曜日の上昇で、週足では大きな下ヒゲ十字線形成で底入れサイン。

今週の日経平均は、日米首脳会合を通り過ぎた安堵感から買われる展開予想から売られすぎた自動車関連銘柄の買いが入ると予想して買い推奨継続です。

ファンダメンタル

時価総額 213,369 億円
予想PER12.55 [12.19]
実績PBR1.17
予想配当利回3.10% [3.10%]

 

その他注目銘柄について

他にも注目している銘柄が多数ございます。よろしければこちらをご覧くださいませ↓

【推奨銘柄】3月13日以降のスイング~中期推奨銘柄 今後も期待できる銘柄をご紹介☆

【相場観】今週の決算が肝となり、シナリオ通りとなるかに注目

 

シナリオとしては、今週の全体的な日本の決算であく抜けとなるかどうかに注目。

 

トヨタ(7203) 7203 株価と銘柄情報 が決算を出し、しかし懸念されている。

が、自社株買いも発表するなど、株価を意識した体制もとっているところは非常に評価はできるポイント。

色々な意味でそろそろなのではと思っております。

 

シナリオとしては、電機、自動車はやはり厳しいところ。

不動産に注目していることもあり、不動産狙いを継続していく予定。

 

先ほどのAMBITION(3300) 3300 株価と銘柄情報 もその1つで、民泊関連、そして決算注目。

推奨中の民泊関連、インベスターズ(1435) 1435 株価と銘柄情報 が上方修正を出しています。

買い気配でまだ寄り付かないといい結果だったのですが、民泊関連、新興不動産の流れに乗るとこのような感じだと思いますし、AMBITIONも注目されるところでしょう。

 

全体相場は海外市場(特に今回はアメリカ)がしんどいだけに、簡単にはいきませんが、あとひと踏ん張りだと思います。

難しいことに、雇用統計の数値がイマイチで、株安、3月利上げ観測が残ることから円安にならず、と厳しい状態ですが、それも含めて今後の戦略は整えていきます。

 

プロパスト(3236) 3236 株価と銘柄情報 、インベスターズ(1435) 1435 株価と銘柄情報 と戻っていますが今もっているのは5500円で指していたインベスターズのみ。

次の銘柄を頑張って調査してまいります。

 

今週もどうぞよろしくお願いいたします。

このページの先頭へ