「最新の株価予想! ユニー・ファミリーマートホールディングス(株)(8028)」の検索結果一覧

最新の株価予想! ユニー・ファミリーマートホールディングス(株)(8028)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
ユニー・ファミリーマートホールディングス(株)の株価チャート

【相場観】相場観 ダウ1000ドルoverの上昇

おはようございます。

相場観です。

 

26日の米ダウ平均は、1086ドル高となりました。

上げ幅は過去最大。

特に材料があったわけではなく、短期的な戻り。

 

連日の下落で、短期的な戻りを狙った大量買いが入った。

買いアルゴも入ったようで、買いが買いを呼ぶ展開に。

 

円安 111.2円で外部環境はほぼプラス方向のみ。

今日は日経平均の戻りも一気になりそうですが、夜間での上昇なので、窓開けとなりそうで、持ち越ししている方のみの恩恵か。

 

数字的には、やはりPBR1倍あたりは心理的にも買いだったようですが、あまりにもやりにくい状態。

 

今後の展開はまたご紹介していきますが、

材料環境が変わらない限りは戻りは売りと考えているため、日経平均20500円~21000円への戻りがあれば売りにいきたい場面にはなる。ダウでいえば23500ドルあたりか。状況次第であるため、相場を読みながら、明日、あるいは年明け、に判断。

銘柄としては、いくつかご案内している状況になりますが、相場環境が整えば、TDSEが空中戦となり吹く可能性は高いので、注目しましょう。

あと、大いに注目されるのは大塚家具(8186) 8186 株価と銘柄情報 なのでこちらも底値買いしておきたい。

 

日経平均の戻りとともに、利益確定したユニファミマ(8028) 8028 株価と銘柄情報 あたりの空売りを再開させていくかもしれませんが、

戻りも鮮明になる可能性があるので、考えていきます。ここ数年の流れでいえば、このような大きな戻りは、中期的な戻りに入るターンになる可能性が高い。

しかしながら、戻りは売りのチャンスにもなり、今後、W底などチャートを作りながら、徐々に戻っていくと考えます。

場中に買いができるタイミングをほとんど作ってくれなかったので、上手く売買していければと思います。

最近IPOのみ、推奨としていましたがIPOは現在持っているのはTDSEのみで、これが一番本命です。

 

ほか持っている銘柄は基本継続です。

 

それでは、本日もどうぞよろしくお願いいたします。

【推奨完了】いったん利益確定

空売りで推奨中の銘柄

ユニファミマ(8028) 8028 株価と銘柄情報

 

一旦、利益確定がいいと思います。

15710円あたりまでの、

戻りがあればまた売る可能性アリです。

 

14420円です。

【銘柄レビュー】現在の銘柄レビュー

長期銘柄についてはどうしても下方向ですが、持ち株として持っていきます。

たとえば、来年期待の

フィスコ(3807) 3807 株価と銘柄情報 などはこの下落相場でも下げていない。

すでに決算悪など織り込んで、次の展開といったところです。

 

基本的にIPOや直近銘柄ですが

ユニファミマ(8028) 8028 株価と銘柄情報 は空売りはピッタリとハマりました。

高かったので、この全体相場でなくてもある程度下がったとは思っていますが、下落相場に乗って15000円も割れてきました。

まだ継続。

 

TDSE(7046) 7046 株価と銘柄情報

いい形で上昇中。

他のIPOも強いので、こればかりではなく、見送ったポートがストップ高になるなど、

正直なところよくわからない状態にはありますが、

オーソドックスにいけば、TDSEは銘柄的には上だと見ています。

 

ベルトラは500円以上だったのでスルーです。

 

テノは、この銘柄も良い銘柄なので継続とします。

 

それにしても、IPOの中でも、EduLabやポートなど、

わかりづらい銘柄が上、の展開になっているので、今回のIPOは予想が難しい。

少し外していったほうが当たるのかもしれませんが、こればかりはなんとも言えないところです。

理だけでは測れず。

 

大塚家具は買えそうにないか。

引け間際には株数も増えるので、比例配分で入れれば運良しといったところです。

 

コンビニ2社(ポプラ、スリーエフ)、フィスコ(3807) 3807 株価と銘柄情報 、オプトエレ(6664) 6664 株価と銘柄情報 など。

他の銘柄はすべて継続とします。

 

【銘柄レビュー】銘柄レビュー

相場観的に、厳しいところがあり、

どうしてもIPOなども売られがち。

 

来週、ポートはやるかもしれません。

 

なお、10%ロスカットが基本でありますが

テノは一旦継続としてみたい。

リスクあるものの、銘柄性は抜群で、2000円どころは安いため買われそう。

 

Edulabの方に資金が入っていますが、

テノにいずれは入ってくるものと予想。

 

オプトエレ(6664) 6664 株価と銘柄情報 は継続とします。

この弱い相場でもなんとか持ちこたえているので、材料はいい方向にきていそう。

ここで下げ止まれば、こちらも国策ですし活躍の場がありそう。

 

ユニー・ファミリーマートホールディングス(8028) 8028 株価と銘柄情報

こちらは14800円どころまで下げてきた。

継続です。チャート上、まだまだ下ありそうです。

 

来週あたり、底値買いか、戻り売りのチャンスがあるかもしれませんので、気を引き締めていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

【推奨完了】【銘柄レビュー】現在の銘柄レビュー

現在はまちまちの状態。

相場としてはやはり難しいが、銘柄としてはまちまち。

短期、スイングについてそれぞれ紹介していきます。

 

オプトエレ(6664) 6664 株価と銘柄情報

こちらは長期目線ではあるが、好材料が出た。

しかしながらそれでも下落方向。

ある程度織り込まれていたとも言えるかもしれないが、ここで戻らないようであれば、値を消す可能性が高いので、

1000円割れは、ロスカットとします。

 

テノ(7037) 7037 株価と銘柄情報

2300円現在。

今日どこまで戻せるか。

国策なので、注目度はあるし、規模的にも、通常であれば2400円という値での初値は破格です。

 

ピアラ

こちらは、4500円でロスカットとしていましたが、抵触したためそのままロスカットとなりました。

 

ユニファミマ(8028) 8028 株価と銘柄情報

いい形で下落中。

チャートも崩れました。まだまだ下あるとみて、続行。

場合によっては10000円方向もあるかも。

 

短期銘柄はこれらとなりますが、

新規も考えていきます。

 

また、日経平均が戻るならば戻り売りで対処予定。

下げるならば、日経平均PBR1倍付近の19000円~19500円あたりでカイとします。

【相場観】日経平均700円安

日経平均700円安

年初来安値を割り込んで、チャートも崩れました。

 

戻りは売りに入りますが戻りがないので、

現在売りで入っているのはユニファミマ(8028) 8028 株価と銘柄情報 のみ。

 

買いもほぼ入っていない環境にあります。

とにかくまずは戻りが入ることを期待して待ち。

 

ユニファミマは狙い通りとなりました。

日経平均がガタ落ちですが、

ユニファミマにしてもそろそろ買いの手はなくなりつつあります。

仕手というか、日経平均上昇の操作のために買われていたというイメージの株なので、こうなってくると弱い。

12月5日の安値、15380円を割り込んでくると更に下げて来る可能性が高まるので、要注意だが、

戻りも売りのイメージです。

 

資金資本などが株から逃げているだけだと思われるため、また株に戻ってくる可能性もありますが、

米は利上げ+リセッション濃厚

ということで、株価が戻っていくには材料が必要なため、戻りがあれば売り目線、買いはしづらい。来年は今年以上に難しい展開になる可能性もある。

今年の日経平均チャート的には、1月、10月でダブルトップ。

チャート的にも悪いですし、材料としても今までは2015年、2016年は緩和策がまだあったのですが、今回は株に厳しい利上げが悪材料になっている。

 

ただし、株から資金が逃げてはいるが、国債やREITなどは買われており、金融市場からカネが逃げている訳ではない様子。

いずれ株に資金が戻ってくる可能性もあるので、好材料が出てくれば、すかさず買いに転じる可能性もあります。

12月は難しいでしょうが、来年もう一弾下げる展開があれば、数字的には日経平均19000円付近になれば、

現在の日経平均BPS(一株純資産)は19400円

PBR1倍を割れとなり、指標的にはデフレを織り込む下げ相場となるので、買い方向かと考えます。

 

戦略は

戻りは売り 売るときは ファーストリテイリング(9983) 9983 株価と銘柄情報 、ソフトバンクグループ(9984) 9984 株価と銘柄情報 、ユニー・ファミリーマートホールディングス(8028) 8028 株価と銘柄情報 など。

または日経平均先物売りあたりがやりやすい。

 

このままガツンと下げるならば、19500円付近は、変な材料がなければドテン買い戦略。

ただしきちんとロスカット値を決めての対処。

 

個別銘柄は物色されているものも多いので、株から全部資金が逃げていて、相場が壊れているわけではない。

物色されているということは株にも資金が入っているので、いずれ資金は戻る。

ただし現状、買いにも売りにも中途半端であるため、戻りは売り、さらに下げるならばデフレ折込と考えるPBR1倍あたりを狙いにいく、といった感じの戦略でいきたいと思います。

【相場観】FOMCを受けての相場

おはようございます。

FOMCを受けての相場となりますが、

3時頃までは強かった相場が、急落。

為替はさほど動きはなく、特にドル円は変化ナシ。112円45~55銭で終了。

東京市場17時時点比で5銭程度の円安・ドル高。

 

米ダウ平均351ドル安。

1年1カ月ぶり安値となりました。FOMCを受け、売りへ転じる。リセッション鮮明。

FRBが3カ月ぶり利上げ、来年は2回にペース減速。リセッションの上、利上げはアリということで、米株価に悪影響。

FRB議長会見、米経済「軟化示唆する動き」としたことで、米景気への陰り、世界景気への陰りが見えてきた。

7~9月の米経常赤字は23%拡大。

また、直接関係はないが、6月比お社長100人アンケートで、世界景気は「拡大」のアンケートは24ポイント減 米中対立長期化が理由。 

 

ダウのチャートは、下方向。陰線連続。

年初来安値割り込んだことで、非常に悪いチャートです。

本格的に下げ相場になるので、戻りは売りのイメージで考えます。FOMCがあったため売り仕掛けができませんでしたが、実際は売りを仕掛けたいところ。

戻りがないためまだ仕掛けづらいが、戻れば売りで仕掛けて行く可能性ありと紹介しておきます。

 

カイでやれる銘柄がほとんどありませんが、何か良い銘柄があればご紹介しますのでお待ちくださいませ。

今は日経平均先物の戻りを売る

ユニファミマ(8028) 8028 株価と銘柄情報 は売り勝負

 

というイメージで、残りの銘柄は長期銘柄です。

 

【推奨銘柄】【新規銘柄】戻りは売り、うわ抜けしない限りは売り方面で

推奨銘柄を1つ追加。

リセッション警戒もあって、カイで勝負するのは非常に難しい。

信用取引をしていない方もいると思いますが、

狙ってみます。

 

ユニファミマ(8028) 8028 株価と銘柄情報 を空売りで。

日経平均のリバウンドで大きな上昇を見せたが、信用売り残の短期踏み上げの可能性高い。

明日のソフトバンクのインデックス採用により、日経平均寄与度が下がると想定すれば、

そろそろ天井圏の可能性高いので売り目線で。

 

現在16800円です。

 

戻りは売り、さらに、チャートが上抜けなければ売り継続です。

 

逆日歩ついているので、ご注意ください。

【相場観】現在の相場観

本日の夜間終了あけの、相場観です。

まずは海外の動きです。

13日の米国株はダウ続伸。

70ドル高となりました。

特に理由はないが、米中摩擦懸念の後退によるものの様子。

 

13日のNY円、 1ドル=113円60~70銭。

日本にはいい方向性か。円安。東京市場終値比21銭程度の円安・ドル高。

13日のNY債券は変化ナシ。10年債利回り2.91%。

13日のNY商品、原油が反発、傾向としては良い方向。

 

重要事項として、欧州中銀が、今年で量的緩和を終了の予定。

米国と同じように、今後は利上げの方向へ進んでいくと見られます。

サブプライムやリーマンショックなどの金融危機後の政策からの、転換。

 

日本はまだ緩和策が継続しておりますが、世界のスタンダードとしては、緩和から、通常化となっている。

そう遠くない時期に、日本も緩和からの脱却を迫られそうです。

 

 

日経平均は上昇傾向。

目先の最悪期は乗り切った感じがします。

全体的に底堅い。

 

ユニファミマ(8028) 8028 株価と銘柄情報 が、分割で上昇しそうです。

 

本日はIPOはない。

 

狙いやすいのはオーウェルか。

しっかり押した場面は買ってみたい銘柄なので、700円台中盤~600円台は狙っても面白いと思います。

 

FUJIジャパンは買う場面なかったように思います。

小さい銘柄なので出来もすくなくなりますから、907円超えて終わらなかったので、チョイスはとりあえずナシ。

 

 

本日、上で始まるならば、Ubicomなど本日注目してみたい。

 

面白いものがあれば都度ご紹介していきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

【相場観】後場 日経平均には全般的に上値の重さ、売りが出る可能性 

前場お疲れ様です。

後場、日経平均にはある程度売りが出る可能性があると思います。

理由としては、ファミリーマート(8028) 8028 株価と銘柄情報 に関するもの。

ユニーがファミリーマートとの経営統合、来週月曜日に上場廃止となります。

ファミリーマートは日経平均の構成銘柄へ変更されます。

 

そのため日経平均連動のファンドは、今日の終値を基準にファミリーマート(8028) 8028 株価と銘柄情報 をファンドの構成銘柄に組み入れることになります。

そのため、他の銘柄をうって、ファミリーマート(8028) 8028 株価と銘柄情報 へ構成させる必要があるため、それほど大きくないにしろ、需給の悪化、売りが増えることにはつながるかもしれない。

 

とはいっても、数百円下げるとかそういうレベルものではないが、日経平均が上げにくい一つの理由にはなるかもしれません。

一応念頭には置いておくとよいでしょう。

 

とはいっても、売りを仕掛けることができるほど日経平均の数値に影響があるものでもありません。

全般的に需給悪化があるかもしれない、という程度で考えるといいと思います。

 

このページの先頭へ