「最新の株価予想! ソフトバンクグループ(株)(9984)」の検索結果一覧

最新の株価予想! ソフトバンクグループ(株)(9984)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
ソフトバンクグループ(株)の株価チャート

【推奨銘柄】【新規銘柄】3●●●に注目

おはようございます。

新規銘柄1つご紹介しておきたいと思います。

少し前にも推奨し、一旦撤退していましたが、やはり上値をとってくると大きい動きになりそうであり、リスクもありますが狙っておきたい。

 

銘柄

システムズ・デザイン(3766) 3766 株価と銘柄情報

昨日引け値1371円 本日1350円付近で寄りそう

→1343円寄り

見解

新事業として、AIのIBM『ワトソン』やRPA(業務自動化)など先端技術使ったサービス(コールセンターやデータ入力)に傾注中。

 

昨日は、日経平均やマザーズ指数などが、トランプ氏の中国への約22兆円規模の関税を検討する指示を出したとの発言で相場全体が厳しい状況の中、独身高となった。

 

PBR1.2倍、PER20倍台予想で、下値不安少なく、過去に出来高のない青天井モード(上場来高値)入りする可能性が高いチャート。

ソフトバンクとの提携の利益上乗せや、AI関連/ソフトバンク関連株として見れば、理論株価はかなり上にある、と予想します。

 

AIを使った知識検索サービス「Kleio(クレイオ)ナレッジサーチ」の提供ではソフトバンクグループ<9984>と販売パートナー契約を締結している。

材料としては、ソフトバンクとの販売パートナー締結、これが大きな動きになってくると予想しています。

 

青天井方向に動いてくるならば、すでに2013年の高値は更新しており、どこまでいくかわからないチャートなので、2000円~などの大きな動きに期待。

チャート

システムズ・デザイン(株)【3766】の株価チャート

【銘柄レビュー】本日~今週の注目銘柄

推奨銘柄からの抜粋ではありますが、

本日~今週の注目銘柄をご紹介しておきたいと思います。

 

中村超硬(6166) 6166 株価と銘柄情報

来週も含めてですが、まずは本日~今週。

いい形になってきていると思います。

3000円回復をまず第一段階に。

次は、5月15日~16日につけました窓、3600円や、5月14日~15日につけました4300円を埋めにいく動きに期待。

連続ストップ安で、出来がないので、このあたりを目指す展開は軽くなりそう。

 

→中村超硬(6166) 6166 株価と銘柄情報 レポート

先週末から日本経済新聞で「医薬関連事業に進出する」と報じられ、大底圏から反発中。(https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201806180211)

業績の期待があまりにも大きかったことにより、失望感から下落。
しかし、決算内容は決して悪いわけではなく、期待されすぎていたのか、出尽くし感が出て大いに売られてしまった。

3日で約半値近くまで下落したのはさすがにやりすぎにも思われ、底練り状態から週末からリバウンド入り。自力反発の場面であると見ております。

更に、ソフトバンクがインドへの太陽光事業に6~10兆円の投資を提案したとの発表から思惑で買われており、チャートは5日足を超えて買い転換。

出来高を伴ってリバウンド局面に入っており、さらに、3000円回復から、4560円の窓埋めまでは出来高の少ない真空地帯となっていることから、重さは少なく、上がりやすいポイントと言える。

業績も、バイオ関連への出資を行い、さらに売上も拡大中。
太陽光関連の太陽電池向けウエハやLED、ダイヤモンドワイヤなどが好調となれば、現在のPER12~14倍は割安と判断できる。短期的にも上昇しやすいチャートポイントと考え、買い推奨いたします。

<直近の材料>
MSプレミアム=インド太陽電池市場に熱視線―ソフトバンク巨額投資に思惑
ソフトバンクグループ<9984.T>がインドでの太陽光発電事業に6兆-10兆円の巨費を投じると伝わり、株式市場で関連銘柄に物色の矛先が向かっている。

<先週末の材料>
16日付の日本経済新聞で「医薬関連事業に進出する」と報じられており、これを好材料視した買いが入っている。

記事によると、産業技術総合研究所と共同で、創薬のスピードアップにつながる化学合成の効率化システムを開発しており、近く製薬会社などから合成や研究の受託を始めるという。

同事業で4年後に10億円の売り上げを目指すほか、8年後には薬の原料を製造するシステムの販売なども含め、同50億円を目標にしているという。

また、同社は今年4月、特殊ペプチド原薬の製造受託会社であるペプチスター(大阪府摂津市)に出資しており、複数のアミノ酸で構成される「ペプチド」を利用した創薬事業にも参入している。

---

 

ほかはすべて押し目のチャートですが

ネクスグループ(6634) 6634 株価と銘柄情報

石垣食品(2901) 2901 株価と銘柄情報

ルーデン・ホールディングス(1400) 1400 株価と銘柄情報

シーズメン(3083) 3083 株価と銘柄情報

リネットジャパングループ(3556) 3556 株価と銘柄情報

あたりは拾ってみたい銘柄となります。

 

また、仮想通貨関連では

テリロジー(3356) 3356 株価と銘柄情報 は持っておきたい。

SAMURAI(4764) 4764 株価と銘柄情報 は押し目狙い。

 

という感じです。

【リスク有り銘柄】【新規銘柄】新規で、3●●●に注目②

リスク高めの銘柄でありますが、チャートが強く、跳ねる可能性があるので、紹介いたします。

 

銘柄

システムズ・デザイン(3766) 3766 株価と銘柄情報

1392円

見解

企業における知識の共有と活用を支援する知識検索型のAI(人工知能)サービス、

「Kleio(クレイオ)ナレッジサーチ」

の提供を開始するとの発表。また、それに伴い、ソフトバンク(9984) 9984 株価と銘柄情報 グループ傘下のソフトバンクと販売パートナー契約を締結。

 

時価総額が55億程度であり、ソフトバンクとの契約は期待が大きいと見ます。

 

業績もよく増収増益予想。

 

指標的にもPER20倍台、PBR1倍台で、割高感無し。

チャートは、短期チャートでは割高感感じるものの、月足で見ると青天井で、どこまでいくかわからない状況のチャート。

買うには怖いかもしれませんが、株価、材料的に跳ねる、大化けの可能性もあると見て、リスクはありますが、買いで勝負。

チャート

システムズ・デザイン(株)【3766】の株価チャート

【銘柄レビュー】銘柄レビュー

現在推奨中銘柄レビューです。

ジー・スリーホールディングス(3647) 3647 株価と銘柄情報

220円当たりまで上昇がありましたが、それ以上は動かず。

少し休憩かもしれませんが、継続です。

 

全体相場は弱いと見ます。

戻りは売り。今の水準も売り。

日経平均先物を売るか、国際のETFVIX短期先物指数(1552) 1552 株価と銘柄情報 を買う。

他、オプションプット買い、ファストリ(9983) 9983 株価と銘柄情報 、ソフトバンク(9984) 9984 株価と銘柄情報 、ファナック(6954) 6954 株価と銘柄情報 などの売りも面白い。

 

カイカ(2315) 2315 株価と銘柄情報

よくなってってきた。66円。

やるものがないので仮想通貨の出遅れ、低位、ということで上げる条件は揃う。今週~来週注目。

 

関東電化工業(4047) 4047 株価と銘柄情報

地味ですがこちらも推奨。いい押し目で推奨できていると思います。

スイングというよりも中長期。

 

インフォテリア(3853) 3853 株価と銘柄情報 、リミックスポイント(3825) 3825 株価と銘柄情報 は継続します。チャートは微妙ですが材料性から継続。

 

アクセルM(3624) 3624 株価と銘柄情報

戻りつつあります。1800円は拾い時では?ということで継続。

 

長期

オプトエレ(6664) 6664 株価と銘柄情報  隠れ仮想通貨

 

明らかに離しておいたほうがというものは無し。

個別は割と資金が入ってるので、全体は売り、先物売り、個別は買い、ただし甘く見ずに状況次第では全部利確&撤退の可能性もあるとしておきます。

【相場観】【重要】アメリカ初の下落につながる可能性を考えておきましょう。下落に対する戦略はこれだ

前場お疲れ様でした。

後場もよろしくお願いいたします。

 

日経平均は19350円付近まで下落。

弱い展開に拍車がかかり、20100円の日経平均先物売り、さらに19700円以上は戻り売りとしていましたが、そちらも十二分な利益が出る状態になってきました。

個別は弱いが、流石にこの中では弱々しい銘柄も多い。

しかしジー・スリーホールディングス(3647) 3647 株価と銘柄情報 やアクセルM(3624) 3624 株価と銘柄情報 など強いものもあるので、これら個別は継続の方向性。

 

さて、週末、米国政府内では北朝鮮問題に対する衝撃が。

http://www.sankei.com/world/news/170818/wor1708180054-n1.html

 

こういった記事などもあがっていますが、

トランプ氏のバノン切りの理由が、北朝鮮攻撃反対派であった為、バノン切りを行った可能性が高い。

さらに、政権の活動が何一つ動く事なく、半年経過する事に焦りを持っており、ロシア・中国と共に軍事命令を北朝鮮へ派遣する可能性が高まっているという見方がでています。

 

つまりは、トランプ政権が順調にいけば無かった地政学的リスクかもしれないのですが、

ここにきてトランプ政権の不安定状態も拍車をかけて、地政学的リスクの排除から、世界株は一段安へ動いており、指数は売り継続又は売り増しタイミング状態と考えています。

 

トランプ政権が安定しないことは以前から申し上げていたとおりで、それをネタに、北朝鮮リスクへとつながったわけです。

 

クレディスイスなど、外資系が売っているのもこれらを見越したものだったと思われます。

外資系証券の先物売りは、こういった相場では、やりたい放題になりやすいので、指数連動銘柄の買いは要注意が必要です。

 

日本でいえば、ファストリ(9983) 9983 株価と銘柄情報 、ソフトバンク(9984) 9984 株価と銘柄情報 、ファナック(6954) 6954 株価と銘柄情報 などを始めとした日経平均寄与型の銘柄ですね。

弊社方針としては、先物売り継続となります。

 

19700円~20100円の売りは半分ぐらい利確しても良いと思いますが、

まだまだこのリスクは続く、とくに9月9日までは要注意が続く、と見ていますので、このまま継続としたい。

 

また、すっかり上げてしまったのでここから新規INは難しいが、

日本株で有力な地政学的リスク株である

 

・石川製(6208) 6208 株価と銘柄情報   艦船が接近又は接触したとき爆発する機雷を生産している。

・細谷火工(4274) 4274 株価と銘柄情報   自衛隊向け照明弾、発煙筒大手。航空自衛隊ではジェット戦闘機パイロット用の自動膨張救命胴衣(膨張装置)を初めとする各種救難信号筒。

また、海上自衛隊では飛行機から投下する救難信号発煙筒及びそれらの投下用カートリッジ、陸上自衛隊では戦闘訓練用化学火工品(発煙筒・発音筒)など強み。

 

などは、さらに1相場あるかもしれないので、押し目は狙ってみると面白いかもしれません。

【相場観】【推奨銘柄】相場観、推奨銘柄等のおさらいをしておきたいと思います。

お疲れ様です。

相場と推奨のおさらいをしておきたいと思います。

まず、相場の読みとして下落を危惧する状態であるということは申し上げている通りです。

 

①日米、政局不信

②先々週から続く、新興の下落

③それに伴う日経平均の下落

 

これを、アメリカの動きでなんとか保っていた感がありましたが、

そろそろそれも限界に来るのではないか?という感じがします。

この新興の下落は序章になるかもしれない。

 

というわけで、カイポジションは無し。

 

売りポジションのみとしました。

 

・ミクシィ(2121) 2121 株価と銘柄情報 売り 継続

・日経平均先物 20100円で売りで推奨

・マザーズ先物 1180Pで売り推奨

 

・日経平均先物をやっていない場合は

日経ベア2(1360) 1360 株価と銘柄情報 買い

日経レバ(1570) 1570 株価と銘柄情報 売り

マザーズコア(1563) 1563 株価と銘柄情報 売り

国際のETFVIX短期先物指数(1552) 1552 株価と銘柄情報 買い

 

それに加えて、自由選択として以下も上げておきます。

 

今、カイポジションを大量に入れていると、ボロボロになるかもしれません。

警鐘を鳴らすというよりは、

ここ数年基本的に買いが続いていたわけです。時折大きく下落しても上げてきましたが、

2015年などの下げで、買いしかできなかった個人投資家は、大きく負けて株から撤退するわけです。

 

そうならないためにも、売りのやり方、あるいは買いを持たない勇気。

これをしっかりと念頭に置いておいていただきたいと思います。

 

今は売り目線です。

逆にここから上げる分にはさほど大きな損になりません。

しかし下げた場合は、トランプ氏が就任したときの株価であるダウでいえば18000ドル

日経でいえば17000円

マザーズならば800P~900P

まで下げても何らおかしくない状態に悪化しつつあるかもしれません。

 

また、欧州でも利上げ方向が頭にちらつきます。

リスクを考えるに越したことはない状態です。

ノーポジにするか、ウリ目線の銘柄やETF、先物でやっていくようにしましょう。

 

一般信用売り可能な注目銘柄

任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報  
トヨタ自動車(7203) 7203 株価と銘柄情報  
ソフトバンクグループ(9984) 9984 株価と銘柄情報  
ファーストリテイリング(9983) 9983 株価と銘柄情報  
ファナック(6954)

新興系 下落相場になる時に大きく調整思想な銘柄の候補

個別はプレミアム空売りの検討等を

http://www.matsui.co.jp/service/margin/d-margin/premium-fee/

 

マザーズコア(1563) 1563 株価と銘柄情報  

マザーズ先物売り

 

サイバーステップ(3810) 3810 株価と銘柄情報  スマホアプリ

ミクシィ(2121) 2121 株価と銘柄情報  スマホアプリ

ドリコム(3793) 3793 株価と銘柄情報  スマホアプリ

アカツキ(3932) 3932 株価と銘柄情報  スマホアプリ

 

そーせい(4565) 4565 株価と銘柄情報  バイオ

 

シリコンスタジオ(3907) 3907 株価と銘柄情報

ぱど(4833) 4833 株価と銘柄情報

CYBERDYNE(7779) 7779 株価と銘柄情報

 

【注目銘柄】下げ目線の時に狙える銘柄はこれらです。注目しましょう。

予想通りマザーズの大幅下落がやってきました。

この流れに沿って、日経平均も下落。

この流れは如何ともしがたい状態になるかもしれません。

 

海外が強いのでなんともいえませんが、海外もそろそろ落ちて来るのではないか・・・と思います。

そうなると止まらなくなりますので、今のポジションは売り優先です。

日経下落開始?

一般信用売り可能な注目銘柄

任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報  
トヨタ自動車(7203) 7203 株価と銘柄情報  
ソフトバンクグループ(9984) 9984 株価と銘柄情報  
ファーストリテイリング(9983) 9983 株価と銘柄情報  
ファナック(6954)

※日経下落が下落するときに、売りの標的になる銘柄。

 

新興系 下落相場になる時に大きく調整思想な銘柄の候補

個別はプレミアム空売りの検討等を

http://www.matsui.co.jp/service/margin/d-margin/premium-fee/

 

マザーズコア(1563) 1563 株価と銘柄情報  

マザーズ先物売り

 

サイバーステップ(3810) 3810 株価と銘柄情報  スマホアプリ

ミクシィ(2121) 2121 株価と銘柄情報  スマホアプリ

ドリコム(3793) 3793 株価と銘柄情報  スマホアプリ

アカツキ(3932) 3932 株価と銘柄情報  スマホアプリ

 

そーせい(4565) 4565 株価と銘柄情報  バイオ

 

シリコンスタジオ(3907) 3907 株価と銘柄情報

ぱど(4833) 4833 株価と銘柄情報

CYBERDYNE(7779) 7779 株価と銘柄情報

【最近の実績】リミックスポイント(3825) 再度1073円で推奨から、本日大幅上昇!1073円→高値1375円

前場、お疲れ様です。

 

リミックスポイント(3825) 3825 株価と銘柄情報 は、一度950円付近で利確指示を出して、その後600円台まで調整したのですが、その後思った以上のスピードで戻りを試しました。

950円での利確指示の数値をあっさり抜き、昨日1000円を奪回してきていたため、敢えて寄りでリスク有り銘柄として、推奨。

 

結果は、昨日ストップ高からの、1300円超えとなりました。

積極策が功を奏した形になりました。購入されていた方はおめでとうございます。

 

しっかり利益出して頂ければと思います。

流れからいって、強すぎるので、

逆に2000円方向期待していますが、相場というのは何が起こるかわかりませんので、しっかり利を積み重ねて進めていくことをおすすめいたします。

 

さて、本日朝に寄りで紹介しました銘柄

6●●●のIPO銘柄があるのですが、新値を取ってきました。

 

実は少し前に、一般公開でスイングで面白いでしょう、と紹介していた銘柄なので、よろしければ探して見て下さい。

現在は、出来高を作りながら、上場来高値を目指すべく、上場来高値付近の売りをこなしている最中に思えます。

今の水準を超えてくると、青天井化となりますので、要注目の1銘柄です。

 

しかし、日経平均が強く、20000円へ再度上昇してきたことから、個別には資金が入りづらい状態。

特に、ソフトバンク(9984) 9984 株価と銘柄情報 に、みずほ証券からのレーティング材料が出ていることから(11000円目標の強気判断)、

ソフトバンク(9984) 9984 株価と銘柄情報 が9500円をつけており、相場を牽引しています。

 

またもや予想のつきづらい相場展開となっており、流動的な投資方法、スイング、あるいは短期、的に動く必要が出てきそうなので、上手く勝負していきたいと思っております。

 

次の銘柄も頑張って探してまいりますので、応援のほどよろしくお願いいたします。

【相場観】後場にかけて調整が進んでいます。

後場もお疲れ様です。

さて、前場下げた後、ある程度戻したのですが、またも調整が進みつつあります。

日経平均株価【998407】の株価チャート
現在の日経平均はこのようなチャートです。
 
4月6日、7日に安値18500円程度をつけ、その後反発、昨日、今日で戻し、調整、となっています。
別段注目は今はされていませんが、日銀総裁黒田氏
「バランスシート縮小を含め最適な政策は十分可能」
「物価目標2%達成へ強力な金融緩和を続ける」
特に変わらず。
 
今の状況は地政学的リスクからの、上値の重さが中心。
しかし、弱いが売り崩すというところまではいかず、マザーズ指数は75日平均線沿いで方向感なし。JQ平均も同じく。
日経平均も、予想としては下の可能性が予想されるものの、反転の可能性もあるということで、様子見。
どんどん推奨銘柄を出していくというよりも、個別で
例えば、本日紹介した地政学的リスク銘柄であるとか、リスク有りの銘柄、材料系銘柄・・・など、
何かに突出した銘柄を中心に、今は配信しています。
 
地政学的リスクで下げている、といいますが3月後半から続く、ドル円の110円攻防が続いている状態であり、どちらにいくかわからないからこそ、日経平均に売りが入っているとも言えます。
 
こういった場面で沢山”推奨”していくのは、気持ち悪い状況でもあるため、銘柄はある程度厳選して、材料系などの、全体相場にあまりかかわらない銘柄か、ロスカット値を厳密にしてのスイング勝負、あるいは今後続きそうな地政学的リスク・・・
そういった銘柄をチョイスしていきます。 
そして、狙い通り、推奨銘柄は、昨日ストップ高したオービス(7827) 7827 株価と銘柄情報 、本日ストップ高のリスク有り銘柄など、良いものが配信できています。
 
本日の状況ではまだ方向感が見えず、全体は様子見。先物の売りに手を出す段階でもない。
今後の展開が予想できましたら、相場観として今後の展開も紹介したいと思っております。

【相場観】日経平均に注意をしておきましょう。

チャート状況から、日経平均は注意が必要そうです。

 

日経平均株価【998407】の株価チャート
 
2月27日の安値を割ったことで、どちらに進むのかがわかりづらくなっております。
基本的な考え方としてはグレートローテーションこの考え方自体が変わっているわけでは、現在のところはありませんが、一時的に下落する可能性も視野に入れておく必要がありそうです。
基本路線としては、銘柄は継続しますが、キャッシュポジを強めに取っておくほうがいいかもしれません。
昨日のダウはほぼ上下せず、ということで日経も動きはありませんが、マザーズが強いなど、個別に戻りがでつつあります。
 
現状では上下どちらに進むか揺蕩っている状態であり、個別も同様です。
悲観的には見ておりませんが、キャッシュポジション多めで対処するのが良いでしょう。
 
(なかなか、キャッシュポジ多めと申しましても個別銘柄をやってしまうことは多いのですが、利益がでているものはある程度利益確定をすすめたり、ロスがでているものは思い切ってきる、あるいはチャートが微妙なものは外しておく、プラマイゼロのものは相場が安定することを確認するまでしばらく休憩する、など必要だとも思いますのでご注意ください。
休むも相場であります。)

このページの先頭へ