「最新の株価予想! (株)ファイバーゲート(9450)」の検索結果一覧

最新の株価予想! (株)ファイバーゲート(9450)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
(株)ファイバーゲートの株価チャート

【相場観】相場観

現在の相場観。ダウが上昇したわりに日経平均は冴えない展開。

 

いろいろと要因はありますが、円高方向であること。

そしてその要因の1つは、

 

トランプ大統領がシリア問題に関し

「48時間以内に大きな決断」 と発言したこと。

 

一言で言えば、夏~秋ぐらいまではこんな展開で、要人の発言が大きな影響力をもつ展開になりやすく、基本的に何もしない、またはできない、という展開になりやすい。

波乱含みであり、ポンポン銘柄を出すことも難しい展開となっております。

一言で言えばやるものがないので、戦略もとりづらい状態です。

 

全体相場もそうですし個別もそうであるので、今は無理はしない方向性。

楽しくない相場となりますが、ここは我慢で今年は我慢の展開が多い。

それでも、押し目の面白い銘柄などはありますから、紹介はしていきますが、推奨にするにはネタが足りないです。

基本的に気になる銘柄としてご紹介していく予定です。

 

一応レビューしておきますと、

LTS下げていますが、もともと2段階の予定でありましたし、ここからの押し目は狙いのポイントとなっていくと思います。

 

テリロジーも買い場面になってきています。

チャート上はそろそろ。

エニグモは今日明日で、買い場とも言えると思います。

 

そのうえで、気になっている銘柄は3つ。

 

今日、明日のIPOは初値買いにいきにくいと思いますが、その後4月20日までIPOがないこともあり、また27日で新規IPOが決まっていませんので、閑散期に入る。

それを見越して、

JTECコーポ(3446) 3446 株価と銘柄情報 の底入れ狙い

ファイバーゲート(9450) 9450 株価と銘柄情報 の調整狙い

あたりは面白いと思います。

 

IPOを積極的に取り入れる方はやってもいいと思います。買値から7%マイナスでロスカット

 

 

アクセルM(3624) 3624 株価と銘柄情報 もそろそろ押し目だと思いますが、もう少しチャートを作ってくるところを見たいので、今は推奨には上げづらいです。

 

気になる銘柄がもういくつかありますが現在思案中。

今日明日の動き次第でもありますが、調整の底をとれそうなものがあるので、もしかしたら、場合によっては推奨にあげるかもしれません。

しばらくお待ちくださいませ。

 

厳しい相場続きますが今年はこういう展開続く可能性は高いです。

厳しいですが乗り越えてまいりましょう。

【相場観】現在の相場観

現在の相場観です。

トランプ氏の発言の影響で下落したダウ、そこからの日経平均の下落でありましたが、アメリカ、中国の貿易摩擦観測が後退したとの理由により戻り。

 

現在、アメリカでの要人の発言に左右される、読みづらい相場となっておりますので、何もやらないか、やるにしても個別に攻めていくしかない状態にあります。相場としては極めて難しいと言えると思います。

 

昨日紹介しましたファイバーゲート(9450) 9450 株価と銘柄情報

本日ストップ高となりました。

 

銘柄選択は誤りではなかったが、昨日初値を付けて、ウリが嵩み、現在の相場の情況からVCが売り、そのおかげで反発したというイメージか。

決して安い銘柄ではないですが、昨日のウリ気配で買ったのは誤りではなかったように思います。

昨日、相場が普通であれば昨日から飛んでいたかもしれません。

しかし、相場に翻弄されてしまった形となります。

 

しばらくは全体的には静観となるのですが、売買益を出していかなければならない。

申し訳ありませんが、次の銘柄を捜していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

【リスクあり】【新規銘柄】1つ銘柄追加いたします。

リスクあり銘柄を1つ追加いたします。

リスクありますので、そういった意味で追える、また現在の環境でも買いを考えていける方は検討してみてください。

 

ファイバーゲート(9450) 9450 株価と銘柄情報

 

新規IPO。2220円あたりが初値ライン予想で、先日は寄りませんでしたが、本日売り気配で始まる。

リスクあるが初値付近で狙ってみます。

 

買い値から10%マイナスでロスカット。

 

初値2388円となりました。

実質、そのあとの買い気配、2400円付近が買い値になりそうです。

【IPO】この3月中旬のIPO3つと今後のIPOについて 他相場について

この3月中旬のIPOは全くいいところなし。

推奨もしていませんが、買いたいと思わせるところもありませんでした。

 

日総工産だけまだマシですが、

フェイス~は高値で寄り付き、いきなり2500円まで下落

神戸~に関しても、本日大きく下落といいところなし。

 

そもそも高いところから始まったIPOで、いいところなしというところです。

 

3月IPOは以下です。

3月19日 共和コーポレーション(6570) 6570 株価と銘柄情報

3月20日 信和(3447) 3447 株価と銘柄情報

3月22日 SOU(9270) 9270 株価と銘柄情報

3月23日 ファイバーゲート(9450) 9450 株価と銘柄情報

3月23日 キュービーネットHD(6571) 6571 株価と銘柄情報

3月27日 RPAHD(6572) 6572 株価と銘柄情報

3月28日 アジャイルメディア・ネットワーク (6573) 6573 株価と銘柄情報

3月29日 和心(99271)

3月29日 アズ企画設計(3490) 3490 株価と銘柄情報

3月30日 日本リビング保証(7320) 7320 株価と銘柄情報

 

この中で、人気が出そうなのは

アジャイルメディア 格別の小型

RPAホールディングス ロボットアウトソーシング事業及びアフィリエイトサービス

 

この2本で、特にアジャイルメディアは格別小型銘柄なので、初値もあがるでしょうが、一気の上、あるいは下に行く可能性が高く、完全にギャンブルだが、リスクを追ってもやってみたい銘柄。時価総額が、現時点で20億程度。

 

あまりおもしろくないですが、初値が上がりにくい可能性が高い JQ市場の アズ企画設計も気になるところです。

 

基本的にこの3つを見ながら、他のものも紹介していきます。

他、相場については本日、大きく紹介するものがありません。

 

ULSグループ(3798) 3798 株価と銘柄情報 と一家ダイニング(9266) 9266 株価と銘柄情報 に、復活の雰囲気が出てきているぐらいで、他はまちまち。

相場としても面白いところがないので、スルー。

 

来週に向けて買いたい銘柄というのも特にないため、

現状、ピーバン、ニューテックの押し目待ち、他バイオ系を仕込む場面としたいと思います。

 

新規は常に捜しておりますので、恐れ入りますがお待ちくださいませ。

【相場観】これといって動く要点ナシ。銘柄は継続です。

前場お疲れ様です。

朝イチは下落したものの、円安方向に徐々に動いてきており、日経平均株価も持ち直し、ただいま19450円付近。

昨日の終値からマイナス70円ほどでの推移です。

思った以上に強い。

 

推奨銘柄としては、悪いものは特にナシ。

継続路線です。

 

出遅れ気味であった2●●● ネット&投資系銘柄 や、

スマホ、ゲーム、ゲーセンなどを運営する9●●● こちらなど、出遅れていた推奨銘柄が強い動きをしています。

また、調整するかと思われていたMS-JAPAN(6539) 6539 株価と銘柄情報 も強い動き継続中。

 

日経平均が調整するならば、当方の得意としていますIPOや新興銘柄に出番が回ってくるかもしれませんし、

上にあげましたMS-JAPANなどがさらに上昇という可能性も。

 

もちろん日経平均が強い状態であればこれらも上がりやすくはなります。

 

大きく下落する場合にはもちろんこれらの銘柄も下げるでしょうから、

たとえば日経平均が18500円、18000円、17500円、になってしまうような何か材料のようなものがあれば

そのときにはいったん利益確定撤退をしていく、そのタイミングだけははずさないようにしたいと思っております。

 

その材料となるのはやはりアメリカのFRBの動き(利上げ関係)

トランプ氏の動き

 

などが注目されるところなので、チャートを見ながら怪しいところがあれば積極的に銘柄の推奨完了としていきたいと思います。

 

新規銘柄がありませんが、IPOなど調査進めて対応していきますので、よろしくお願いいたします。

【相場観】【日経平均先物取引】先物で売りが発生 海外市場はさほど悪くはない

 

本日の相場もお疲れ様でした。

20200円まで後場に一度戻ったのもつかの間、そのあと一方的に下落。

マザーズも結局8ポイント近く下げる展開。

 

こうなってくるとどこまで下げるのか見えなくなってきてしまっていますが、

戦略上は変わりはありません。

直近で、少し、セリクラ的な売りが入るかもしれません。

 

それが日経平均なのか、新興なのかはわかりませんが、セリクラがあるなし、いずれにせよ、そろそろだとは見ております。

 

日経平均先物の考え方、一度変更します。

記事を更新しました

http://fidelia.unifas.co.jp/market-view/8153/

 

大まかに変更点はかいてある通りですが、

19900円買いはやめておきます。

20280円はそのままおいておくとなります。ロスカットはもともとしない、以前もそうしましたが、

先物はナンピン方向でバランスで利益を取る方向と考えております。

雰囲気、チャートの下がり具合、また、20000円で買いという、ここ数回の簡易的な考え方による買い方の多さ、などから逆に進む可能性がある。

 

数値としては、19700円、19200円で買い向かうことにします。

 

もし資金余裕があるなら19450円、19900円を追加してもいいと思いますが、配信上は以上の通り。

 

現状政治的にも株価を大きく下げるわけにはいかないため、下値は限られますが、今回少し嫌なイメージがまだ付きまといますので、注意をしたうえで先物買いにいきます。

 

今夜、先物で振らされる展開があるかもしれませんが、先物で振らされたあとは戻りがあるのが基本ですから、ここは先物をするのであれば積極的に下値をドテン買いしにいきたいですね。

 

日本版緩和はまだまだ続くため、いずれは20000円、21000円という方向にまた戻るものと考えております。

【相場観】【日経平均先物取引】【新規仕掛け】日経平均先物買いのタイミングについて

 

日経平均先物買いのタイミングを考えます。

 

まず、本日の下げの大きな要因は中国市場の下げだといわれていますが、

実際に中国市場が下げているのは、 3,631.40 -116.76 ▼3.12% 

程度ということで、確かに3%は大きいですが、昨日の下げ+今日の下げによる、2日連続の効果でしょう。

 

8月は下げやすい相場というのは良く言われることであり、今年もアノマリー通りになりなかなか難しいのですが、

全体的な個別銘柄の業績から考えると押しどころは買い場となっており、日本側はそう悲観されるようなものではないと思います。

 

というわけで、余裕があるならばこの20200円~20300円あたりは先物買いとしてはいいポイントかと思います。

ただし、先物はラージ1本で、日経平均10円の動きで10000円が動きます。

もし押し目 20000円どころ、19700円、19400円どころが万が一あっても買い向かう動きにすると考えますので、リスクを考えるのであればもう一段、本日の夜間などにさらなる下げがある可能性を考えてぐっと我慢するのも手。

上げた場合はスルーする。

 

日経平均のチャートからすると微妙なところですが、夜間の動きも入っている日経平均先物のチャートで考えると、

 

8-19-2

上のチャートのように、75日平均線は保持されています。

ギリシャショックは例外として、底値では買われやすい日本株式ですから、ここから押し目は買いにいきたいとみております。

 

配信としては、今の時価である20280円で先物買い。

次に、19900円 で勝負。

ないと思いますが、19300円などという数字があればさらに積極的に買いにいくイメージです。

 

もし資金に余裕があるならば、20100円でも入れてもいいかもしれないですね。

大きく下げる場面があれば、ドテン買いになるべく買う体制ですが、値動き大きいので少な目で。資金力によってはミニで。

 

数としては、下げきると6個、7個になってしまいますので、資金計算はきちんとしておきましょう。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

8月20日17時半更新

 

19900円買いは一旦とめます。

20280円はそのままおいておくでよいですが、雰囲気、チャートの下がり具合、また、20000円で買いという、ここ数回の簡易的な考え方による買い方の多さ、などから逆に進む可能性あり。

 

19700円、19200円で買い向かうことにします。

 

もし資金余裕があるなら19450円、19900円を追加してもいいと思いますが、配信上は以上の通り。

 

現状政治的にも株価を大きく下げるわけにはいかないため、下値は限られますが、今回少し嫌なイメージがまだ付きまといますので、注意をしたうえで先物買いにいきます。

 

 

このページの先頭へ