「最新の株価予想! (株)ファーストリテイリング(9983)」の検索結果一覧

最新の株価予想! (株)ファーストリテイリング(9983)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
(株)ファーストリテイリングの株価チャート

【相場観】予想通りのウリが来ました。戻りを試す場面はあるのか・・・?

お疲れ様です。

予想通りのウリが、お盆前にきました。

資金の3連休前、そしてマイナーSQへ向かうこと、お盆、夏枯れ、マザーズの動き、などから予想通りだったと思います。

 

もっとも、おもったよりも時間がかかった印象。

しかし、20000円以上はしつこく日経平均ウリをお伝えしていた理由はわかったのではないかと思います。

 

そしてこうなると買い銘柄はなかなかやっていけないので、

ウリでの勝負が基本となります。

 

取引高が大きいので推奨とはしづらいのですが

ファーストリテイリング(9983) 9983 株価と銘柄情報 は、現在32500円前後ですが、ウリでおもしろいと思います。

30000円あたりまでのウリは普通にありえ、そこを下ると28500円が見えてくるイメージ。

 

ちなみに、日経平均先物は、ラージなら10円で10000円の利となりますから、

20100円でウリを出していた場合、ラージ1単元、400000円となります。

少なめの保証金で大きな利益を出せる可能性が高いのも特徴で、またウリ相場のときは先物が一番利益を出しやすいと思います。

 

週明け、戻りを試す展開もあるかもしれませんが、その展開になるのであれば戻り売りは狙ってみたいポイントではないか?と思っています。

20100円は継続のまま、戻りはさらにウっていくイメージ。

チャートからいっても、戻るようなチャート状況ではないように見えますので。

流れ自体で判断は変えますがいまのところこんなイメージです。

 

口を酸っぱくして申していますが、ウリ相場で買いだけでは太刀打ちは難しいです。

ぜひとも先物口座を開いておきましょう。

【相場観】チャートや現状の状況からみた、理想的展開と利用できるセクターなどについて

後場も、お疲れ様です。

先週末には到達しておきたかった日経2万円。

金曜日、5日移動平均線付近まで売られた事で、チャートは歪な形になっております。

 

19500円割れまでの下落、5月2日の高値、19464円の窓埋めが欲しいチャートになってます。

要は押し目がほしいところ。

 

ここで難しいのが、本日陽線であり、底値は買われていること。

日経先物は先週からの19750~20000円のボックスとなっている。

 

こうなると上下どちらに動くのか、まだわからないため、放れた方につくのがセオリー。

 

日経2万円超えは、ソフトバンクの9000円超えがポイントになりそう。

しかし本日下落。

ファストリ(9983) 9983 株価と銘柄情報 なども下落。

 

大型株で日経平均寄与率の高いものが下げています。

が、これらが下げているにもプラマイゼロに近い日経平均ですので、つまりは全体的には買われているということ。

 

結局は、トランプ相場であり、トランプがFRBの長官を解任した事で、

米国内では再度、トランプ下ろしの動きが見受けられる。

 

トランプ下ろし=金融バブル相場終了の可能性が高い

 

もしトランプ解任などとなれば、世界株は一気に下落する形になります。

結局、トランプに振り回される相場は継続。

そう簡単に解任などとはならないでしょうが、私達は小型やIPO、低位株をメインとした、デイトレ~スイングトレードでがメインとなりそうです。

 

たとえばその流れでいえば、アセンテックなどはすでに上昇しました。

すでに準備済ではありますが、また新規なども探していきたいとおもっております。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

【相場観】ファーストリテイリング(9983)の下落が激しい。

ファーストリテイリング(9983)の下落が激しい。

本日の日経平均に影を落としている主役はこの銘柄か。

 

チャート的には微妙なところで、25日平均線が下支えになるかどうかというところです。

決算による出尽くしもありますが、

3日に出た6月の月次報告が正直なところいい数字ではなかったことが懸念もされており、影を落とす格好か。

悪材料、出尽くしによるマイナスですので、チャートによる下支えも役に立たないかもしれませんが、中長期でみれば押し目は買いだとは思います。

 

この銘柄だけで、本日の日経平均に-140円ほどのマイナスの影響。

他の銘柄だけであればプラマイゼロか若干プラスとなっている状況です。

 

ギリシャ問題は、新提案をギリシャが提出し、妥結を目指している。

結局は妥協点を見つけることになりますが、12日で決まるかどうかが争点。

決まればGU、決まらなければGD、という可能性が高く、決まらなければ中国の株価もまた暴落という可能性も高く、持越は丁半博打の様相です。

 

慎重にいくならば、ここは持越は基本的にせず、静観、読める相場を待つ。

積極的にいくならば、この突っ込みどころは拾いたい場面ですので、万が一ギリシャ問題がさらなる混迷を極めた場合でも買えるだけの余力を残したうえでの積極策、といえるでしょう。

【相場観】日経平均20000円達成 しかし達成感あり

おはようございます。

 

日経平均が20000円を達成しましたが、かなり達成感があるのではないか。

本日の上昇の理由はファーストリテイリング(9983) 9983 株価と銘柄情報 で、上方修正を出したことが要因。

やはり業績が良いものから買われているという印象ですが、ファーストリテイリングだけでほぼ50円の日経平均を寄与。

全体的には売られております。

 

もちろん押し目場面は買われるのでしょうが、週末でもありますし、本日は調整の意図が見える一日になるかもしれません。

 

週末ですし無理はしない、

基本戦略として仕込、押し目買い。

吹いたらうまく利確しながら進めること。

 

基本的な戦略を常に紹介しているのですが、

その戦略に則った上で、また新たに始まるIPO戦線にも、必要に応じて乗り出していきたいと考えております。

 

本日は相場的には、おとなしい1日になるかもしれませんが、よろしくお願い致します。

このページの先頭へ