【相場観】【推奨完了】サウジ問題が尾を引く可能性

米国・サウジの関係悪化の可能性がかなり厳しいところに。

もし本当にジャーナリストを殺害しているのであれば、

もしかしたらの戦争、なども可能性はゼロではないというところで、ソフトバンクなどサウジと関係が強い会社が売られ、同社のチャートが壊れている。

ファーストリテイリング(9983) 9983 株価と銘柄情報 も同様にチャートはNGな状況

 

ちょっと怖いところです。

米金利高で売られたあとに、こう悪化材料が続くとなると、尾を引く可能性もあるので

材料があるような銘柄以外は撤退しておきます。

 

東洋電機製造(6505) 6505 株価と銘柄情報  1623円

合同鉄(5410) 5410 株価と銘柄情報  2032円

 

好材料出ているが、資金が入らないネクスG(6634) 6634 株価と銘柄情報 も369円で一旦見切り。チャートも悪い

メドピア(6095) 6095 株価と銘柄情報 が微妙ですが今日下げているので、こちらも見切る 2062円

 

 

残り3銘柄

オプトエレは国策

フィスコはZaif関係からの好材料で上を目指す

シーズメンは上の可能性。

 

これらに暫く集約しておきます。いいものがあればもちろん出しますしサウジ問題が尾を引かぬなら再度買いますが、

10月は株の注意月間とも言われますし、減らしておきます。

 

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ